« ご家庭でできる手軽なU.S.S.BOZEMAN 3 | トップページ | 加曾利貝塚 »

2016年5月 7日 (土)

マキシス レイズの意外な実力

 雪が降った時のために買っておいたマキシスのレイズタイヤ。
 冬場に数回しか使いません。
 押し入れで待機している時間の方が長い。
 ゴム製品は経年劣化するので、使い切ってしまうことにしました。
 雨の日も走る全天候型自転車に装備しました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2016/04/post-995c.html
 太いブロックパターンのタイヤですが、意外と走行抵抗は少なく感じました。
 装着以来、初めて雨の中の雨中航行をしました。
 走行中、気がついた。
 「思ったところで停まれる」
 雨の日は路面が濡れて、タイヤの抵抗が少なくなります。
 おかげで、必要以上に速度が上がります。
 「いつもはこんなに回らないだろうに」というほどタイヤがよく回ります。
 しかし、ブレーキが効かなくなるので速度は出したくありません。
 ブレーキをかけても減速、停止まで時間がかかります。
 それがない。
 なんでだろうと思ったら、どうもレイズタイヤのおかげらしい。
 太いゴツゴツタイヤなので、路面の抵抗が大きい。
 つるつるの細身のタイヤより速度は出ないが、停止もしやすい。
 この違い、雨の日は大いに助かりました。
 泥除けと干渉してしまうので、後輪にしか付けていません。
 雨の日対策に、後輪だけ太いオフロードタイヤというのはいいかもしれません。
 
 本日の自転車走行距離 32キロ
 
 今日であったねこ 8
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「誕生物語」と「生物物語」は、間違って語りやすい。



 
 
 

|

« ご家庭でできる手軽なU.S.S.BOZEMAN 3 | トップページ | 加曾利貝塚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご家庭でできる手軽なU.S.S.BOZEMAN 3 | トップページ | 加曾利貝塚 »