« 2017年7月 | トップページ

2017年8月18日 (金)

元二代目全天候型自転車に泥除けを

 三代目が来たので全天候型自転車の任を解かれた二代目。 
 全天候型の象徴ともいえる泥除けを外しました。
 これで軽量化、空気抵抗が減り、快適に走れるようにしました。
 しかし、再び泥除けを付けることにしました。
Imgp1362
 また雨の中を走ろうというのではありません。
 外した泥除けがは、まあるいので何かと邪魔になること。
 三代目が突然パンクなどして出られなくなった時の緊急用としても使える。
 しかし、一番の理由は泥除けに付けたテールランプ。
Imgp1363
 これが結構好きなのです。
 このランプが活躍する機会を増やしたい。
 そこで元二代目全天候型自転車にもう一度ろ泥除けを付けました。
 Imgp1361
Imgp1360
 本日の自転車走行距離 47キロ

 今日であったねこ 8
 
 今日の間違いやすい探し  

 「馬喰横山」と「鮪横山」は、間違いやすい。



| | コメント (0)

2017年8月17日 (木)

普段はいいんかね?

 先日、都内を自転車で走ったらお祭りの最中でした。
 交通規制の為に駐車禁止の表示が増えていました。
Imgp1355
 お祭りなので今日はここに停めないようにって。
 いつもはいいってことかね?

 本日の自転車走行距離 13キロ

 今日であったねこ 4

 今日の間違いやすい探し
 
 「東急ズンハ」と「高級ズンハ」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年8月16日 (水)

空気圧は低めに?

 先日、ロードバイクで横浜に行きました。
 走行感は軽くスピードも出ます。
 流石ロードバイク。
 でも、路面からの振動もかなりありました。
 ここのところ、天候は不安定。
 三代目全天候型自転車コナのスートラを使うことが多かった。
 スートラの乗り心地はとても柔らかいです。
 タイヤが太く、空気圧も低めなのがその要因だと思います。
 私はタイヤには高めの空気圧を入れるのが好きです。
 「ぱんぱん」にした方が速く楽に走れるような気がしていました。
 でも、それはどうも違うらしいということを最近知りました。
 「ロードバイク 本音のホイール論」という本を読みました。
Imgp1357
 それによると、タイヤの空気圧は高ければいいというものでは無いそうです。
 その段階では本は途中まででした。
 今までは、空気圧を限界に近い9気圧入れていました。
 空気圧を上げたタイヤの自転車に乗ると、「少し背が高くなった」気がします。
 その感覚も好きでした
 横浜行きに際して、試しに8気圧まで落としました。
 「背が高くなった」感触は得られませんでした。
 それは少し残念でしたが、走行感に違和感はありませんでした。
 横浜まで走行。
 道の荒れたところではやはり振動が来ます。
 低い空気圧でも振動は振動・・・。
 スートラで走った時も、振動は拾います。
 まあ、こんなものだろう。
 そう思いながら帰宅。
 本の続きを読みました。
 著者は7気圧くらいまで下げるそうです。
 ありゃ・・・。
 まだ高いかね?
 7気圧で走る感じってどうだろう?
 本によると、専用のケージで正確に測るよう勧めていました。
 私は空気入れに付いたケージで測っています。
 今はこれしかないから、それで測ろう。
 今度は7気圧にして試してみよう。
 そう思った矢先、天気予報はしばらく雨。
 低い空気圧実験はまた。
 
 本日の自転車走行距離 19キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「それで測ろう」と「それでは過労」は、間違いやすい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロードバイク本音のホイール論 [ 吉本司 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/8/16時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロードバイク本音のホイール論 [ 吉本司 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/8/16時点)




  

| | コメント (0)

2017年8月15日 (火)

