« NAKAZA TREK 2016 1 | トップページ | NAKAZA TREK 2016 3 »

2016年8月 6日 (土)

NAKAZA TREK 2016  2

 西武秩父で自転車を組み立てて出発しました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2016/08/nakaza-trek-201.html
 299号線を辿るおなじみのコース。
 今回、サドルバッグを小さなものに換えました。
 大きなサドルバッグと、金属製のバッグサポーターを撤去。
 自転車が軽くなりました。
 輪行バッグに詰めて運ぶときにその軽さを実感しました。 
 走ってみても軽い感じ。
 積載能力は落ちますが、軽い感じは魅力的。
 今回、帰りは全自走の予定です。
 いつもは休憩らしい休憩はしません。
 1時間ごとに5分の強制休憩を入れる予定にしました。
 道を行くごとにだんだん道は細くなり、「登り」の雰囲気になってきました。
 途中に農家の無人野菜売所があります。
 毎年ここでトマトを買うのが楽しみです。
 今回はミニトマトを買いました。
Imgp1134
 休憩を兼ねてトマト補給。
 画像は半分ほど食べてしまった後。
 この倍は入っていました。
 それで100円はありがたい!
 無人販売所が去年来た時より増えていました。
 峠に掛かりました。
 確か去年は、木陰になって坂は涼しく登れたはず・・・。
 今年はその影がない・・・。
 暑い登りとなりました。
 去年の方が涼しく登れましたが、大変だった気がしました。
 5分休憩を入れていたからでしょうか?
 サドルバッグを軽くしたからでしょうか?
 峠を越えてトンネルを抜けると、その先は中里村。
 今は町村合併で神流町といいます。
Imgp1135
 ここまで来れば、あとは下りです。
Imgp1136
 登りで熱くなった体を冷やしましょう。
 しかし、下りに差し掛かったところで雲が出てきました。
 日差しがなくなりました。
 その分下りで体が冷える!
 寒いくらい。
Imgp1138
 どうせなら、登りの時に陰ってほしかった。
 下りで陰ってもらっても意味がない・・・。
Imgp1139
 恐竜の足跡の化石を見ながら、更に下っていきます。
 この岩壁が大昔は平らなところだったようです。
 悠久の時を経て、今は壁となっております。
 そこを恐竜メガロサウルスが歩いたんだとか。
 その足跡が化石化しました。
 まさにメガロ先生、偉大な足跡を残しました。
Imgp1140
 子供のころよくこの辺りに化石取りに来ていました。
 ずいぶんな坂道です。
 あの頃はどこへ遊びに行くのも徒歩でした。
 こんな坂登って来たんだ・・・。
 降りた記憶はあるけど、登りの記憶がありません。
 「辛いこと」は忘れちゃうのか・・・。
 坂を下り、神流川にかかる橋を渡ります。 
Imgp1141
 ここから「魚尾(よのお)」という辺りまで行きます。
Imgp1142
 かつて我々の拠点があった「長寿園」はそこにありました。
Imgp1143
 そこからほど近い、田の頭と呼ばれる河原で集合予定です。
 メンバーはそれぞれ車で集まってきます。
 しかし、今回私は全自走を計画しています。
 河原で遊んでいる時間はない・・・。
 だから黙って通過します。
 運が良ければ、車組とどこかですれ違えるでしょう。
 
 つづく。
 
 本日の自転車走行距離 42キロ
 
 今日であったねこ 3
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「偉大な足跡」と「意外な即席」は、間違いやすい。
 

|

« NAKAZA TREK 2016 1 | トップページ | NAKAZA TREK 2016 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NAKAZA TREK 2016 1 | トップページ | NAKAZA TREK 2016 3 »