« 抱き枕アリマス | トップページ | モノクロ撮影でもカラー撮影でもいいもの »

2017年9月 9日 (土)

良く回るホイール

 ロードバイク用のホイールを新しくしました。
 7月の初め頃注文。
 半ばごろには完成、届きました。
 二台のロードバイクを月交代で使っています。
 いくらも走らないうちに交代の月、8月になりました。
 8月番の自転車に付けようか迷いました。
 でも、そちらには今までこの自転車に付けていたホイールを付けました。
Imgp1249
 その状況も試したい。
Imgp1030
 もともとこの自転車の為に用意した完組みホイール。
 後から出来たこの自転車が取っちゃったのです。
 それで、あまり試さないうちに月交代しました。
 そして9月。
 タイヤ交換の時期でもあり、タイヤ、チューブも換えました。
 新品のホイール、タイヤ、チューブ、それにブレーキシューが揃いました。
 走った感じが滑らか。
 「ロードバイク本音のホイール論」に影響されて空気圧も低くしました。
 そのせいか、乗り心地がいい。
 今回のホイール購入には、この本はあまり役に立っていません。
 読む前に注文したということもあります。
 どちらかというとこの前に読んだ「ブルベのすべて」の方が影響しています。
 カーボン製で高ハイトなリム、少ないスポークのものを推奨していました。
 軽くて、空気抵抗も少なくていいそうです。
 でも、今回私が頼んだのは手組みのホイール。
Imgp1252
 スポークも32本、たくさんあります。
Imgp1251
 重量も重いし、空気抵抗もかかりそうです。
 カーボン製のリムがいいと知ると、少し興味はわきました。
 本は、レースやスピード主体の走り方をする人を想定して書かれています。
 私はツーリング主体なので、故障が少なく丈夫なものが欲しかった。
 だからそれでいいのです。
 走行中にハンドル越しにホイールを真上から観ました。
 きれ~いに回っているホイールの姿が美しい。
 本で更に知ったことですが、ハブの性能はあまり関係ないそうです。
 リムの素材と、高さが影響するそうです。
 極端な話、ハブは何でもいいとか・・・。
 ありゃ。
 ハブはデュラエースという最高級品を選びました。
 もう一つ下のでもよかったのかな?
 ハブは11段変速仕様でした。
 私のは10段変速仕様。
 付属のアダプターを付けて10速用の部品を付けました。
 でも、この滑らかな回転はデュラエースのお陰だと思うのだけれど・・・。
 真新しいからなのか?
 最上級品はその耐久性も高いはず。
 そこへの投資と思いましょう。
 
 本日の自転車走行距離 30キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「木更津」と「本更津」は、間違いやすい。

|

« 抱き枕アリマス | トップページ | モノクロ撮影でもカラー撮影でもいいもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 抱き枕アリマス | トップページ | モノクロ撮影でもカラー撮影でもいいもの »