大岡川の源流に行きたい

 横浜にある大岡川。
 私にはなじみの深い川です。
 以前テレビで、大岡川の源流をたどるというのをやっていました。
 行ってみたい・・・。
 中学生の頃。
 夏休みに自由研究でこの大岡川の源流を見に行った友人がいました。
 金子君と貝塚君(実名)。
 二人は自転車で行ったそうです。
 川の源流なんて、自転車で行けるほど近いんか?
 「ずっと山奥」というイメージを漠然ともっていました。
 大岡川はあまりに身近な川でした。
 それがどこから来ているかなんて、気にもしませんでした。
 それを見に行こうという発想のすばらしさ。
 そして行動力の二つに驚いたのを覚えています。
 二人の発表を楽しみにしていたのまでは覚えています。
 しかし・・・、どんな内容だったかは記憶にありません・・・。
 今回、久しぶりにその大岡川の源流が話題になりました。
 先週世の中は三連休だったそうです。
 天気予報で「週末の三連休は・・・」と反しているのが耳に。
 「三連休?」
 今年から山の日ができて、土日を入れて三連休だそう。
 私の勤務は交代制です。
 連休の恩恵は受けにくい。
 なので、すっかり「連休を楽しむ」という感覚が縁遠くなっていました。
 その三連休の最終日。
 突然時間が空きました。
 どうするかと考えた末、大岡川源流探検に行くことにしました。
Imgp1356
 久しぶりの晴天、サイクリング日和になりました。
 走り出すと「暑い」
 ここのところ曇り空が多かったので涼しく快適に走れていました。
 暑さが堪える・・・。
 横浜は、南区、大岡川のほとりに来ました。
Imgp1350
 私の母校大岡小学校。
Imgp1351
 弘明寺商店街を抜け、洋光台方面に向かいました。
Imgp1352
 途中、かつて「サンウェイ」というスポーツセンターのある場所へ出ました。
 ここは私が水泳を習っていた所です。
 確か出来たばかりの頃入りました。
 もしかしたら1期生だったはずです。
 「ない!!」
Imgp1353
 それが無くなっていました。
 その後名前が変わり、経営が変わったのだろうと予想していました。
 それでも建物は健在でした。
 私が小学校1年生の頃にできた建物だったしね。
 老朽化が進んだのでしょう。
 好きなデザインの建物でした。
 さて、源流がある洋光台の付近は私の知らない所。
 予め、ナビに目的地付近を記録させておきました。
 この「付近」というのが曲者でした。
 源流そのものは、ナビ上の地図には出ていません。
 だからその付近を検索して記録しました。
 行ってみると、その「付近」が間違っていました。
 お寺とその墓地についてしまいました。
Imgp1354
 源流のある山には来ているようです
 お寺に入るのに20%はあろうかという坂を登りました。
 暑さの上に急な坂。
 なんだか疲れてしまいました。
 今回はロードバイクできました。
 コナのスートラの方が坂道は楽だったかもしれません。
 ロードバイクでの登りはきつく感じました。
 ひとまず洋光台の駅に行きました。
 そこから源流近くの公園までバスが出ていることを確認。
 また別な方法で来よう。
 その日は帰ることに。
 疲れたので、市内はゆっくりと走ることにしました。
 市内の裏道はお手の物。
 ひとも車も少ない道を走って、15号線に。
 ここも通らず、裏道があってらいいのにと思いますが、いまだ発見できず。
 帰宅して、ナビを見ると、「目的地」と記憶させていたところが二か所ありました。
 そのもう一か所の方が、源流に近い所でした。
 あ・・・。
 ナビに記憶させたのは、テレビを観て「行きたい」と思って調べた頃。
 それはひと月ほど前のことでした。
 二か所も記憶させていたことを忘れてた。
 それとこのナビは、画面が屋外では見にくい。
 似たような箇所が二つあると、どちらを選んだか確認しにくいのです。
 それで今回ナビに出した指示を間違えました。
 出発も急に決まったことで準備不足になってしました。
 また行こう。
 
 本日の自転車走行距離 7キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「三連休の最終日」と「三連勝の最終日」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年8月14日 (月)

いってらっしゃ~い

 行ってらっしゃい。
Imgp1348 Imgp1347

 本日の自転車走行距離 38キロ

 今日であったねこ 5

 今日の間違いやすい探し
 
 「郷土資料館」と「共同資料館」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年8月13日 (日)

空気入れを二本に

 コナのスートラの携帯ポンプをプラスティック製のものにしました。
 それまでは、ガスボンベ付きの携帯ポンプを付けていました。
 スートラの適正空気圧は5気圧。
 一方ガスボンベは約7気圧入ります。
 そんなにはいらない。
 プラ製のそれは、高気圧を入れるのは苦手。
 しかし、レバーが伸縮式。
 5気圧くらい入れるのは楽なはずです。
 実際は3気圧入れるのも大変でしたが、これで間に合いそう。
 ということで、ガスボンベ付きからプラ製に換えました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/07/post-2c8d.html
 しかし、ボディがプラスティック。
Imgp1346
 落としたりぶつけたりした表紙に壊れるかも。
 そんな時にパンクしたら成す術がない。
 八月初めにこの自転車で群馬県に行きました。
 その旅行の装備にガスボンベ付きのポンプを追加しました。
 もちろんガスカートリッジも追加しました。
 幸い、旅の間パンクはありませんでした。
 帰宅してもこの装備は外さず。
 このまま二本差しでいくことにしました。
 Imgp1344
 本日の自転車走行距離 109キロ
 
 今日であったねこ 3
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「タイムセール」と「タイムカプセルセール」は、間違いやすい。


| | コメント (0)

2017年8月12日 (土)

スートラの泥除け

 先週、中里行きに使ったコナのスートラ。
 輪行の邪魔になるので泥除けを外していきました。
 本当は外したくはなかった。
 1に作業が面倒。
 2に付いたままでも適度の走るので、外す必要を感じていませんでした。
 でも、外さないで行くと、電車に乗せる時にもっと面倒。
 外していくことにしました。
 泥除けを外すと空気抵抗が少なくなります。
 走行感がまるで違って快適になるのですが・・・。
 スートラはその変化があまりなかった。
 もともと太いタイヤで重いフレーム、MTB用の軽めのギアを装備しています。
 もっちゃりとした走りなので、劇的変化が感じられなかったのでしょう。
 泥除けを外したくなかったもう一つの理由。
 この軽い走行感を体験すると、任務終了後に再装着したくなくなる可能性です。
 しかし、意外にもその軽い走行感はあまり感じなかった。
 中里から帰宅した翌日、泥除けを付けました。
 すぐに着けないと「面倒になってくる」ことと、手順を忘れないうちに。
 外した時のボルトとナットを組み込む順番に机に置いておきました。
 スートラは全天候型自転車なので、泥除けは欠かせません。
 今度は重く感じるかなと予想。
Imgp1340
 しかし、その走行感の違いは、ほとんど感じられませんでした。
Imgp1341
 泥除けを外せば少しは空気抵抗は変わったはず。
 もともとが太いタイヤ、太いリム(車輪)なので、空気抵抗は大きい。
 泥除けを外した程度では、それを感じられるほどじゃなかったのか?
 泥除けもタイヤも黒いです。
 フレームは何とかレッドですが、黒っぽく見えます。
 他も部品も黒が多く、全体に黒っぽい。
 色の加減で、外しても外見が変わったという印象が薄い。
 「ああ、泥除け外して違う自転車になったみたいだね!」
 そんな感じがあまりしませんでした。
 それも関係あるかもしれません。
 
