« 老眼図覧 | トップページ | ハブダイナモライトの後ろが青く光る »

2017年3月 9日 (木)

安針塚

 先月、横須賀は田浦、田浦梅の里に行きました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2017/02/post-769c.html
 帰り道に、周辺の観光案内地図を手に入れました。
Imgp0376
 ここに来る前に欲しかった・・・。
 けれど、梅の里への道のりは分かりやすく困ることはありませんでした。
 帰宅して、地図をまじまじと見ました。
 安針塚にある塚山公園に三浦按針夫妻の墓があるとか。
http://www.kanagawa-park.or.jp/tsukayama/
 そうだ、安針塚は按針さん由来の地だ。
 行ってみよう!
 地図を頼りに行ってみることにしました。
 検索すると安針塚駅から徒歩20分ほどで行けるそうです。
 でも、観光マップには気になる場所が出ていました。
 「のの字橋」
Imgp0375
 道がぐるぐる回っているような絵が出ていました。
 なにそれ?
 見てみたい!
 どうやって行くの?
 地図によると、バスを降りて田浦梅の里へ行く道のチョイと先。
 そこから行けるみたいです。
 京急田浦駅から歩けばいいんだ。
 前回行っているので道も所要時間もわかっています。
 京急田浦駅から歩きました。
 地図といっても略図です。
 イラストで表現されています。
 そんなにあてにはならないだろう。
 GPSとナビを持って行きました。
 でも、現地について驚いた!
 カーブミラーのあるところで曲がるのですが、本当にそれがある。
 ハシゴのような絵は、そこに行くと階段を表現していたことが分かりました。
 現地は地図通り!
 この地図は使える!!
Imgp0377
 やがて待望の「のの字橋」が!
 谷間に沿って曲がりくねった道でした。
Imgp0364
 高速道路のような人工的、大掛かりな建造物をイメージしていました。
Imgp0363
 谷間に沿った上り坂で、橋は谷間にかけてある短いものでした。
 全景を写真には撮りにくかった。
 「のの字」は車のためのもので、歩くなら「のの字」を辿らなくてもいい道でした。
 ここから延々と登りが始まります。
Imgp0366_2
 生活道路で舗装されていますが、狭くて長い登り道。
 でも眺めは良かった。
 前回行った田浦梅の里が見えました。
Imgp0365
 山一つ向こうなんね。
 とにかく延々と登ります。
 猿島が見えるくらい高く。
Imgp0367
 自転車で来ても面白かいかも。
Imgp0368
 途中、野菜の無人販売所もありました。
 はっさくが一袋100円!
 安いけど荷物になるので断念・・・。
 ようやく塚山公園に着きました。
 あまり「公園!」という感じがしない・・・。
 按針夫妻の墓を見学して下山します。
Imgp0371
 公衆トイレに「イノシシが出る」の注意報がありました。
 イノシシは見なかったけれど、途中アシカは見ました。
 信じられないでしょうが本当にいました。
Imgp0369
  しかもつがいで。
 帰りは逸見駅を目指して。
 行きよりも急こう配な坂を降りたので、あっという間に下界に着きました。
Imgp0372
 汐入へ出て、そのまま横須賀中央へ。
 
 本日の自転車走行距離 11キロ
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「山一つ向こう」と「山一つ無効」は、間違いやすい。
 
 
 

|

« 老眼図覧 | トップページ | ハブダイナモライトの後ろが青く光る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老眼図覧 | トップページ | ハブダイナモライトの後ろが青く光る »