« NAKAZA TREK2017 1 | トップページ | NAKAZA TREK2017  3 »

2017年8月 5日 (土)

NAKAZA TREK2017  2

 中里村探訪記続きです。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/08/nakaza-trek2017.html
 新町を出発。
 いよいよ長年禁じていた「新町周りのコース」です。
 最初からなんとなく傾斜の付いた道になっていました。
 「この道がずぅ~っと続くのか」と思うと少々不安。
 去年、中里からの帰りに傾斜を見ながら下りました。
 「そんなに大したことない」という感触を受けました。
 秩父回りのコースより傾斜がなだらかで、その分長く続く。
 そんな印象でした。
 「下界」に出れば、あとは平らと思っていました。
 こんな駅のすぐから軽いけれど登りになっていたっけ・・・。
 まあ、何とかなるでしょう。
 一年ぶりだし、逆から辿ると分かり難い。
 通ったことがあるような・・・、無いような・・・道をたどりました。
 何となく見覚えがるところ、そうだっけ?と思うところを走りました。
 行き先表示板を見る限りあっています。
 やがて、明らかに記憶にある道に出ました。
 おお!このまま行けばいい。
 やがて本アック的な登りにかかりました。
 「現在の気温」の表示板が21度を示していました。
 ああ・・・・、今日は涼しいんだ。
 台風5号の影響は悪いことばかりではありませんでした。
 新町回りのコースで、もう一つ気がかりだったことは日照です。
 秩父からの299号線は、登りに入っても木々が影を作ってくれます。
 このため、涼しく登れる。
 しかし、新町コースではその木陰がない。
 暑いだろうなと予想していました。
 それが今回涼しくて快適でした。
 やがて、下久保ダムに。
Imgp1290
 いつもは、下りで速度を出して通り過ぎるだけ。
 でも、今回はゆっくり見られました。
 ただ、登りのきついところだったので、「のんびり」観光の気分にはなれず。
Imgp1291
 ペダルは止めず、ゆっくりと通り過ぎるだけ。
 天候不安定な日々が続きますが、肝心のところに雨は降らないようです。
 Imgp1292
 きつかったのは、下久保ダムの辺り。
 そこを過ぎると登りも楽になりました。
 涼しい日だったので、ボトルの飲み物もあまり減らず。
 途中で買い足すこともありませんでした。
 停車はしませんでしたが、今までは走り抜ける景色をゆっくり見て走りました。
Imgp1293
 万場の商店街を抜けると「中里」はもう少し。
 中里の手前に道の駅があります。
 去年はそこで神流町産のはちみつを買いました。
 今回は朝早いです。
 道の駅は開いているでしょうか?
 道の駅に着くと、車が停まってる。
 開いてるみたい。
 開店は10時からということですが、9時半にはもう開いていました。
 流石、こういうところの人たちは働き者です。
 神流町産はちみつを買えました。
 「中里」に到着しました。
 予想より早く、そして楽に着きました。
 秩父回りのコースより勾配がなだらかなようでした。
 重いスートラでも「らくらく」とは行きませんでしたが、さほど苦労せず。
 ロードバイクならもっと速いかな?
 今回、涼しかったことも「楽に感じた」大きな要因だと思います。
 かつて我々が寝泊まりしていた「長寿園」という施設があった所へ。
Imgp1294
 その隣に魚尾郵便局があります。
 「魚尾」は「よのお」と読みます。
 毎年恒例の千円貯金をしました。
 更にその隣の大多屋さん。
Imgp1295
 ここは我々の食糧調達のお店でした。
 ここで飲み物を補給。
Imgp1296
 さて、この後どうしよう?
Imgp1297
 一番早く到着する仲間は11時を目指していると言っていました。
Imgp1298
 1時間も待つかね?
 このままは知りたいという誘惑が勝ちました。
 問題はどのコースで行くかです。
 プランA、来た道を戻る。
 これ一番早い。
 明るいうちに帰宅してゆっくり休むというのもいい。
 プランB、秩父へ出る。
 更に二通りあって、秩父からレッドアローで池袋まで帰る。
 そのまま走って、17号線を見つけてそれを辿る。
 プランC、下仁田に出て上新電鉄で高崎へ、そこから高崎線で帰る。
 う~ん。
 Aは、来た道を戻るのでつまらない。
 Cは、所要時間を調べてこなかった。
 横浜に住んでいた頃、八高線で高崎へ、そこから下仁田へ。
 下仁田駅から走っていったことがありました。
 その頃使っていたのはMTB。
 オフロード用の極太タイヤに重いフレーム。
 それがいかに効率が悪いとは思っていませんでした。
 若かったということもありますが、勇敢でした・・・。
 スートラも重くて太いタイヤ装備の自転車。
 それが楽に感じられたのは、ロードバイクの乗り方を覚えたから。
 MTB時代は、長距離を走るに適した乗り方を知りませんでした。
 な~んとなく気乗りがしなかったので、Cは却下。
 秩父に行ってみよう。
 秩父回りで帰ることにしました。
 つづく
 
 本日の自転車走行距離 8キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「勇敢な新聞少年」と「夕刊の新聞少年」は、間違って配達しやすい。

 
 
 
 
 

|

« NAKAZA TREK2017 1 | トップページ | NAKAZA TREK2017  3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NAKAZA TREK2017 1 | トップページ | NAKAZA TREK2017  3 »