 本日の自転車走行距離 16キロ

 今日であったねこ 1

 今日の間違いやすい探し
 
 「オリーブオイルはキヨエ」と「オリーブオイルは金曜へ」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

中里行きの新兵器2017

 先日、群馬県多野郡中里村(現 神流町)に行きました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/08/nakaza-trek20-3.html
 子どものころから毎夏彼の地でキャンプ生活を楽しんでいました。
 最近はその頃の仲間たちと日帰り中里探訪をしています。
 私はもっぱら自転車で。
 子どものころから、中里に行く時は、何か新しい装備を用意していました。
 懐中電灯、水中眼鏡など、中里で使える「新兵器」を探すのが楽しみでした。
 今年は、モバイルソーラーチャージャー。
Imgp1338
 今回、ひそかに全行程を自転車で走ってみようと計画していました。
 しかし、朝早く出ても到着は昼過ぎ。
 それから最寄りの駅まで出るともう日没時刻になるでしょう。
 翌日以降に持ち越す疲労もあるでしょう。
 あまり現実的ではありません。
 夜中に出発、夜通し走るとどうなる?
 風はこの季節南風。
 北へ向かうので追い風になります。
 夜間なので日照による疲労はない。
 ちょっと面白そう。
 夜間も走り続ける自転車競技に「ブルベ」というのがあります。
 既定のコースを制限時間内に走る競技です。
 距離によっては夜間走り続けたり、何泊かすることもあるそうです。
 このブルベ体験記「ブルベのすべて」を読んで、イメージを固めていました。
 道は17号線を走ればいいので迷うことはないでしょう。
 問題はライトなどの機器のバッテリー。
 ライトは、ハブダイナモライトを装備すればバッテリー問題は解消。
 元二代目全天候型自転車にしていた自転車にハブダイナモライトを装備しました。
Imgp1339
 初めは、この自転車で行くつもりでした。
 しかし、それにしてもGPSや予備ライトの電池も使うよね。
 そこで見つけたのがモバイルバッテリーチャージャー。
 この機器からUSB受電ができます。
 すでに持っているソーラーパネルは、発電しておいた電気を貯めておけない。
 こちらは発電したものを蓄電池に保存して行けます。
 無くなれば、太陽光でまた発電できるという優れもの。
 電池が切れても外してバッグの中に入れ、そこでの充電が可能です。
 これはいい。
 中里の河原に着いたら、日光に当てて充電すればいい。
 そんな計画を立てていた時、台風5号が現れました。
 この台風がとにかく動かない。
 動かないのに影響がある。
 それまで晴天続きだったのに、曇りがちの天気が増えました。
 当日の天気すら心配な様子に・・・。
 夜通し計画は中止することにしました。
 雨天なら私の参加そのものを取りやめるつもりでいました。
 途中、雨が降る日になるかもしれない。
 その時の為にディスクブレーキ装備の三代目全天候型自転車に変更。
 これなら雨が降ってもブレーキの制動力が落ちにくい。
 当日は曇りでしたが、時々日が差す時間もありました。
 曇り空がかえって涼しく、走りやすくなっていました。
 新兵器モバイルバッテリーチャージャーも持って行きました。
 でも、その蓄電機能も充電機能も使うことはありませんでした。
 今回使った三代目全天候型自転車。
 これは中里行きを想定して用意した自転車ではありません。
 しかし、紆余曲折の末、中里行きに使いました。
 思いもかけぬ新兵器となりました。
 結局その日の走行距離は190キロ。
 ブルベは200キロから始まります。
 190キロ走るのに10時間かかりました。
 ブルベって大変なんだ・・・。
 もし計画通り、夜通し走っていたら・・・。
 皆の集まる河原で休んでも、帰りはかなり疲弊していたでしょう。
 自転車を始発電車で運んで、そこから走った。
 今年の在り方は良かったようでした。

 本日の自転車走行距離 15キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「それ見たことか」と「ソ連見たことか」は、間違いやすい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルベのすべて [ 鈴木裕和 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/8/11時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルベのすべて [ 鈴木裕和 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/8/11時点)



| | コメント (0)

2017年8月10日 (木)

暑中お見舞い

 暑中お見舞い申し上げます。
Imgp1329
 Imgp1330
 本日の自転車走行距離 37キロ

 今日であったねこ 3

 今日の間違いやすい探し

 

