« 涼しくなってきたので | トップページ | ハブダイナモライトを交換 »

2017年9月14日 (木)

予想通りに故障

 自転車にハブダイナモライトを使っています。
 ブッシュ&ミューラーのIQ-Xという製品。
Imgp1445
 とても明るくて気に入っていました。
 この冬も使おうと、夏の終わりにセットしました。
 私は、自転車走行中、昼間はLEDライトを点滅モードにしています。
 これは電池式のライトの場合。
 ハブダイナモライトはバッテリーが不必要。
 点滅モードはありませんが、点けっぱなしにしていました。
 この使い方は、ライトの寿命を早めないか?
 ふとそんなことを思いつきました。
 電池式の小型ライトを付けて、昼間はこれを点滅モードに。
 日が暮れたらハブダイナモライトを点灯と、併用を考えました。
 思いついた初日、小型ライトVOLT200を装着。
 点滅モードて出かけました。
 やがて日没近くなりました。
 ハブダイナモライトを点灯させましょう。
 スイッチを入れました。
 あれ?点かない。
 何度もし試しました。
 点かない?
 「接触ふりよう?」
 ケーブルを抜いてさし直しました。
 「ぴかぴか」
 おお!「せつしょくふりよう」でしたか。
 気を取り直して、再び走行開始。
 いつの間にか消えていました。
 ありゃ?
 これは故障か、接続部分を綺麗にするなどが必要なせつしょくふりよう。
 そのどちらかだと思います。
 このメーカーの製品は、割と壊れる・・・。
 以前、別な製品を使っていました。
 それは雨水が浸入して壊れました。
 今度のそれは雨水が浸入しにくいものと思っていましたが・・・。
 共に防水仕様を謳っていたのですが・・・。
 とにかく帰宅して調べましょう。
 その日、帰宅は8時ごろになる予定の日でした。
 ライトは必需品。
 小型とはいえ、VOLT200を用意してきてよかった。
 運がいい。
 帰りはこれが頼りになります。
 ハブダイナモライト、何度か試しましたが、とうとう点きませんでした。
 帰宅して、まずコンタクトスプレーで金具を洗浄しました。
Imgp1444
 接点金具の汚れを落として、通電を良くしてくれるそうです。
 (コンタクトスプレー 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 点かない・・・。
 接点金具を起こしてみました。
 点かない・・・。
 もしかするとハブダイナモの方が故障?
 予備のハブダイナモライトを付けてみました。
 「ぴかぴか!」
 よく点きます。
 やはりライト本体の故障のようです。
 雨水の浸入の形跡はありません。
 もっとも、あったとしても全天候型は4月に退役。
 雨の日の雨中航行は5カ月以上していません。
 乾いちゃったでしょう。
 このライトは明るいタイプ。
 消費電力が高い。
 使用中、ライト本体はかなり熱くなっていました。
 加熱による故障。
 私が想像できる原因はそれしかありませんでした。
 このライトは撤去に決定。
 問題は、この自転車のライトをどうするか。
 ハブダイナモライトホイールを外してしまい、バッテリーライトにする。
 予備のハブダイナモライトに換える。
 この二つの選択肢がありました。
 結局、予備のハブダイナモライトを付けることに。
 ずいぶん前に買ったものです。
 名前は忘れてしまいました。
 そんなに明るくないです。
Imgp1447
 夜の荒川などを走る時は他のライトと併用していました。
 より明るいライトを手に入れた後は、お蔵入りしていました。
 今回復活です。
 これが壊れたら、もうハブダイナモライトは使わない・・・。
 そう思い始めています。
 意外なほどと寿命が短い!
 でも、今回予想通りに故障してくれたのには助かりました。
 ハブダイナモライトがあれば、他のライトは不必要。
 予備のライトは持たずに出かけていましたから。
 できればもっと大きなVOLT300か400を持って行けばよかった。
 そう思いましたが、VOLT200はかなり明るいです。
 帰りの夜道はこれがあったので助かりました。
 
 本日の自転車走行距離 16キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「ふたたび」と「フタタ部」は、間違いやすい。
 

  

|

« 涼しくなってきたので | トップページ | ハブダイナモライトを交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涼しくなってきたので | トップページ | ハブダイナモライトを交換 »