« トヨタS800 | トップページ | PD-A520をPD-A520に交換 »

2016年12月23日 (金)

折れるんね!

 キャットアイのアウトフロントブラケットを付けています。
 サイクルコンピュータが、ハンドルよりもちょいと前に突き出して固定できます。
 走行中見やすく、ハンドルまわりもすっきりするので気に入っています。
 折り畳み自転車ブロンプトンは折り畳み機構に干渉します。
 その自転車以外、すべてに付けました。
 ある時、部屋にサイクルコンピュータが落ちていることに気がつきました。
 なんでこんなところに?
 手に取ると、アウトフロントブラケットに付いたまま。
 折れて落ちたようでした。
 お・・・折れるんね!
 気に入っていただけにがっかりしました。
 直せないだろうか?
 ピンバイスという模型用の工具で1ミリ径の穴を開けました。
 そこに真鍮の針金をさして骨にします。
 接着剤で固定して、修理完了。
 しかし、サイクルコンピュータの着脱をする時の動きには耐えられませんでした。
 う~ん、飾って楽しむプラモデルは、この方法で修理や補強ができます。
 「使うもの」はそうはいかないか・・・。
 ところで、どうしてこんなことになったのか?
 身に覚えがあります。
 私の自転車は室内保管。
 整備も室内でします。
 チェーン洗浄をする時、次の自転車と交代しようとして倒してしまいました。
 室内で倒したので、被害は卓上のペン立てが散らかった程度。
 それはそれで片付けが厄介でした。
 でも、その程度のことと思っていました。
 気がつかなかったけれど、その時に折れたようでした。
 外で倒したり転んだ時でなくてよかった。
 落ちたたまま気がつず、その場を後にしていたかもしれません。
 そう思うと運がいい。
 気を取り直して新しいものと交換しました。
Imgp0021
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「卓上」と「託児王」は、間違いやすい。



 

  

|

« トヨタS800 | トップページ | PD-A520をPD-A520に交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トヨタS800 | トップページ | PD-A520をPD-A520に交換 »