« おこられた! | トップページ | 低額所得者ゆすり »

2015年12月23日 (水)

ご家庭で出来る手軽な超時空要塞(劇場版)

 映画「超時空要塞マクロス」に登場の宇宙船マクロスの模型を作りました。
 この模型を手に入れてから一年過ぎての完成でした。
 届いてすぐに箱を開けましたが、なかなか手を付ける気になれませんでした。
 好きなキャラクターではありましたが、どうもよく形がつかめなかった。
 劇中、マクロスは宇宙船形態からロボットの形態に変形します。
 「どうしたらそんな風になるの?」というほどで、元の形がつかみにくかった。
 「その形を知りたい」というのが、模型を買った目的でもありました。
 テレビ版が人気が出て、映画が出来ました。
 さほど好きな作品ではありませんでしたので、映画は放っておくつもりでした。
 公開当時、私は寝たきり浪人生活をしていました。
 予備校のあった横浜駅西口には大きな映画館がありました。
 そこで「マクロス」は、やっていました。
 いつまでたってもやっていました。
 あまり長くやっていたので、とうとう気になって観に行きました。
 そうしたら面白かった。
 テレビ版よりはるかに面白かったのです。
 それで好きになりました。
 宇宙船のデザインが映画向きにさらに複雑になりました。
 かっこよくなっていました。
 反面、余計に把握しにくい形に感じられるようになりました。
 模型になかなか手を付けずにいた理由のひとつです。
 そのうち、「テレビ版」模型発売の報を知りました。
 「二つ並べてみたい」
 テレビ版が出る前に作りたいと製作を開始しました。
 作りだすと、複雑な設計であることが分かりました。
 部品が多い・・・。
 めんどくさい・・・。
 今度は部品、行程の多さに製作を躊躇。
 途中で止まりました。
 そのうちに頼んでおいた「テレビ版」が届いてしまいました。
 「劇場版」到着から1年が経っていました。
 大きな箱を二つもある光景を見続けるのは精神衛生上良くないです。
 本腰を入れて作ることにしました。
 船体は、映画での印象ではグレー一色に思えました。
 3種類くらいのグレーで塗り分けるよう指示がありました。
 「塗り分けも面倒・・・」
 一色だと思っていたのでそう感じました。
 好きなキャラクターですが、さほど思い入れはありません。
 塗装は指定色に似たグレーの缶スプレーで済ませました。
 一つ一つの部品を組み合わせるとかなり大きなものになりました。
 けっこうな迫力です。
Imgp0047
 形状や、模型の製作手順もつかめました。
 続いてテレビ版の製作を始めました。
 今回初めて気がついたことがありました。
 「超時空要塞・・・」の「超時空」って何のことだろう???

 本日の自転車走行距離 40キロ

 今日出会ったねこ 2

 今日の間違いやすい探し

 「ロボット形態」と「ロボット携帯」は、間違って把握しやすい。



 
 

|

« おこられた! | トップページ | 低額所得者ゆすり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おこられた! | トップページ | 低額所得者ゆすり »