« GPS取り付け部品 | トップページ | ユピテルのGPS、横にしたら »

2016年5月29日 (日)

キャットアイ・アウトフロント・ブラケット

 GPSの自転車用ブラケットと一緒にキャットアイのものも買いました。
 キャットアイ・アウトフロント・ブラケット。
 サイクルコンピュータがちょっとだけハンドルの前に取り付けられる部品。
 使ってみたいですが、今のままでもよさそうです。
 必要かどうかいまひとつ疑問が残りました。
 折り畳み自転車ブロンプトンは、ハンドルにものを付けるスペースが少ないです。
 他の自転車はハンドルステムという部分にサイクルコンピュータを付けています。
 ブロンプトンは、このステムに当たる部分がありません。
 ハンドルにはさらに「空地が」ないでしょう。
 この予想から、試しに一つ買いました。
 ところが、ブロンプトンに付けているサイクルコンピュータは旧型です。
 ブラケットの規格が合わなく、付けられませんでした。
 無いと思っていたハンドル上の「空地」が意外にも確保できました。
 GPS用ブラケットは問題なく装着できました。
 あら・・・要らなかったかな。
 そう思いました。
 しかし、ファットバイクのハンドルまわり。
 ここに「空地」が無かった。
 ファットバイクにハンドルにはフロントバッグを付けています。
 以前はここに予備チューブを入れていました。
 センターフォークにライトを付ける部品を追加しました。
 予備チューブを入れたフロントバッグがライトに当たります。
 サドルバッグにチューブは移しました。
 中身のなくなったフロントバッグはちょっとした物入れに残しました。
 そのせいで、ハンドル上に「空地」がなくなっていました。
 GPSのブラケットはハンドルステムに付けました。
Imgp0733
 (上 サイクルコンピュータのブラケット 下 GPS用のそれ)
 ステム上が取られたので、アウトフロント・ブラケットを付けることにしました。
 サイクルコンピュータのブラケットは外さずそのまま残しました。
 普段はここに付けて置き、GPS使用時にアウトフロント・ブラケットに移動。
 初めはそう考えました。
 アウトフロント・ブラケットにサイクルコンピュータを装着。
 「かちっ!」と気持ちよく付きました。
 外そうとしましたが、しっかりついて外れない。
 ハンドルの前側に付くことになるので、走行中に外れたら大変です。
 それで「しっかり」装着できるよう設計されているのかもしれない。
 無理に外すのをやめて、このまま使うことにしました。
Imgp0732
 先日の雨の中、ファットバイクで出勤しました。
 走ってみると、サイクルコンピュータが見やすくなっていました。
 走行中の目線とあまり変わらない位置にあるせいでしょう。
 
 本日の自転車走行距離 40キロ
 
 今日であったねこ 9
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「旧型」と「B型」は、間違いやすい。



 
 

|

« GPS取り付け部品 | トップページ | ユピテルのGPS、横にしたら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GPS取り付け部品 | トップページ | ユピテルのGPS、横にしたら »