« 三代目全天候型自転車のサドル | トップページ | 横濱馬油商店 »

2017年4月20日 (木)

二代目全天候型自転車 その後

 二代目全天候型自転車のその後。
 三代目到着の前日、泥除けを外しました。
Imgp0563
 スパイダーサドルからブルックスのB17への装備交換。
Imgp0560
 久しぶりに泥除けなしの身軽な姿となりました。
Imgp0561
 三代目全天候型自転車は予想以上の使い勝手の良さ。
 到着して以来これ一本。
 他の自転車の出番が無くなりました。
 泥除けを外した二代目で走りたい。
 でも、三代目に乗るのが面白く、乗ることができたのは一週間後。
 泥除けを外したらさぞ軽い走行感と期待していました。
 折からの強風、しかも向かい風。
 軽い走行感とは無縁な感じ。
 帰りは追い風となりましたが、そんなに軽さは感じませんでした。
 ありゃ?
 初代全天候型自転車を使っていたころのこと。
 12月の天気予報で「これから1カ月雨が降りません!」と言っていました。
 ほんと!?
 真に受けて、泥除けを外しました。
 本当にその日からちょうど1カ月、本当に雨が降りませんでした。
 泥除けを外した初代全天候型。
 その走行感が軽いことに驚きました。
 もともとクロモリ鋼製で重い。
 そこに空気抵抗が上がる泥除けを付け、さらに太めのタイヤを装着。
 走行感は重くなっていました。
 いつしか「走らない自転車」というイメージに。
 それが泥除けを取ったら、「別な自転車」というほど軽くなりました。
 その時の思いがあったので、二代目の泥除け撤去には期待していました。
 しかし、あんまり感じられなかった・・・。
 どうしてだろう?
 タイヤが初代のそれより太いものだからか。
 向かい風の洗礼か。
 仮説を立ててみました。
 もう一つは、三代目が新品だということ。
 その走行感と比べたら、10年近く使った自転車は太刀打ちできない・・・。
 三代目はMTB用の軽いギア、二代目はロード用の重いギアです。
 それに一週間乗ったので、ペダルを踏む感じが違ったからか。
 
 本日の自転車走行距離 87キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し

 「陰と陽」と「インド洋」は、間違いやすい。

|

« 三代目全天候型自転車のサドル | トップページ | 横濱馬油商店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三代目全天候型自転車のサドル | トップページ | 横濱馬油商店 »