« ふとんごろ | トップページ | パンク寸前のチューブレスタイヤ »

2015年10月15日 (木)

辻堂団地

 3歳くらいまで辻堂団地に住んでいました。
 といっても暮らしていた記憶はありません。
 家に車が来たのは小学校低学年のころ。
 家族旅行は車で行くことになりました。
 箱根方面へ行く時の休憩ポイントが辻堂団地でした。
 横浜に家を建てましたが、父には思い入れの大きな場所だったのだと思います。
 辻堂団地での生活の様子はよく話してくていました。
 近所に女の子が住んでいて、引っ越した後も何度も遊びに行きました。
 その記憶はほとんどありませんが・・・。
 そんな経験から「辻堂団地」は、「ちょっと懐かしいところ」になりました。
 その辻堂団地に行ってきました。
 本格的な自転車趣味を始めるようになって、この近くはずいぶん走りました。
 でも、位置はなんとなく分っています。
 正確にはわからなかったので、寄ることはありませんでした。
 藤沢から「辻堂団地行き」のバスに乗りました。
 これなら間違えないでしょう。
 親の車に乗って行ったので「気がついたら着いていた」そんなイメージでした。
 着いたら「ここがそうなの?」と実感がわかないかもしれません。
 到着して、団地の敷地に入りました。
 建物は今風に塗り替えられていました。
Imgp1611
Imgp1612
 「団地=グレー」のイメージではありませんでした。
 見覚えがあるかといえば、正直怪しい。
 子供のころに観ていたテレビドラマにはよく団地が登場しました。
 そのイメージとなのか、自分の中にある記憶なのかよくわかりませんでした。
 父から聞いていた「団地の思い出話し」からの脳内映像もあるはずです。
 たしか商店街の様な所にスーパーマーケットがあったはず。
 家族旅行の時、車の中で食べるお菓子を買ってもらいました。
 スーパーマーケットがあったらしいところをみつけました。
Imgp1610
 でも、今は閉店していて集会場のようになっていました。
 な~んとなく記憶は合っているようでした。
 団地を見ても特に「懐かしい」という思いは蘇りませんでした。
 次の目的地、交通公園を探すことにしました。
 団地の裏に自転車やゴーカートを借りられた公園がありました。
 旅行の帰りにそこで遊ぶのが楽しみでした。
 その公園は近所の女の子のところに遊びに行った時に教えてもらったような・・・。
 コンクリートで出来た恐竜の遊具が好きでした。
 今はもうないでしょうけれどね・・・。
 行ってみてびっくり!!
 公園が一新されていました。
 大きくなっていました。
Imgp1616
 親子連れでにぎわっていました。
 かつて私たちが来ていたころは、利用客はほとんどいませんでした。
Imgp1613
 スカイサイクルというサイクルモノレールもありました。
 小田急の旧型車両の展示もありました。
Imgp1614
 小さな博物館もありました。
Imgp1615
 随分と変わったんだ・・・。
 Imgp1619
 スカイサイクルと博物館を見学して海に出ることにしました。
Imgp1618
 スカイサイクルは公園をひとまわりするほどレールが長かった。
Imgp1617
 博物館の中が見られるトンネルもあったりして、けっこう乗りでがありました。
Imgp1620
 SPDペダルに換えたかったくらいでした。
 撮影をしていたら「カメラノメモリガアリマセン」の表示。
 あ・・・。
 メモリーカードをPCの中に入れたままにして出かけてしまいました。
 そういう訳で、記録画像はここまで。
 砂浜に出ました。
 ここから江の島の辺りまで歩くつもりでした。
 自転車でこの辺りを走っていたころよく使っていたところです。
 しかし、この日は風が強烈でした。
 まるで砂嵐の中にいるようでした。
 とてもいられないので、国道沿いを歩くことにしました。
 江の島を眺めながら歩きたかったのですが・・・。
 砂浜と国道を隔てているのは松林だけ。
 でも、この松林のおかげで風と砂の影響から嘘のように解放されました。
 海辺の松林はものすごい意味のあるものなんだ。
 江の島から湘南モノレールに乗って今回の散歩は終了です。
 ところで辻堂は湘南という地域に入るのでしょうか?
 今まで思ったこともありませんでしたが、私は「湘南育ち」だったのかな?
 加山雄三みたいでかっこいい。

 本日の自転車走行距離 12キロ

 今日出会ったねこ 2

 今日の間違いやすい探し

 「不動産屋さん」と「葡萄屋さん」は、間違いやすい。

 

|

« ふとんごろ | トップページ | パンク寸前のチューブレスタイヤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふとんごろ | トップページ | パンク寸前のチューブレスタイヤ »