« 雨の日に使う自転車用グローブ | トップページ | 泥除け付ける »

2015年12月12日 (土)

泥除け交換だ

 「全天候型自転車」走行中に「からから」いう音が聞こえてきました。
 「何の音け?」
 後ろの泥除けの取り付けステーが折れていました。
 そいつが車輪のスポークに当たって「からから」・・・。
 走行時の振動による金属疲労で折れたんけ・・・。
 買い替えだ・・・。
 次に泥除けを換える時に目を付けていた品がありました。
 樹脂製の泥除けです。
 初めて泥除けを買った時、樹脂製のものにしました。
 軽い方がいいだろうという程度で選びました。
 それがけっこう使い勝手が良かったのです。
 特に、シートステイのブリッジに付ける部品も樹脂製というのがよかった。
 その泥除けが割れた時、次のはアルミ製にしました。
 今度は、高級感をねらいました。
 ブリッジ金具も金属製でした。
 これが走行時の振動ですぐ折れてしまいました。
 付けていたのが「初代全天候型自転車」だったら問題はなかったと思います。
 ところが、その時すでに初代は壊れて退役していました。
 初代と二代目はフレームの構造がちょっと違う。
 泥除けを下の部分で固定する部分がないのです。
 結束バンドで「なんとなく固定」しています。
Imgp0025
 このため、走行時に泥除けはけっこう揺れます。
 その振動が、金属製ブリッジ部品をじわじわ痛めていました。
 何度換えても、すぐ折れちゃう。
 初代から樹脂製のを引き継いだ時はそれが起こりませんでした。
 だからそのまま使い続けたかったのですが、泥除け本体が割れちゃいました。
 その時、丸ごと捨てちゃった。
 樹脂製ブリッジ部品だけでも取っておけばよかった・・・。
 後から思いました。
 後悔、後に立ちません
 困ることになるとは思わず、「次はアルミ製だね」と単純に選んだのでした。
 しかし、すぐブリッジ部品が金属疲労を起こしました。
 この自転車には、ブリッジ部品は樹脂製のがいい・・・。
 探しましたが、金属製のが付いるものばかり。
 初めて買ったものと同じものが欲しかったのですが、みつからない。
 もう作ってないのかもしれません。
 仕方なく、前輪用の短いタイプの泥除けを後ろに付けていました。
 タイヤの前に部分を覆わないタイプでした。
 短いのであまり揺れないみたいで、調子よく使えました。
 ブリッジ部分は無事でした。
 フレームにボルトで固定するステーという部分が折れました。
 ここがいかれるのは、寿命みたいなものだと思います。
 ようやくよく似たものを見つけました。
 ステーが折れたので、その泥除けを注文しました。
 以前使っていたものと「ほぼ」同じ製品でした。
 おそらく、前の製品のモデルチェンジしたものでしょう。
 樹脂製のブリッジ部品もちゃんと付いていました。
Imgp0024
 「これこれ!」
 全く同じものです。
 早速、交換です。
 太陽光充電で点滅するテールランプも移植しました。
 このランプ、結構気に入っています。
Imgp0022
 ボルトの穴をあけて固定します。
 樹脂製なので加工も簡単。
Imgp0023
 前の泥除けは異常なし。
 壊れていないので引き続き使えます。
 面倒だし、このまま使おうとも思いました。
 色はカッパー。
 前後とも色を合わせて交換することにしました。
 交換後の記事はまた。

 本日の自転車走行距離 0
 
 今日出会ったねこ 5
 
 今日の間違いやすい探し

 「9個中二個」と「休暇中二個」は、間違いやすい。 
 


 

|

« 雨の日に使う自転車用グローブ | トップページ | 泥除け付ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の日に使う自転車用グローブ | トップページ | 泥除け付ける »