« 「三浦半島の方へ行こうポタ」3 | トップページ | お兄さんの豆腐 »

2017年5月 8日 (月)

「三浦半島の方へ行こうポタ」4

 鷹取山を下りて、京急田浦駅方面へ。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/05/post-aac1.html
 この辺りで昼食の予定。
 計画を立てたものの、どのくらいの時間に着くか迄は読めません。
 実行前は、お昼すぎかなという予測でしたが、ピタリ12時にお店に到着!
 「ごはん亭」
 好きなおかずを器に盛りつけ、その重さで値段が決まる面白いスステムの店。
 着いたら閉まってる・・・。
 第2日3の日曜が休みということは知っていました。
 今日は5月4日、木曜の筈。
 「連Q中はお休みします」だって!
Imgp0672
 「がび~ん」
 慌てて近所の中華屋さんに移動。
 そこで昼食にしました。
 「開いててよかった、いれぶんせぶん」
 昼食を終え、次の目的地安針塚へ。
 細い路地を入ると延々と目的地まで登りが続きます。
 今回一番大変だろうと予想しているところです。
 十三峠という名前までついています。
 「峠」ですから・・・。
 田浦郵便局の先にあるトンネルを抜けて直ぐの脇道を曲がります。
 そこから細い路地を延々と登りました。
 一番きついだろうと予想していましたが、意外と楽に感じました。
 なんでだ?
 先ほどの鷹取山までのアプローチの方がよほどきつかった。
 これこそだらだらと長いからか?
 いや、「きつい」との予想からギアを軽めにしたのが功を奏したようでした。
 それとここで初めて気が付きました。
 今回いつも付けている大型サドルバッグを外しました。
 その分自転車が軽くなっていた。
 それが登りに貢献していたようでした。
 「鷹取山戦」では「大したことないだろう」との予測からギアは変えなかった。
 意外とあっさり頂上の塚山公園に着きました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/03/post-d1ec.html
Imgp0673
 三浦按針夫妻のお墓を見学、来た道を降りました。
Imgp0674
 鷹取山の時も来た道を降りました。
 私は引き返すということが好きでは無いですが、今回はいい。
 「三浦半島の方」はここまで。
 16号線に戻り、横浜に向かいました。
 屛風ヶ浦の辺りから岡村の方へ抜けることを思いつきました。
 でも、曲がり損ねてそのまま磯子へ。
 もともと磯子から行くつもりだったので体がそう反応したみたい。
 まあ、いいか。
 滝頭の手前で横道に入りました。
 南区にあったの家から横須賀・三浦方面に出る時に使っていた道です。
 横浜に住んでいたころは家まであとわずかなところ。
 今の家はまだまだ遠い・・・。
 ふと思いつき、更に寄り道。
 元の家の間を通りました。
 くにゃくにゃくにゃくにゃしたわき道を走り続けました。
 同行の士も楽しんでいてくれたら幸いです。
 家の近所を通り抜け、中村橋商店街へ。
 プラモデルを買いに何度も来たところです。
 その模型屋は今はない・・・。
 この商店街を抜けると稲荷坂という急坂があります。
 さて・・・。
 この坂をよけて平地を走る裏道もあります。
 坂を登るのとどちらがいい?
 参加者に聞いてみました。
 「登る方」だそうです・・・。
 ありゃりゃ・・・。
 まあ、この坂登ることは告知していましたから・・・。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2016/06/post-fe62.html
 小学生の頃YMCAのサイクリングクラブに入っていました。
 その時「スーパーマンの坂」と呼ばれていたところです。
 この坂の頂上からは視界が開けています。
 そこを景色を見ながら自転車で降りると「空を飛んでいる」ようだから。
 それでスーパーマンの坂と呼ばれていました。
 でも今回は上りです。
 開けた景色は見えませ~ん。
 急な勾配、交通量も多いので、景色を楽しみながら降りるのは危険。
 開けた視界で景色を楽しむのなら、歩道に停車させるのがいい。
 実際そうしていた自転車お姉さんとすれ違いました。
 稲荷坂はやはりきつかった。
 丘の尾根伝いに走りました。
 途中下界が見えるところで停車。
 平地を挟んではるか向こうに見える丘。
 行きに通ってきたところです。
 一日で両方通ったのは初めてかな?
 みなとの見える丘公園を過ぎ、元町、山下公園を横目に見てみなとみらいへ。
 スタート地点の日本丸に戻ってきました。
 三浦半島の方へいこうポタの終点です。
 ツーリングの主催者は、このあと「反省会」という飲み会を用意する人もいます。
 私は後悔も反省もしません!
 「反省会」はやりませ~ん。
 ここで流れ解散。
 15号線を走り、参加した仲間と途中で分かれて「ぽた」はお終い。
 「ポタリング」とは気軽なサイクリングを指す言葉だそうです。
 坂ばかりで気軽な感じはしなかったけれど楽しかった。
 
 本日の自転車走行距離 18キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「鳥見塚」と「鳥貝塚」は、間違いやすい。
 
 
 

|

« 「三浦半島の方へ行こうポタ」3 | トップページ | お兄さんの豆腐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「三浦半島の方へ行こうポタ」3 | トップページ | お兄さんの豆腐 »