« そのまま寝てて。 | トップページ | 待望の季節 »

2017年3月20日 (月)

「草薙のつるぎ子」制作日誌 シン・クサナギノツルギコ編

 オリジナルデザインの人形「草薙のつるぎ子」
 結構気に入ったデザインになりました。
 足が剣になっているので、立てない。
 立てるように足付きをデザイン。
 人形を作りました。
 その制作中に気が付いた。
 もともとのデザイン画と随分変わってきた。
 絵と見比べると上半身の形が違う。
 デザイン画だと逆三角形でウエストがきゅっとしてる。
Imgp0391
 正確に言うと草薙のつるぎ子には、ウエストはありません。
 おへその当たりで切れています。
Imgp0392
 下半身に当たる剣がそこから生えてる。
Imgp0390
 そのつじつまを合わせるために金色のリングでつなぎました。
 どの絵を見返してもそうなっていました。
 人形にはアクセサリー用の金属製リングを使う予定でした。
 買いに行くのが面倒で、パテで作って塗装しました。
 リングの大きさに人形が制限されなかったので、結果としてよかった。
 人形は制作中にそのことを忘れて、人の体形に近い形になりました。
 足付きつるぎ子は、途中でそのことに気が付いて修正をかけました。
 でも、途中からだったので、逆三角形にはならなかった。
 5ミリ径のプラパイプを骨にして、針金で腕の骨を十字に通しました。
Imgp0389
 腕と大まかな体を作って、薄く伸ばしたパテを布のようにかけていく。
 こんな制作方法を取りました。
 そうすると人の体形に近くなります。
 それはそれでいい作り方です。
 でも、草薙のつるぎ子には合わなかった。
 プラパイプの骨は、首と下半身をつなぐ役目をするのでそのままに。
 逆三角形の体を作って、後から腕を付けよう。
 まあ、「骨組みを作って服を着せる」方法に気付く前にしていた方法ですが。
 その方法で草薙のつるぎ子をもう一度作ることにしました。
 卵型した顔もそうではありませんでした。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/03/post-a70b.html
 自分でデザインしたものです。
 「違う」と思ったら、自分で変えれば済むことです。
 「あるもの」を再現しようというわけではないのですから。
 「似てない!」と感じるのは自分だけです。
 でも、せっかく作ろうと思って書いたイメージ画。
 できるだけそれに近いものにしたい。
 結局、足付きの草薙のつるぎ子は、胴体と髪形以外殆ど作り直しました。
 Imgp0393
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「日本手ぬぐい」と「二本。手ぬぐい」は、間違いやすい。
 

|

« そのまま寝てて。 | トップページ | 待望の季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そのまま寝てて。 | トップページ | 待望の季節 »