« ○円以上送料無料 | トップページ | VOLT800とVOLT200 »

2015年10月 8日 (木)

くうきの・ていこう

 ハブダイナモライトでUSB器機に充電が出来るルクソスのライトを使っています。
 昼間ライトを点けない時に充電が出来ます。
 VOLT100ライトを充電しながら走っていました。
 バッテリーは完全に無くなる前の継ぎ足し充電でした。
 あまり減っていなかったらしく、30分ほどで充電中ランプが消えました。
 フルチャージしたVOLT100を点滅させようかと思いましたが思い直しました。
 でも、充電任務から解放されたルクソスライトを点けることにしました。
 信号待ちで、ルクソスとの接続を外したVOLT100は、ポケットにしまいました。
 再び走り出して気がついた。
 「走りが軽い?」
 気のせい?
 今までとの違いは、VOLT100が無いことくらい。
 「ハンドルが軽く感じるのか?」
 VOLT100の重量が無くなったから?
 小型のライトなのでそれほど重くはないはず。
 空気の抵抗?
 それはありうることです。
 わずかとはいえ、重量も影響あるでしょう。
 ハンドルに何も付けないと、こうも違うのか?!
 なにも付いていないわけではありません。

Imgp1526
 他にベルやルクソスのスイッチが付いています。
 ライトほどは出っ張っていません。
 意外な空気抵抗になっていたんだということを感じました。
 だからといってライトを外し気にはなりません。
 私は車からの視認性を高める目的で昼間でも点滅させています。
 それはそれとして、新鮮な発見でした。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日出会ったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し

|

« ○円以上送料無料 | トップページ | VOLT800とVOLT200 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ○円以上送料無料 | トップページ | VOLT800とVOLT200 »