« 境川の旅 | トップページ | 四十七士 »

2016年12月15日 (木)

ドロップハンドルにイルミラーを

 大きさを間違えたバックミラーを注文しました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2016/12/post-be8e.html
 ドロップハンドルに付けたかったのですが、フラットバー用。
 しかも、予想よりも鏡面部分がはるかに大きい。
 もともと鏡面だけを外して、使おうと思っていました。
 大きすぎるので、役に立たず。
 結局、FAT BIKEに使うことにしました。
 FAT BIKEにはイルミラーを付けていました。
 それは今回外すことに。
 外したイルミラーどうしよう?
 ドロップハンドル装備の自転車に付けてみることにしました。
 イルミラーは、フラットバー用です。
 フラットバーとドロップハンドルでは、径が違うのです。
 より大きな径のドロップハンドルにはそのままでは付けらrません。
 でも、ドロップハンドルに付けられるアダプターが付属しています。
 このアダプターを使うと、ハンドルの横に張り出した感じで付きます。
 これがかっこ悪い。
 そして、走行振動で写る画面はゆらゆら。
 結局、イルミラーをドロップハンドルに付けることは断念していました。
 発想を変えてみることにしました。
 ドロップハンドルにはバーテープというテープを巻き付けています。
 巻きつけたテープの余った部分は、ハンドルのエンドの中に収納します。
 この余りをイルミラーの取り付け部分に巻いて、太らせる。
 そうしたら、ドロップハンドルのエンドに付かないだろうか?
 やってみると上手くいきました。
Imgp0036
 しかし、実際走らないとわかりません。
 見たい後方はちゃんと写るか?
 走行振動で画面はぶれないか?
 同じく振動で抜け落ちないか?
 通勤で試しました。
 まず、見たい後方は写るか?
 これはばっちりでした。
 イルミラーは角度をかなり大きく調整できるのです。
 走行振動は?
 バーテープが衝撃吸収材の役目を果たしているのでしょう。
 全くぶれません。
 固定の具合はどうか?
 その日全行程60キロ走りました。
 一度も抜け落ちることはありませんでした。
 これは使える!!
Imgp0037
 (左側はもともとのバックミラー)

 本日の自転車走行距離 42キロ
 
 今日であったねこ 6
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「ロケ地」と「ロケット基地」は、間違って訪れやすい。




  

|

« 境川の旅 | トップページ | 四十七士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 境川の旅 | トップページ | 四十七士 »