« アルパイントレックグローブ 実践編 | トップページ | スタートレックビヨンド »

2016年11月13日 (日)

左足に荷重がかかるわけ

 先日、新しい靴を買いました。
 その時に、足の裏を測定してもらいました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2016/11/post-4664.html
 左に体重をかける傾向があるそうです。
 荷物を左で持つことが多いか聞かれました。
 私はリュックかウエストバッグが多いです。
 荷物を持つことに関しては、左右のバランスは悪くないはずです。
 でも、力を入れるときに左足を軸に使うことがあります。
 そのせいで、左の方が足、肩共に凝る傾向がありました。
 左に重心がかかるのは自覚がありました。
 自転車に乗った時に気がつきました。
 信号待ちなどで停まる時、私は左足をつきます。
 その間、左足だけで立っています。
 ああ・・・、こんな場面でも左を酷使していたんか・・・。
 信号待ちの度に、左足のストレッチをすることにしました。
 左足を歩道に乗せて、膝の裏が伸びるようにストレッチ。
 最初は痛いですが、だんだん気持ちがよくなります。
  膝の裏が伸びてきて、気持ちよくなった頃、青になります。
 「あ・・・、もう少し赤のままでいて」
 そんなことを言いたくなるくらい、退屈な信号待ちが楽しくなりました。

 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「信号の度」と「信号の旅」は、間違いやすい。
 

|

« アルパイントレックグローブ 実践編 | トップページ | スタートレックビヨンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルパイントレックグローブ 実践編 | トップページ | スタートレックビヨンド »