「たまのお見舞い」と「しょっちゅうお見舞い」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水)

アメリカ山公園

 横浜のアメリカ山公園に行きました。
http://www.seibu-la.co.jp/mt_america/
 元町中華街駅6番出口からエスカレーターでビルの中へ。
 するとそこから公園に出られる。
 テレビでそう紹介されていました。
 ビルから上がる公園?
 気になったので行ってみました。
 みなとみらい線、元町中華街駅6番出口を出ると確かにビルが。
 案内板の通り、エスカレーターに乗りました。
Imgp1319
 ビルの中を通りながら次の階、次の階にと進みました。
 Imgp1332
 屋上に着くとそこが公園でした。
Imgp1331
 ここでは養蜂もしているそうです。
 横浜産のはちみつを作っているとか。
 結構きれいな庭園でした。
Imgp1333
Imgp1334
Imgp1335
 ところで、ここを出るのはまたビルの中に戻るんかね?
 園内を進むと出口がありました。
Imgp1336
 ああ・・・、なんだ普通の公園じゃないか。
 テレビで最近一般公開されるようになったようなことを言っていたような。
 昔からある公園。
 入ったのは今回初めてでしたが、何度かそばを通っていました。
Imgp1337
 ビルの屋上が公園なのではなく、山の斜面にビルを建てつなげたんだ。

 本日の自転車走行距離 6キロ

 今日であったねこ 1

 今日の間違いやすい探し

 「アメリカ山公園」と「アフリカ山公園」は、間違って訪れやすい。

 

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

地球を守る警備隊

 宇宙人でお困りの方は相談するといいかもしれません。
 Imgp1314
 本日の自転車走行距離 30キロ

 今日であったねこ 5

 今日の間違いやすい探し

 「フィアンセの冷や汗」と「冷や汗のフィアンセ」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

NAKAZA TREK2017 4

 中里村探訪記の続きです。
 志賀坂峠頂上のトンネルをくぐれば、もう埼玉県。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/08/nakaza-trek20-2.html

http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/08/nakaza-trek20-2.html

http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/08/nakaza-trek20-1.html

http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/08/nakaza-trek2017.html
 峠が県境とはわかりやすい。
Imgp1306
Imgp1307
 一気に下って秩父を目指します。
Imgp1308
 今回の自転車はコナのスートラ。
Imgp1309
 アドベンチャーバイクという車種に分類されるそうです。
 道を選ばない太いタイヤと雨でも制動力の落ちないディスクブレーキ装備。
 車種としては新しく、一般的にはなっていないと思います。
 メーカーが考えた分類。
 MTBのように普及すれば、一般化するでしょう。
 峠の下りで、どれほど威力を発揮するのか?
 これがこの自転車を選んだもうひとつの理由。
 結論から言うと、想像以上にいい。
 ブレーキレバーが柔らかいので、握る手が全く疲れません。
 制動力は抜群。
 すべての自転車をディスクブレーキ装備にしたくなったくらい。
 中里の丸岩というところから西武秩父の駅までは約50キロ。
 丸岩から高崎線の新町駅までも約50キロ。
 ほぼ同じ距離です。
 今まで、新町からの登りの方がきついだろうと予想していました。
 それで、中里へ来るときは秩父回りのコースにしていました。
 しかし、今回思い切って、新町から登ってみました。
 中里から「下界」まで殆ど下りなので、「長い坂」のイメージでした。
 確かに長いですが、その分勾配はなだらか。
 登ってみると予想外に楽な道のりでした。
 秩父からの方が、坂はつづら折りで勾配は急かもしれません。
 速度が出るので勾配計の数値を見る間がありませんでした。
 やがて坂はなだらかになり、人里へ。
 農家の無人野菜販売所が何か所かあります。
 毎年、ここでトマトを買うのが楽しみです。
 今年は、通らないかもしれないので、また買えるとは思っていませんでした。
 2つで100円のトマトを買いました。
 とても大きくておいしかった。
 あまりおいしかったので、別な販売所でミニトマトを追加購入。
 補給食にしました。
 2時間半ほどで秩父に到着。
 さて、どうしよう?
 ここから電車の乗るか、このまま走るかです。
 プランA、17号線を見つけて、そのまま走って帰る。
 もしくは高崎線の駅から輪行。
 プランB、輪行で帰る。
 秩父鉄道にするか、西武線にするか。
 ここまで100キロ以上走ってきました。
 電車で帰ろう・・・。
 ナビもありますが、17号線を見つけるのが面倒になりました。
 次の問題はどちらの電車に乗るか?
 西武線の方が一気に池袋へ出られます。
 でも、都心を走るのは好きじゃない。
 いままで景色のいい所を走ってきた気分が壊れそう。
 秩父線で熊谷乗り換え。
 赤羽で降りて、荒川を走ることにしました。
 駅に着き、時刻表を見ると、次の電車まで30分ありました。
 余裕をもって輪行作業が出来ます。
 自転車を袋詰めにして、ホームで電車を待ちました。
 電車の車内ではほとんど寝て過ごしました。
 いい休憩になりました。
 目を覚まして、ふと車内広告を見ました。
Imgp1310
 秩父鉄道は自転車にやさしいんだそうです。
 車内のそのまま持ち込めるとありました!
 「が~ん」
 分解収納しちゃったよ!
Imgp1311
 でも、区間限定だそうで、私の利用区間はだめでした。
 どっちにしても熊谷で分解収納しないと高崎線には乗れません・・・。
 1時間ほどで熊谷駅に着きました。
 さてさて、ここから高崎線。
 でも、その前にここから走って帰るとどうなるか考えてみました。
 ナビで、自宅までの距離を計算。
 約79キロだそうです。
 80キロか・・・。
 私は一時間で20キロ走れます。
 4時間か・・・。
 時刻は2時過ぎでした。
 6時過ぎには帰れるという計算。
 実際は遅れるでしょうから、7時には帰れる。
 走ることにしました。
 熊谷駅で下車、自転車を組み立てて走行開始しました。
Imgp1312
 17号線をひたすら走って、戸田橋から荒川に入る計画。
Imgp1313
 風は南風で向かい風でした。
 でも、強くない。
 何年か前に新町から17号線を辿って家まで走りました。
 この時は熱くて強い南風の日でした。
 進まない!暑い!でとても大変でした。
 それを思うと、走りやすい日でした。
 しかし、17号線は単調で走っていても面白くなかった。
 交通量は多いし、路面は荒れているし。
 後半は、路面の荒れにより振動が体にこたえるようになりました。
 だんだん疲れてきたようでした。
 100キロ以上走るのは本当に久しぶりでした。
 疲れがたまってくるんね・・・。
 ようやく、戸田橋に着き、荒川へ入りました。
 その辺りで、ひざに痛みを感じるようになりました。
 ギアを一枚落として、軽くすると傷みは軽減。
 速度が落ちますが仕方ありません。
 荒川のコースもお馴染みのところまで来た時。
 ペダルから足を放してみることを思いつきました。
 SPDペダルという靴底の金具とペダルが固定されるものを使っています。
 上半身は肩を回したりして、血流を良くしていました。
 そういえば、走行中一度も足をペダルから放さなかった。
 足を放してかかとでペダルを踏みました。
 とても足が楽・・・。
 な~んでこんな簡単なポジション変更しなかったんだろう。
 態勢を変えて体を休めるということをしなかった・・・。
 ようやく家の近くまで帰りつきました。
 出発時刻は14時40分。
 到着時刻は18時40分。
 本当に見積もり通り4時間だった・・・。
 近所のスーパーでトマトを買ってかじりました。
 秩父で食べたトマトと全然違う。
 無人販売所で買った方がはるかに美味しかった。
 何が違うんね?
 鮮度?
 総走行距離は190キロでした。
 ねこは56も見ました。
 主に荒川での出会い。
 秩父や群馬にねこは少ない・・・。
 やはりなかなか200キロは行きません。
 でも、後半辛かった・・・。
 200キロ以上の走行って大変なんだ。
 今年の中里行きはこれでお終い。
 来年はどう走ろうか?
 
