« お接待 | トップページ | お金の価値 »

2016年1月19日 (火)

FAT BIKE初出動

 昨日は、雪が降りました。 
 ついにFAT BIKEの出番です。
 一昨年の冬、雪の中、雪用タイヤに換えて出ました。
 しかし、走れないほど積もって、大変でした。
 その後、FAT BIKEという自転車の存在を知りました。
 雪の上で遊ぶために開発されたのだそうです。
 これは使えるかも! 
 FAT BIKE貯金を開始し、その秋に手に入れました。 
 しかし、その年の冬、雪は全く降りませんでした。
 私はねこ年の生まれです。
 寒いのや雪は好きではありません。
 だから、雪を待っていたわけではありません。
 雪は嫌い。
 一粒残らず硫酸と塩酸を混ぜたもので溶かしてやりたいです。
 それでも、雪対策に買ったFAT BIKE。
 使いたかったけれど、一度も出番のがないまま春を迎えました。
 その後、普段に乗ることにしたらこれが結構面白い。
 特に、ディスクブレーキがいい。
 雨の日も制動力が全く落ちません。
 新たな任務、雨の日用自転車となりました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2015/03/fat-408b.html
 購入から一年半。
 ようやく、本来の目的に使う日が来ました。
 昨日の雪は、FAT BIKEの出るほどの降りではありませんでした。
 でも、ディスクブレーキは頼りになります。
 雪は雨に変わり、道路の雪はべちゃべちゃになりました。
 水しぶきのすごいこと!
 ディスクブレーキ装備の自転車にしてきてよかった。
 普通のブレーキシューはなら、効かなかったことでしょう。
 雪道航行のテストにはならないけれど、これはこれでいい。
 今までの自転車では車輪に雪が絡まって動けなくなりました。
 この自転車はタイヤもホイールも幅広です。
 積もった雪の上を走っても、絡まないかな・・・?
 そんなシミュレーションをしながら走りました。
 あまり人が通らないところの雪を踏んでみました。
 「あ・・・」
 少しだけ、「雪道航行の手応え」を感じました。
 ギアを軽くして進んでみました。
 速度は出ませんが「じりっ、じりっ」と進む感じ。
 雪道は、駆け抜けるのではないのかもしれません。
 「じりっ、じりっ」と確実に進む感じがいいのかもしれません。
 タイヤの空気圧も、もっと減らしたほうがいいみたい。
 本格的雪道航行の感触はわかりませんでした。
 でも、普通の道を走るように走れるわけではないらしい。
 雪なんかなかったかの如く、突き進むわけではなさそうです。
 それが分かったのが収穫でした。
 雪が降って、出かけないといけない時は時間に余裕、早めに出よう。
 Imgp0085
 本日の自転車走行距離 42キロ
 
 今日であったねこ 8
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「雨の日用」と「雨の費用」は、間違いやすい。
 
 
  
 

|

« お接待 | トップページ | お金の価値 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お接待 | トップページ | お金の価値 »