« 野生・の・勘 | トップページ | ロボ »

2015年10月27日 (火)

チューブレスタイヤをやめよう。

 亀裂が見つかり使うのをやめたチューブレスタイヤ。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2015/10/post-78c9.html
Imgp1628
 新しいのを買いました。
 ところが、これも空気漏れするよう。
 一回目の装着は石鹸水の付け方が少なかったようでした。
 全く空気が入りませんでした。
 付けなおし。
 二回目。
 空気を入れて半日後に空気圧を調べました。
 半分くらいに減っていました。
 装着の仕方が悪かった?
 不良品?
 原因は分りません。
 もう一度付けなおしました。
 二度目の時以上に慎重に作業をしました。
 三回目、また半日置いてみました。
 半分までは行きませんでしたが、ずいぶん減っていました。
 う~ん・・・。
 原因は分らないけれど、空気の抜けが早い。
 チューブを入れて使うことにしました。
 しかし、このチューブが入らない・・・。
 殆ど無理やり入れてどうにか成功しました。
 空気を入れると・・・・入らない。
 無理やり入れた時にチューブを傷つけてしまったようでした。
 もう一度別なチューブで挑戦。
 これがやはり入らない・・・。
 もう一台のロードの方は入ったのになぁ・・・。
 ホイールが違うことに気がつきました。
 同じシマノのチューブレスタイヤ用ホイールですが、銘柄が違います。
 銘柄が違うと作りも若干違うでしょう。
 内部が狭く出来ているのかもしれない。
 チューブが入いる隙間が小さくて、傷つけやすくしてしまう原因のようです。
 う~ん・・・。
 チューブレスタイヤを使うのはやめようか?
 今回買ったのは不良品として、ちゃんとしたものが手に入ったとしましょう。
 パンクしにくいチューブレスですが、残念ながらパンクはします。
 その時、応急処置にチューブを入れて使います。
 それが入らない訳です・・・。
 もう少し薄くて軽量なチューブなら入るかもしれません。
 パンクという緊急時に備えるとしたらもっと安心できるものがいい。
 確か、もう一台の方のホイールにチューブを入れた時も苦労しました。
 チューブレスタイヤにチューブを入れるというのはもともと無理があるのです。
 というわけで、チューブレスタイヤを使うのをやめることにしました。
 次の課題。
 どのタイヤにしようか?
 チューブレスタイヤ以前に付けていたのはパナレーサーのレースtypeA。
 もとのそれにするか?
 走行抵抗の軽い、いいタイヤです。
 この6月から全天候型用自転車にグラベルキングというのを付けています。
 もう半年使っていますが、一度もパンクしたことがありません。
 メーカーがパンクしにくい工夫をしているということもあると思います。
 運がいいという部分も多いでしょう。
 とにかくまだパンクしたことがありません。
 縁起がいいので今回はこれを使うことにしました。
 交換作業はあっという間に終えました。
 チューブタイヤの交換作業は手慣れているので楽でした。
 前輪がグラベルキング。
 後輪は問題のないチューブレスタイヤ。
 前輪がパンクして以来、前ホイールは外していました。
 もう一台の自転車のホイールを外して付けていました。
 これでようやくホイールがそろいました。
 前後でタイヤの種類が違いますが、しばらくこれで行きましょう。
 Imgp1645
 本日の自転車走行距離 33キロ

 今日出会ったねこ 4

 今日の間違いやすい探し 
 
 「近代建築」と「金田一建築」は、間違いやすい。


 
 

|

« 野生・の・勘 | トップページ | ロボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野生・の・勘 | トップページ | ロボ »