 本日の自転車走行距離 52キロ
 
 今日であったねこ 3
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「魚肉ウインナー珈琲」と「魚肉ソーセージ珈琲」は、間違って注文しやすい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KONA (コナ) SUTRA スートラ シクロクロス
価格:159840円(税込、送料無料) (2017/8/7時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KONA (コナ) SUTRA スートラ シクロクロス
価格:159840円(税込、送料無料) (2017/8/7時点)


 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

NAKAZA TREK2017  3

 中里から秩父の方へ出ることにしました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/08/nakaza-trek20-1.html
 今回使った自転車はコナのスートラ。
Imgp1289
 これはもともと雨の日も走る「全天候型自転車」として用意しました。
 私の自転車はたいてい「中里へ行ける」ことが前提として選ばれます。
 スートラに関してはそうじゃなかった。
 泥除け付き、ディスクブレーキ付きなので雨の日に強そう。
 それでこの春、三代目全天候型自転車として買いました。
 乗ってみると、非常に使い勝手がいい。
 乗り心地はいいし、速度もロードほどでは無いがそれなりに出る。
 なによりディスクブレーキの制動力がいい。
 気に入って、出番が増えていました。
 「中里も行けるかもね」という気持ちになり、今回これを選びました。
 泥除けを外せば、輪行も楽になりました。
 新町からの登りは、意外なほど楽でした。
 ロードバイクだったら軽いし、持った楽だったかもしれません。
 いや・・・、スートラ装備のMTB用のギアは登りに強い。
 そのせいかもしれない。
 来年はどちらで来よう?
 そんなことを考えながら出発。
 出航前に、仲間にメールをしました。
 すると、渋滞でまだ高速に乗れていないとのことでした。
 ありゃ・・・、やはり「待たない」という決定は正解ね・・・。
 皆が集まる予定の田の頭という河原を見ながら彼の地を後にしました。
Imgp1299
 子どものころよくここで泳ぎました。
 大人になったからといって、泳いじゃいけないわけじゃありません。
 ただ今回は涼しかったので水泳には向かなかったと思います。
 丸岩というもう一つの水遊びをしたところを越え。
Imgp1301
Imgp1302
 道路拡張工事や「開発」で村の様子も随分と変わってきました。
Imgp1303
 「かのうしろ」という山もセメントの材料採りで、更に平らになりました。
Imgp1300
 昔はもっと尖っていました。
 村役場手前の橋に来ました。
 秩父コースには必つ不安要素がありました。
 この橋を渡ると、志賀坂峠の頂上まで、長くて急な登り坂。
 秩父から来ると、峠を越えると神流町。
 「来た!」という達成感と共に、後は一気に下りになります。
 登りで熱くなった体を冷やしてくれるし、その間、足を休められました。
 下りながら「ここを上がったらきついだろうな」と想像していました。
 そこを登るんです。
 それだけ過ぎれば、あとは秩父まで殆ど下り基調。
 最大の難関が一段最初にありました。
 でも、登ってみるとさほどではありませんでした。
 GPSの勾配系計を見ると、8~10%。
 それなりにきついですが、恐れていたほどでは無かった。
 スートラのギアのお陰か、最悪の予想をしておいたおかげか。
 曇りの天気も余計な体力を奪わなかったことに貢献しているでしょう。
 恐竜の足跡の化石のある「さざ波岩」を見学。
 秩父から来るときは「来た事証明」の撮影だけして通り過ぎていました。
 今回は停まってしばし見学。
Imgp1304
 坂の途中にあることは覚えていました。
Imgp1305
 ここに来る道がず~っと上り坂だったことは、すっかり忘れていました。
 初めて秩父回りのコースで来た時に、「坂を登って来たんだ!」と驚いきました。
 中里で夏のキャンプをしていた頃、どこに行くのも徒歩でした。
 起点の「長寿園」から最も遠い所です。
 そこをみんな歩いていたんだね・・・。
 走行再開、峠を目指します。
 つづく
 
