« 今度は隅田川クルーズ船 | トップページ | ひにゃたぼし »

2015年10月 3日 (土)

西部警察

 ケーブルテレビで「西部警察」を観ています。
 この番組を観たのは今回が初めてです。
 本放送が始まった時、随分話題になったのを覚えています。
 確か中学生のころ。
 当時通っていた塾で、第一回放送を観たかというのが話題になりました。
 私は観ていなかった。
 他に観たいものがあったのか、たんに興味が無かったのか・・・。
 そこまでは覚えていません。
 とにかく観なかった。
 生徒が塾の先生に「観たか」と聞きました。
 戦車が何か壊すのか、壊されるのかの場面があったようでした。
 それが「バカバカしいのでやめた」というのが先生の答え。
 「そうか、ばかばかしいのか」それが印象に残りました。
 たぶんそれがきっかけで、それ以降も観ることしませんでした。
 今回観ようと思ったのは、そんな80年代に郷愁を感じたから。
 観たらけっこう面白い。
 よくこんな番組が作れたなというほどスケールが大きい。
 今回の再放送は地方ロケ、前後編のスペシャル番ばかりをより抜いたもの。
 だから通常のエピソードよりも力が入っているのでしょう。
 「気にいったら有料放送に加入してね!」の狙いがあるのでしょう。
 悪人がすごい。
 装備が犯罪組織というよりもテロリストです。
 手りゅう弾を普通に持っています。
 警察を見ても逃げない。
 鉄砲で撃ってきたり、どこでも構わず手りゅう弾を投げてくる。
 特撮ヒーロー番組の悪の組織よりもやることがひどいです。
 彼らもヒーローに阻止されて目的は果たせず終わります。
 でもここまでひどいことは企まないという感じです。
 核爆弾作って地方都市を吹き飛ばそうというエピソードもありました。
 対する西部警察も特撮ヒーローよりも毅然としています。
 悪人の乗ったまま車ごと高台から落としても平気な顔。
 映画の様なアクションの連続でした。
 よくこんな番組が作れたなという感じです。
 80年代だったからなんでしょうね~。
 最近の刑事ものはカーアクションすらない感じ。
 車は現場への移動手段くらいでしょう。

 本日の自転車走行距離 25キロ

 今日出会ったねこ 2

 今日の間違いやすい探し

 
 「自転車走行距離」と「自転車押す距離」は、間違って計測しやすい。
 
 
 

|

« 今度は隅田川クルーズ船 | トップページ | ひにゃたぼし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今度は隅田川クルーズ船 | トップページ | ひにゃたぼし »