« 中古屋さんに売る | トップページ | 「草薙のつるぎ子」制作日誌 足を作ろう »

2017年2月26日 (日)

エポキシパテの違い

 オリジナルデザインの人形の主材料は、タミヤのエポキシパテです。
 緑の箱と紫の箱の二種類があります。
Imgp0296
 (上 緑の箱のエポキシパテ 下 紫の箱のエポキシパテ 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 私は主に緑の方を使っていました。
Imgp0298
 特に主義主張があるわけではありません。
 もともとこの箱のタイプしかなかった。
 ある時気がつくと、紫の箱のが発売されていました。
Imgp0297
 何が違うんね?
 箱を見ると後発の紫の方は「高密度タイプ」とありました。
 仕上がりがすべすべになるんかね?
 「高密度」なるものの意味を理解できませんでした。
 二種類出て緑の方には、区別のため「速硬化タイプ」表記が付くようになりました。
 早く固まる方がいいい。
 紫は遅いらしい。
 だからいつも使っている緑の箱を選んでいました。
 認識はその程度。
 買いに行くと、たまに緑の方が売り切れのことがあります。
 そんな時は仕方なく紫の方を買いました。
 やはり両者の違いには無頓着。
 そんな時にしか使いませんでした。
 先日、作業中、緑の方がなくなったので、買い置きの紫を開けました。
 主剤と硬化剤を同じ長さに切り分けてよく混ぜて使います。
 紫の箱のパテは混ぜていて「硬い」気がしました。
 初めは寒い季節なので、気温で硬いのだろうと思っていました。
 暖かい時期になれば柔らかくなる。
 そう思っていました。
 しかし、パテで薄い部品を作りました。
 緑の箱のパテは、「てれん」と垂れてしまいました。
 紫の方も自重で垂れますが、少しだけ「腰」がある。
 おお!
 両者の違いはこれかね!
 紫はこの方が硬いので、薄いものを作るのに向いている!
 今まで気がつきませんでした。
 これからは分けて使うか、紫の箱の方を中心に使いましょう。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「水分を採って完走を目指す」と「水分を取って乾燥を防ぐ」は、間違いやすい。
 

 


 

|

« 中古屋さんに売る | トップページ | 「草薙のつるぎ子」制作日誌 足を作ろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中古屋さんに売る | トップページ | 「草薙のつるぎ子」制作日誌 足を作ろう »