« ねこ休暇 | トップページ | 自動車優先 »

2017年9月19日 (火)

40年越しの大岡川の源流探検

 大岡川の源流を見に行ってきました。
 京急の金沢文庫駅からバスで行きました。
 「市民の森入り口」というところで下車。
 あれ?
 「入口」というからには何かわかりやすいものがあると予想。
 しかし、全くその気配はありません。
 ナビを持ってきたので、それを頼りに歩きだしました。
 目指すは「氷取沢市民の森」なのですが・・・。
 この辺り、やたらに「市民の森」があります。
 4つくらいある・・・。
 果たして行きつけるかどうか?
 大岡川の源流に関心を持ったのは中学生の頃。
 夏休みの自由研究で、金子君、貝塚君コンビ(実名)が源流探検をしました。
 自転車で行ったそうです。
 大岡川の源流をたどるという発想、しかも自転車で行けるほど近い。
 この二つに当時かなりの衝撃を覚えました。
 しかも馴染みの大岡川。
 小学校は大岡川のほとりの大岡小学校でした。
 私の住んでいたところは大岡1丁目。
 「大岡」という地名には並々ならぬ思い入れがあります。
 その大岡川の源流に行った。
 「先を越された」悔しい感じもありました。
 しかし、「行ってみたい」と思いながら、実行しないまま時が過ぎました。
 二カ月くらい前にTVKテレビで大岡川の特集をしていました。
 「横濱」という雑誌との連動企画。
 そのなかで大岡川の源流を紹介していました。
 約40年ぶりに、源流探索を思い出しました。
 「横濱」も買って、源流への行き方を調べました。
 8月に急に休みが取れた日がありました。
 「行ってみよう!」と出航。
 しかし、すぐ近くまで行きましたが結局たどり着けず。
 GPSに間違ったところを入力していたようでした。
 その日は暑かったので、それ以上探す気にはなれず撤退。
 洋光台駅から近くまでバスで行けることを発見。
 次に機会を待つことにしました。
 そしてその「次」を見つけました。
 さらに調べると、金沢文庫駅からもバスで行けそう。
 ということで、「市民の森駅入口」に来ました。
 「森」らしいものはあるのですが、どこから入るのかが分からない。
 うろうろ回りを歩き回りようやく見つけました。
 「氷取沢市民の森」です。
Imgp1488
 釜利谷市民の森でもなく、金沢市民の森でもありません。
 目指していた氷取沢。
Imgp1489
 先ずは入口を発見。
 でも、この先がどうなっているかさっぱりわかりません。
Imgp1490
 案内板を見ても「大岡川の源流」に関する表記はありません。
Imgp1496
 広域すぎるんです。
 まあ、何とかなるでしょう。
Imgp1491
 歩き出すとザトウムシを発見。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7
 4匹くらい固まっていました。
 近づくと四方に退散。
 撮影したけれど、よく写っていない・・・
Imgp1492
 道が二手に分かれていました。
 はて、源流はどちらだったか?
 「いっしんなんとか」という休憩場のある方を選びました。
 しかし、途中で木が倒れていました。
Imgp1493
 昨日の台風18号の影響か?
 引き返してもう一方の道を行くことに。
 途中、夫婦二人で散策に来ていた人と出逢いました。
 道が塞がっていることを伝えながらすれ違い。
 分かれ道まで戻って、「おおやと休憩場」への道を行きました。
Imgp1494
 えらく急な下り坂、階段道でした。
 ここは山なんね。
Imgp1495
 こういうところって好きです。
Imgp1497
 休憩所を二か所ほど過ぎて「下界」へ。
Imgp1498
 道先案内表示はあるものの、源流に関する記述はありません。
Imgp1499
 こんなに降りてきて、川の源流なんてあるの?
 川の源流って山の上じゃないの?
 そんな疑問を持ちながら進みました。
 小川がちょろちょろ・・・。
Imgp1500
 こっ、これはもしかして大岡川?!
Imgp1501
 なんとなくテレビで観た風景に近い気がしてきました。
 「横濱」の源流散策のページにあった写真に似た風景。
Imgp1502
 こんな尾瀬みたいな散策道ってあったっけ???
Imgp1503
 見た覚えのあるような、気のせいのような・・・。
Imgp1504
 でも、川の源流という感じがしてきました。
Imgp1505
 そして確かに神奈川テレビで観た風景だと確信。
 まちがいない。
 このまま進めば、「源流」に巡り合えるはず。
 ありました!
 「大岡川の源流」
Imgp1506
 ちゃんと書いてある。
Imgp1507
 テレビの通り!
 ようやくたどり着きました。
 約40年越しです。
 感動!!
 ・・・なのですが。
 さて、ここからどうこの森を抜けよう?
 途中に抜けられるようなところはありませんでした。
 戻るのはいや。
 下るのは楽でしたが登るのはきつそうな山道でした。
 このまま先を歩くか・・・。
 歩きながら分かったことですが、森の散策道は周回コースになっています。
 先を歩けば、元のところに戻れます。
 途中木が倒れていたところを通るわけですが、何とかなるでしょう。
 このまま進むことにしました。
 登りは楽でした。
 時計回りに歩いたのは偶然でしたが、楽なコースを選べていました。
 問題は、木の倒れていたところ。
 そういえば、すれ違った夫婦はどうしたのだろう?
 そう思っていると、件の夫婦とすれ違いました。
 お!抜けてきたんだ。
 通れるな、大丈夫。
 しばらく行くと大きな休憩場。
 道が3方向に分かれていました。
 外に出られるらしい!
 港南台駅方面に出られるそうです。
 案内板を見るとバス通りも近い。
 港南台方面に出ることにしました。
 森を出ると見晴らしのいいとこと。
Imgp1508
Imgp1509
Imgp1510
 港南台は私の行動範囲ではありません。
 でも、景色が見晴らせたお陰で方向感がつかめました。
Imgp1511
 進むべき方向を把握。
 やがてバス通りに出ました。
 バス停を発見、バスはどこに行く?
 上大岡駅行きのバスがありました。
 洋光台駅も通ります。
 しかも10分くらいで来る!
 上大岡駅行きのバスに乗って帰ることにしました。
 40年越しの大岡川の源流への旅はこれでお終い。
 金子君、貝塚君(実名)ありがとう。
 
 本日の自転車走行距離 5キロ
 
 今日であったねこ 13
 
 今日の間違いやすい探し

 「ザトウムシ」と「座頭市虫」は、間違って採集しやすい。

 

 
 
 
 

|

« ねこ休暇 | トップページ | 自動車優先 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ねこ休暇 | トップページ | 自動車優先 »