 本日の自転車走行距離 3キロ

 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「言葉の行き違い」と「言葉の入れ違い」は、間違いやすい。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017年8月 5日 (土)

NAKAZA TREK2017  2

 中里村探訪記続きです。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/08/nakaza-trek2017.html
 新町を出発。
 いよいよ長年禁じていた「新町周りのコース」です。
 最初からなんとなく傾斜の付いた道になっていました。
 「この道がずぅ~っと続くのか」と思うと少々不安。
 去年、中里からの帰りに傾斜を見ながら下りました。
 「そんなに大したことない」という感触を受けました。
 秩父回りのコースより傾斜がなだらかで、その分長く続く。
 そんな印象でした。
 「下界」に出れば、あとは平らと思っていました。
 こんな駅のすぐから軽いけれど登りになっていたっけ・・・。
 まあ、何とかなるでしょう。
 一年ぶりだし、逆から辿ると分かり難い。
 通ったことがあるような・・・、無いような・・・道をたどりました。
 何となく見覚えがるところ、そうだっけ?と思うところを走りました。
 行き先表示板を見る限りあっています。
 やがて、明らかに記憶にある道に出ました。
 おお!このまま行けばいい。
 やがて本アック的な登りにかかりました。
 「現在の気温」の表示板が21度を示していました。
 ああ・・・・、今日は涼しいんだ。
 台風5号の影響は悪いことばかりではありませんでした。
 新町回りのコースで、もう一つ気がかりだったことは日照です。
 秩父からの299号線は、登りに入っても木々が影を作ってくれます。
 このため、涼しく登れる。
 しかし、新町コースではその木陰がない。
 暑いだろうなと予想していました。
 それが今回涼しくて快適でした。
 やがて、下久保ダムに。
Imgp1290
 いつもは、下りで速度を出して通り過ぎるだけ。
 でも、今回はゆっくり見られました。
 ただ、登りのきついところだったので、「のんびり」観光の気分にはなれず。
Imgp1291
 ペダルは止めず、ゆっくりと通り過ぎるだけ。
 天候不安定な日々が続きますが、肝心のところに雨は降らないようです。
 Imgp1292
 きつかったのは、下久保ダムの辺り。
 そこを過ぎると登りも楽になりました。
 涼しい日だったので、ボトルの飲み物もあまり減らず。
 途中で買い足すこともありませんでした。
 停車はしませんでしたが、今までは走り抜ける景色をゆっくり見て走りました。
Imgp1293
 万場の商店街を抜けると「中里」はもう少し。
 中里の手前に道の駅があります。
 去年はそこで神流町産のはちみつを買いました。
 今回は朝早いです。
 道の駅は開いているでしょうか?
 道の駅に着くと、車が停まってる。
 開いてるみたい。
 開店は10時からということですが、9時半にはもう開いていました。
 流石、こういうところの人たちは働き者です。
 神流町産はちみつを買えました。
 「中里」に到着しました。
 予想より早く、そして楽に着きました。
 秩父回りのコースより勾配がなだらかなようでした。
 重いスートラでも「らくらく」とは行きませんでしたが、さほど苦労せず。
 ロードバイクならもっと速いかな?
 今回、涼しかったことも「楽に感じた」大きな要因だと思います。
 かつて我々が寝泊まりしていた「長寿園」という施設があった所へ。
Imgp1294
 その隣に魚尾郵便局があります。
 「魚尾」は「よのお」と読みます。
 毎年恒例の千円貯金をしました。
 更にその隣の大多屋さん。
Imgp1295
 ここは我々の食糧調達のお店でした。
 ここで飲み物を補給。
Imgp1296
 さて、この後どうしよう?
Imgp1297
 一番早く到着する仲間は11時を目指していると言っていました。
Imgp1298
 1時間も待つかね?
 このままは知りたいという誘惑が勝ちました。
 問題はどのコースで行くかです。
 プランA、来た道を戻る。
 これ一番早い。
 明るいうちに帰宅してゆっくり休むというのもいい。
 プランB、秩父へ出る。
 更に二通りあって、秩父からレッドアローで池袋まで帰る。
 そのまま走って、17号線を見つけてそれを辿る。
 プランC、下仁田に出て上新電鉄で高崎へ、そこから高崎線で帰る。
 う~ん。
 Aは、来た道を戻るのでつまらない。
 Cは、所要時間を調べてこなかった。
 横浜に住んでいた頃、八高線で高崎へ、そこから下仁田へ。
 下仁田駅から走っていったことがありました。
 その頃使っていたのはMTB。
 オフロード用の極太タイヤに重いフレーム。
 それがいかに効率が悪いとは思っていませんでした。
 若かったということもありますが、勇敢でした・・・。
 スートラも重くて太いタイヤ装備の自転車。
 それが楽に感じられたのは、ロードバイクの乗り方を覚えたから。
 MTB時代は、長距離を走るに適した乗り方を知りませんでした。
 な~んとなく気乗りがしなかったので、Cは却下。
 秩父に行ってみよう。
 秩父回りで帰ることにしました。
 つづく
 
