« 接客ねこ | トップページ | 2017年夏用ドアストッパー »

2017年7月 4日 (火)

酸素系漂白剤

 NHK「ガッテン!」で、洗濯ものの生乾き臭の回を観ました。
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170614/index.html?c=life
 今まで、洗濯物が臭うということはありません。
 外に干せば大丈夫。
 室内に干すからおかしな臭いがするんだよ。
 そう思っていました。
 夕方洗濯したものをベランダに干しました。
 その夜は雨でした。
 乾いた洗濯物を着ると・・・。
 おかしな臭いが・・・。
 これが生乾き臭?!
 もう一度洗いました。
 今度は天日干し。
 まだ臭う・・・。
 布団のように日干しにしました。
 少しマシになった程度。
 やはり、生乾き臭というのはあるのか・・・。
 テレビで観た原因と解決方法。
 原因は、皮脂などが繊維に着いて、それが発酵する時の臭いだとか。
 ドイツでは、中世にペストが大流行した時の教訓で洗濯物は高温で洗うそうです。
 洗濯機も50度以上のお湯で洗えるような作りになっている。
 高温で洗うと、その時に発生する何とかいう菌は死滅するそうです。
 でも、日本の洗濯機はせいぜい40度までの対応型。
 何とかいう菌は50度以上じゃないと効き目がない。
 対応策として、アイロンをかけることを提案していました。
 アイロンお熱で菌をやっつけるとか。
 水分があるうちにかけると隅々に熱がいきわたるそうです。
 一つ一つアイロンがけ・・・。
 面倒くさい・・・。
 コインランドリーの乾燥機を使う。
 かなりの高温がかかるので、家庭用のそれより効き目があるそうです。
 わざわざ持って行くんかい・・・。
 もう一つ、塩素系と酸素系の漂白剤の使用を提案していました。
 おお!これならお手軽!
 塩素系よりも酸素系の方が環境によさそう。
 な~んとなくそう思うだけですが。
 酸素系の漂白剤を使うことにしました。
 使用頻度はひと月に一度くらいでいいそうです。
 菌が異臭を放つようになるくらい増えるの目安が、ひと月くらいなんだそうです。
 それを目安に漂白すると、「リセット」されるとか。
 酸素系は液体より粉の方がいいそうです。
 塩素系については使わないつもりだったので忘れました。
 漂白剤を使えない衣類もあるので、使い方には注意。
 早速買ってきて、試しました。
Imgp1077
 (酸素系漂白剤 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」
 全く異臭がしなくなりました。
 雨の夜に干してもしない!
 これはすごい!
 
 本日の自転車走行距離 14キロ
 

 今日であったねこ 9
 

 今日の間違いやすい探し
 
 「酸素系漂白剤」と「控訴刑脅迫罪」は、間違いやすい。


"


|

« 接客ねこ | トップページ | 2017年夏用ドアストッパー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 接客ねこ | トップページ | 2017年夏用ドアストッパー »