« 三代目全天候型自転車のサドル問題 | トップページ | PCの更新 »

2017年6月 9日 (金)

コナ スートラ改装

 三代目全天候型自転車にしたコナのスートラ。
 ディスクブレーキ、泥除け装備で雨の日の雨中航行にぴったり。
 変速がダブルレバーですが、フレームに台座はない。
 ドロップハンドルのエンド部分に装着する仕様。
Imgp0963
 これが意外と使いにくい。
Imgp0965
 エンド部分に膝などが当たり、レバーを誤操作、勝手に変速ということも。
Imgp0964
 いい自転車なのに、なんでフレームに台座を付けなかったのか・・・。
 そんなことを考えていた時に、信号待ちの自転車に目が留まりました。
 ドロップハンドルですが、STIというブレーキと変速レバーが一体のものではない。
 別に変速レバーがハンドルのフラット部分に付いていました。
 ハンドルにぃ?
 変速レバーがハンドルフラット部分に付いたものは珍しい。
 もともとだろうか?カスタムだろうか?
 自転車を見るに、初心者向けのタイプ。
 おそらくもともとそういう仕様の感じがしました。
 ハンドルに変速レバーを付ける方法があるんだ・・・。
 帰ったら調べてみよう。
 検索すると意外なほどあっさり見つかりました。
 しかも、発売されて間もないようでした。
 二重に運がいい!!
 ハンドルとヘッドコラムに付ける二種類のアダプターがありました。
 う~ん、ヘッドコラムに付ける方がいい!
 ハンドルに付けるものをイメージしていました。
 でも、ハンドルはライトなど何かと装着品が多い。
 コラム装着の方がすっきりしそうです。
 そいつを買うことにしました。
 付け換える時は、ハンドルとステムも同時に換えます。
 元々、ステムというハンドル取り付け部品は手持ちの品と換えるつもりでした。
Imgp0969
 (手持ちのステムとハンドル 大きさ対比用「勾玉さん」)
 しかし、太い径のハンドルが装着されていました。
 手持ちのステムとサイズが合わない。
 ステム、ハンドルごと交換だ。
 しかし、交換となるとバーテープが再利用できるかわからない。
 もっと使い込んで、バーテープの交換時期にハンドルも換えよう。
 そう思っていました。
 そんなところへ、変速レバーのアダプターの存在を知りました。
 いい機会なので一緒に交換です。
 バーテープは丁寧に外せばもう一度使えるかもしれません。
 ちぎれちゃったら、それも換えましょう。
 作業開始。
Imgp0971
 元々付いていたハンドルとステムを外しました。
 新購入のディズナレバーコラムを装着。
 ハンドルから外した変速レバーを付けました。
 手持ちのハンドル、ステムと交換。
 ブレーキレバーも移し替えて、部品の移植は完了。
Imgp0980
 変速ワイヤーは新しいのを用意していましたが、前のが使えました。
 レバーと変速機の距離が近くなり、ワイヤーも短くて済みました。
 それで新しいのを出さなくても済みました。
 アウターワイヤーもまだ新しいので長さを切って再利用。
 ワイヤーを張って変速機の調整。
 気持ちいいほどうまくいきました。
Imgp0986
 すべての部品が付いたので、外したバーテープをもう一度。Imgp0987_2
 巻けるかどうか?
 テープの裏の両面テープのノリは生きているか?
 一度剥がして随分弱くなりましたが、どうにか巻けました。
 今まで変速レバーが付いていたバーエンドにはバックミラー。
 私の自転車の標準装備です。
Imgp0982
Imgp0983
 (反対側には訳あって未装着)
 あとは走行テスト。
 例によって、通勤を兼ねてやってみました。
 ハンドルが変わったことで初めは違和感を感じました。
 でも、走っているうちに、「自分の自転車」という感じがしてきました。
 ドロップハンドル装備の自転車はすべて同じハンドル、ステムを付けています。
 スートラだけ違うものが付いていました。
 他の自転車と同じ乗車感覚になりました。
 スートラにはメーカーの思想で大き目のハンドルを装着していると聞きました。
Imgp0977
 (幅の広い方が純正品のハンドル)
 それを小さなハンドルにしたら、使い心地が悪くなるのでは?
 そんな心配もしていました。
 しかし、それは全くの杞憂でした。
 自分好みの仕様になって、ようやく「私の自転車」という感じがしてきました。
 これは予想していなかった不思議な感覚でした。
 レバーコラムも使いやすい。
 見た目もカッコよくなりました。
 ハンドルが小さくなって、ワイヤーも少し短くなって、少し軽量化したかな?
 
 本日の自転車走行距離 18キロ
 
 今日であったねこ 6
 
 今日の間違いやすい探し

 「どいて動くまで」と「遠い天国まで」は、間違いやすい。


 

|

« 三代目全天候型自転車のサドル問題 | トップページ | PCの更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三代目全天候型自転車のサドル問題 | トップページ | PCの更新 »