 本日の自転車走行距離 8キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「勇敢な新聞少年」と「夕刊の新聞少年」は、間違って配達しやすい。

 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

NAKAZA TREK2017 1

 群馬県多野郡中里村、今は神流町といわれている所へ行ってきました。
 かつて、毎夏彼の地でキャンプ生活を楽しんでいました。
 それが出来なくなった今も、夏に自転車で行っています。
 最初は一人でしたが、数年前からかつてここで過ごした仲間も参加。
 神流川の河原で集合してお昼を過ごすということをしています。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2016/08/nakaza-trek-2-2.html
 自転車で行くと、そうした車組とペースが合いません。
 同じ日に行くけれどすれ違う程度の別行動、そんな参加が続いています。
 今年もほぼ別行動。
 台風5号の影響で、天気が心配されましたが、どうにか曇でもちそうとの予報。
 中里行き、決行です。
 これまではレッドアローや秩父鉄道で秩父に出ていました。
 そこから走っていくという計画を実行していました。
 今年はそれを変えて、高崎線の新町駅から走る計画にしました。
 そうすると、特急などの時刻に合わせる必要がない。
 荒川を走って赤羽駅に行けば始発に乗れます。
 今までよりも早く近くまで行ける。
 毎夏行っていた10代の頃は、新町からバスで向かっていました。
 途中万場で乗り換えて2時間半ほどかけてバスは中里へ。
 その間、ずっと上り坂。
 「ここを自転車で走るのはかなりきつい・・・」
 そういう印象を受けていました。
 中里へ自転車で行くようになっても新町発は避けていました。
 秩父から299号線を走ったほうが楽だろうと結論。
 長くそれを続けていました。
 ことしはそれを変えました。
 もう一つ変更点が。
 今まではロードバイクを使っていました。
 今回はコナのスートラにしてみることに。
 普段使っているととても乗り心地が良くて気に入っています。
 車重が重く、タイヤも太い。
 上り坂では不利かもしれない・・・。
 でも、MTB用の軽いギアが付いている。
 太いタイヤは乗り心地がいいので疲れにくい。
 スートラから泥除けを外して、それで行くことにしました。
 朝4時に出発。
Imgp1287
 始発に乗るつもりでしたが、間に合わず次の電車に。
Imgp1288
 高崎線、始発に近い電車なのに結構人が乗る・・・。
 途中から座れました。
 駅の度に人は降りますが、同じ分だけ乗ってくる。
 皆こんな早くからどこへ?
 新町駅に到着。
 スートラは輪行がしやすい。
 ディスクブレーキホイールは「すっ」と外せます。
 タイヤが太いので、フレームを挟んで袋詰めにすると安定がいい。
 予想外の機動性の高さでした。
Imgp1289
 いつもは、中里から降りてきて近くになるとナビを起動させます。
 ナビは電池のもちが悪いので、近くに付いたころに点けていました。
 それを頼りに駅までの道をたどりました。
 今回はその逆。
 道が分かるかなという不安がありましたが、すぐに覚えのある道に出られました。
 ナビも用意していましたが、点けずに済みました。
 道路標識の存在も心強い。
 中里を目指しましょう。
 つづく
 
 本日の自転車走行距離 1.5キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「曇でもちそう」と「曇りでもごちそう」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年8月 3日 (木)

肉球の感触

 肉球を足の親指で。
 この感触がいい。
 Imgp1253
 本日の自転車走行距離 190キロ

 今日であったねこ 57

 今日の間違いやすい探し

 「一休さん」と「肉球さん」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

2017年8月 2日 (水)

