« びようしつとびょうしつは・・・ | トップページ | 仮面土偶と古代鏡 »

2015年12月27日 (日)

横浜歴史博物館

 横浜歴史博物館に行きました。
Imgp0093
http://www.rekihaku.city.yokohama.jp/
 比較的最近できた所らしいです。
 私が横浜に住んでいたころはなかった気がします。
 横浜駅から市営地下鉄でセンター北駅へ。
 市営地下鉄もいつの間にか「ブルーライン」という名になっていました。
Imgp0120
 以前、港北区の小机という所に住んでいました。
 新横浜まではよく使いましたが、その先へ行くのは初めてでした。
 北新横浜だか、新横浜来ただかを抜けると、地上に出ました。
 地下鉄じゃなくなるんけ。
 「センター北駅」で下車、徒歩5分のところだそうです。
Imgp0092
 電車の車窓から博物館は見えていました。
 位置は確認済み。
 地上走行用の地下鉄で助かりました。
 博物館では紙芝居をやっていました。
Imgp0094
 今日のイベントだそうです。
 特設展示にも紙芝居がありました。
Imgp0095
Imgp0096
 銅鐸や、鉾、古代鏡もありました。
Imgp0097
 これは最近作ったもの?
Imgp0100
 レプリカみたいでした。
Imgp0098
 鏡の裏側(本当は表?)の撮影が出来ました。
Imgp0099
 常設展示のコーナーへ。
 古代から横浜に住んでいた人々の生活の変遷が展示されていました。
Imgp0101
Imgp0103
Imgp0104
Imgp0121
 「いぬとねこ」この本持っていたような気がします。
 そんなに大きくない博物館。
 説明文などをじっくり読まなければ、さほど時間はかかりませんでした。
 ミュージアムショップを見て外へ出ました。
 お土産編はまた。
 博物館の隣は公園になっています。
 発掘現場でもあり、縄文時代の住居が再現されているそうです。
 でも、公園に入ってもそれらしい気配はありません。
Imgp0107
 一回りすれば、何か分るでしょう。
 坂道を登るとそれっぽい気配がしてきました。
Imgp0109
Imgp0108
 ありました!
 原始ハウス!
 それもたくさん!
 私が育った横浜の家の近所に「三殿台遺跡」という所がありました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2013/04/post-4589.html
 そこで再現されている原始ハウスは三軒でした。
 ここはもっとある!
 数えるのを忘れてしまましたが・・・。
 三殿台のそれよりはるかに大きな原始ハウスでした。
Imgp0111
 高床式の倉庫までありました。
Imgp0110
 縄文時代は、かつて考えられていたよりもはるかに豊かな生活様式だった。
 最近の研究で分ってきたそうです。
Imgp0112
 防火設備も整っていたことには驚きました。
Imgp0113
 現在の「消防法」に当たる考え方もあったようです。
 「民家園」というところもありました。
Imgp0114
 「ミカン園」と間違って見学しやすい。
 これはもっと新しい、現代に近い建築物の展示です。
 勝手に入って見て良いようでした。
Imgp0115
Imgp0116
Imgp0117
 都筑民家園とありました。
Imgp0118
 「ここは都筑区け!」
 「センター北」というものの、どのあたりかよくわからないまま来ていました。
 私が子供のころは「緑区」と呼ばれていた辺りでしょう。
 「緑区」と「戸塚区」は、なぜか縁がなく、あまり知らない所なのです。
 「緑区」と「縁区」は、間違いやすい。
 「原始ハウス」と「民家園」を見学して公園を出ました。
 隣の「センター南駅」まで歩いてもたいしたことなさそうでした。
Imgp0119
 帰りはセンター南駅から帰りました。
 ところで「センター」って何のことだったんだろう?
 
 本日の自転車走行距離 12キロ
 
 今日出会ったねこ 14
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「緑区の民家園」と「縁区のミカン園」は、間違いやすい。

 

|

« びようしつとびょうしつは・・・ | トップページ | 仮面土偶と古代鏡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« びようしつとびょうしつは・・・ | トップページ | 仮面土偶と古代鏡 »