« お兄さんの豆腐 | トップページ | 新規開拓性 »

2017年5月10日 (水)

アンテナ山へ

 南区の永田町に行きました。
 前回、清水が丘の大原隧道を見に行った時、隣の丘が見えました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/04/post-45bc.html
 頂上に二本アンテナが立っている。
 通称アンテナ山というらしい。
 私が住んでいる丘の方からも見えました。
 若宮神社の階段のてっぺんから弘明寺方面が見渡せます。
 その景色の先に永田の丘があり、その頂上に謎のアンテナが見えていました。
 子供のころから不思議で気になる風景でした。
 中学の頃、永田町の友人ができました。
 ようやく、謎のアンテナ山の近くまで行くことができました。
 それまでは遠い景色の一部で、具体的にどこにあるのか分かりませんでした。
 その友人に「あれは何か」と聞きましたが、満足な答えは返ってきませんでした。
 高校時代にもその近くの友人ができました。
 アンテナの正体は知らないとのこと。
 後年、仕事でその近くの施設に行ったことがありました。
 近隣の発展の様子を写真で展示していました。
 「アンテナ山」と呼ばれていることをその時知りました。
 でも、何のアンテナなのか知る人には出会えませんでした。
 近くに行くと、アンテナはその姿が見えません。
 私は遠くから「あれは何だろう?」と長年気になっていました。
 しかし、近所の人には、あまり気にならない存在なのかもしれません。
 京急の井土ヶ谷駅から行きました。
 高校時代、件の友人宅から井土ヶ谷駅へ出る道を教えてもらいました。
 しかし、その道を使ったのはたった一度だけ。
 記憶にはもうありません。
 アンテナ山は山頂なので、とにかく登ればいい。
 井土ヶ谷駅の裏手に回り「なんとなく登ってみたい坂」を探しました。
 そこを見つけて「登山」開始。
 端正な住宅街で、いい感じでした。
 アンテナ山は見えてきませんが、方角は分かっています。
 やがて頂上付近に来ました。
Imgp0700
 団地がありました。
Imgp0701
 この団地には見覚えがあります。
Imgp0702
 アンテナ山に随分近づきました。
 私が住んでいたところよりもきつい坂の町です。
 中学時代友人を訪ねた時に「大変だろうなぁ」と思ったのを覚えています。
 ようやくアンテナが見えてきました。。
Imgp0703
 さて、どこまで近づけるか?
 ゴルフ練習場のすぐ裏に石段がありました。
 ここから行ける?
 「立ち入り禁止」の札はない。
 石段を登ってみました。
 急に山道になりました。
Imgp0704
 竹林だ。
 住宅地から一気に様相が変わりました。
 道なりに行くと、ありました。
Imgp0705
 アンテナの根元に着きました。
Imgp0706
 こんなに近づけるとは思っていませんでした!
Imgp0708
 しかし、何のための何なのか?
Imgp0709
 全く説明なし。
 観光目的じゃない・・・。
 といって、時に秘密の設備でもなさそうです。
 何かの電波の中継アンテナでしょう。
 林ではホケキョがいたりして、ここだけ異世界な感じでした。
Imgp0707
 アンテナの根元まで行けました。
 長年の夢がかないました。
 山道は反対側に抜けられるようになっていました。
 その山頂から見る景色は絶景でした。
Imgp0710
 かつての私の住んでいた丘がはるか先に見えました。
Imgp0719
 景色を楽しみながら山を下りました。
Imgp0711
Imgp0712
 Imgp0713
 やがてバス通りへ。
 横浜駅行きのバスに乗ってお終い。
 
 本日の自転車走行距離 6キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「のど元過ぎれば熱さ忘れる」と「のど元過ぎても熱さ忘れず」は、間違いやすい。




 

|

« お兄さんの豆腐 | トップページ | 新規開拓性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お兄さんの豆腐 | トップページ | 新規開拓性 »