コナのスートラのパンク

 コナのスートラが雨中航行任務中にパンクしました。
 軽い上り坂で「しゅー」っという音が聞こえました。
 前輪に何か引っかかった?
 模したと思い、停めて前輪をつまんでみました。
 ゆるい・・・。
 空気が抜けている。
 「しゅー」は、やはり空気の抜ける音でした。
 スートラ初めてのパンクです。
 スートラのタイヤはパンクとは無縁だと思っていました。
 FAT BIKEを使っていた時もパンクをしました。
 あれもパンクしないものと思い込んでいました。
 正確には「思い込みたかった」です。
 しかし、あっさりパンクしました。
 雨の日はタイヤがパンクしやすくなる。
 過日読んだ「ブルベのすべて」に書いてありました。
 ゴムタイヤは濡れるとパンクしやすくなるんだそうです。
 雨の日こそ耐えてほしいオフロード用タイヤです。
 しかし、実際はそう便利ではありませんでした。
 タイヤだけでなく心もへこむパンクです。
 何か、いい所を見つけて気持ちを立て直そう。
 仕事の済んだ帰り道であったのがよかった。
 家まで30分というところだったのもよかった。
 そして何より、屋根のあるところで修理できたのがよかった。
 それと、今回初めてスートラのホイールを外しました。
 この夏、この自転車で輪行しようと計画しています。
 その前にホイール外しを経験しなくちゃ・・・。
 そう思っていましたが、なかなか後回しになっていました。
 今回、ホイールを外す機会に恵まれました。
 そう思いましょう。
 ブレーキレバーに付いたリリースボタンを押しました。
 これも、その使い方を試さずにいました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/07/trp-6bd2.html
 ただ、リリースボタンを先に押しました。
 ホイールが「するり」と外れたのが、リリースボタンのお陰か?
 押さなくても外れたのか?
 肝心のそこを試しませんでした。
 出先での修理はチューブ交換のみです。
 予備のチューブと交換しました。
 スートラのタイヤは700×40Cという太めのタイヤが付いています。
 この太さが、チューブ交換にはすごく便利でした。
 本来タイヤレバーという工具を使ってタイヤを外します。
 しかし、このタイヤは太くて余裕があるので、工具なし。
 素手で外すことができました。
 チューブを交換して、ホイールに組み込むのも工具なし。
 らくらく交換でした。
 スートラのタイヤは太いけれど空気圧は低め。
 5気圧です。
 なので最近、高気圧を入れるガスボンベ付きポンプをやめました。
 柄の長いポンプに換えたばかり。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/07/post-2c8d.html
 これで「しゅっしゅ」と空気を入れました。
 柄が長いので、作業も楽だろうと希望的観測も含めて思っていました。
 でも、やはり携帯ポンプでの空気入れは大変でした。
 家も近いので「適度」に入れて出発しました。
 帰宅して、空気を入れ直すと2気圧も入っていませんでした。
 携帯ポンプは大変だ・・・。
 ガスボンベ付きに戻そうかな・・・。
 ところで、タイヤに異物が刺さった形跡がありませんでした。
 外したタイヤの裏を見ましたが、傷は見当たらず。
 もっとも最近小さなものがよく見えません。
 見落としているのかもしれません。
 チューブの傷もわからなかった。
 帰宅して、チューブに空気を入れて、お風呂に沈めました。
 「ぷくぷくぷくぷく」
 あ・・・。
 ちゃんと穴が開いていた。
 スートラ用の予備チューブは一本になってしまいました。
 新しい予備を買うまで、一本では不安です。
 穴の開いたチューブを直しました。
 お風呂に沈めても「ぷくぷく」は起きません。
 修理は上手くいったようです。
Imgp1254
 パンクしたチューブは直しません。
 スートラのそれは太いので修理の練習にもなりました。
 
 本日の自転車走行距離 64キロ
 
 今日であったねこ 8
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「大皿一丁」と「大猿一丁」は、間違いやすい。
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルベのすべて [ 鈴木裕和 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/8/1時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルベのすべて [ 鈴木裕和 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/8/1時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【M便】ゼファール Z レバー 3本入り
価格:324円(税込、送料別) (2017/8/1時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【M便】ゼファール Z レバー 3本入り
価格:324円(税込、送料別) (2017/8/1時点)




 

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火)

けせらけらけら

 ケラを捕まえました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%A9
 この虫を初めて捕まえたのは10代の半ばだったと思います。
 それまでは図鑑でしか見たことがありませんでした。
 かねてより「見たい」と思っていました。
 初めて捕まえたものの、10代半ば。
 もう虫を飼いたいと思う頃ではありませんでした。
 観察して逃がしました。
 「見たい」と強く思っていた頃なら、飼ってみたでしょう。
 それ以来、ケラとは出会わず。
 東京に越してきて、荒川土手で再会しました。
 やはり捕まえて観察、そして逃がしました。
 その後何度か荒川で見かけました。
 よく道路を横切ろうとしていました。
 今回は江戸川で。
 久しぶりに捕まえてみました。
Imgp1247
 前足を動かして逃げようとする姿が愛らしい。
  
 本日の自転車走行距離 32キロ
 
 今日であったねこ 1
   
 今日の間違いやすい探し
  
 「ケセラセラ」と「けせらけらけら」は、間違いやすい。

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