« 三代目全天候型自転車 2 | トップページ | 三代目全天候型自転車のサドル »

2017年4月18日 (火)

三代目全天候型自転車 3

 三代目全天候型自転車、その装備。
 買った直後にSPDペダルとサイクルコンピュータを付けました。
 次は、スタンドを取り付け。 
Imgp0520
 スポーツバイクにはあまりつけない装備です。
 けれど、街乗りする時はこれがあるととっても便利。
 私の自転車の標準装備です。
 「使わない時に使い使うときには使わない」お風呂のふたの様なもの。
 キャリアはすぐに外すつもりでした。
 折り畳み式のキャリアバッグを持っていたことを思い出しました。
 それを装着したくなり、キャリアはそのままに。
 このバッグ、普段は平たく収納、使うときに展開します。
Imgp0540
 Imgp0538
 適度に収納力もあり、MTBが主力自転車だった頃、よく使っていました。
 ロードバイクは、キャリア装備で無くなったので使わなくなりました。
 いつ、どこで買ったっけな・・・、というくらい手持ちの装備では古株です。
 しかし、バッグを展開させると速度がとても遅くなる。
 空気抵抗だ・・・。
 これを使っていたころは横浜に住んでいました。
 移動には路地裏を使い、あまり速度を出さずに走っていました。
 しかもこのバッグを付ける時は買い物が目的。
 帰りは重い荷物。
 猶更速度を出さずに走っていました。
 今住むところは海に近いせいか風が強い日が多いです。
 あの頃は気が付かなかった風の影響をもろに受けました。
 う~ん。
 やめよう。
 バッグはキャリアごと外しました。
 キャリアを外してびっくり、その軽かったこと。
 アルミ製でとても軽い。
 付けていてもよかったかなと思うくらいに軽かった。
 真っ黒ということもあり、「重い」イメージを抱いていました。
 代わりにオルトリーブの防水サドルバッグを付けました。
Imgp0542
 しかし、走行すると「かたかたかたかた」音がする。
 何の音ね?
 調べると、振動で揺れたバッグが泥除けとぶつかる音でした。
 ありゃ・・・。
 バッグには予備チューブくらいしか入れていませんでした。
 そこに荷物を入れたらもっと垂れさがる。
 そうしたら走行に影響しそうです。
 応急処置としてバッグを巻いて小さくしました。
 接触による音はしなくなりましたが、これでは物が入らない。
 防水バッグの使用は一日で中止。
 キャリアを戻す手もありましたが、そこに付けるバッグを持っていません。
 コントアーマグナムというサドルバッグがあります。
 試しにこれを付けました。
 付く!
 でも、これは他の自転車で使用中。
 取り付けアダプターは複数持っています。
 でも、サイドポケットに入れた予備チューブのサイズが違います。
 予備チューブと工具だけ入る小型のサドルバッグにしました。
 ありゃぁ・・・、リュック装備で乗るしかないかね?
 荷物積載能力が途端に低くなりました。
 付け換えるたびに装備の入れ替えは面倒。
 忘れた時にパンクが起きたりしそうです。
 その自転車からそれを外すと、今度はそちらに付けるバッグがない。
 防水バッグのアダプターは、その自転車のサドルに幅が合わないのでした。
 マグナムバッグの使用は見送り。
 予備チューブと工具を入れるだけの小型サドルバッグにしました。
Imgp0548
 荷物積載能力が落ちました。
 サドルはスパイダーサドルに。
Imgp0549
 軽量で、網目状なので水もたまらず雨の日も強いです。
 走行中の屁もそこから抜けるので、推進力への利用が可能です。
 ライトは、センターフォークブラケットを装着。
Imgp0547
 この位置のライトがあるのが好き。
 泥除けにはソーラー発電のテールランプを。
Imgp0541
 この自転車、ダウンチューブの裏にボトルケージが付けられます。
 クラシカルなツーリング使用車によくある装備です。
 本などで見かけて「いいな」と思っていました。
 この自転車にはそれが付いてる!!
 ボトルケージを3つも付けられます!
 お店で実物を見るまで気が付きませんでした。
 早速、ボトルケージを装着。
Imgp0546
 ボトルを付けてみようと・・・。
 この自転車、タイヤが太いです。
 そのタイヤと干渉してボトルが付かない・・・。
 がび~ん。
 短いサイズのものなら付きそう・・・。
 せっかくの装備でしたが、使えない。
 サドルバッグは検討の余地を残しましたが、先ずはこの装備で。
 Imgp0539
 本日の自転車走行距離 18キロ
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 

|

« 三代目全天候型自転車 2 | トップページ | 三代目全天候型自転車のサドル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三代目全天候型自転車 2 | トップページ | 三代目全天候型自転車のサドル »