« 先にやってしまおう | トップページ | やもりべぃびー »

2015年9月16日 (水)

ご家庭で出来る手軽なU.S.S. SARATOGA

 「スタートレック ディープ スペース ナイン」登場の宇宙船。
 「U.S.S. SARATOGA」の模型を作りました。
 1/1000「U.S.S. RELAIANT」の模型を改造しました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2015/01/11000-84a0.html
Imgp1390
 映画の撮影用模型もこの宇宙船の改造です。
 リライアントとの違いは、上に付いている構造物(武器)がない。
 両舷に槍のような用途不明なものが付いている。
 これだけで別な艦に見えるので面白い。
 工作も槍のようなものを付ければいい。
 簡単・・・なはず。
 しかし、その槍がどうなっているのかよくわからない。
 スタートレックの撮影模型を取材した本を持っています。
Imgp1388
 「リライアント」のページに「サラトガ」も出ていました。
 しかし、肝心の「ここが知りたい!」という所が映っていない・・・。
 「リライアント」の発売時、「サラトガ」を作るために二個買っておきました。
 いい資料がなかったのでその後、寝かせておきました。
 今回作った模型よりも小ぶりのサイズの模型が発売されました。
 資料用になるかと買いました。
 しかし、小さすぎて形がよくわからない・・・。
 パッケージの絵もあまり参考になりませんでした。
Imgp13
 インターネットで画像を検索。
 ありました!
 いい時代になったものです。
 これを参考に製作開始。
 PCの壁紙にしてイメージを頭にもインストールしていました。
Imgp1382
 まずは、槍状の部品が付いている台座を製作。
 プラスティックで箱を作って接着。
 ・・・そのはずが、どういう風に本体に付いているのか形が把握しにくい。
 結局、パテで「なんとなく」の形を作って、成型。
Imgp1393
Imgp1394
Imgp1395
 粘土を盛るようにして作りました。
 そのままだとまぁるくて「生物っぽい」。
 あとからプラ板を貼って「機械っぽく」しました。
 槍状の部品が参考にした画像よりも少し長く出来ました。
 先端がパラボラアンテナのような形になっています。
 劇中で使われることはなかったので用途不明です。
 「リライアント」とは違った艦に見えるだけに付けたものでしょう。
 私は、このパラボラアンテナが嫌いです。
 まぁるいものは作りにくいから・・・。
 悩んだ末、ボールペンのキャップを使うことを思いつきました。
 輪切りにしたものを半分にして、やすりで成型して作りました。
Imgp1396
 切り詰めて長さを合わせようかとも思いました。
 そうすると強度が落ちるし、めんどくさい。
 「これでいいや」ということにしました。
 形が出来たので次の塗装作業に。
 マスキングテープでひたすらマスキング。
 これが途方もなくめんどうくさい。
 増す金義作業が終了。
 ようやく塗装ができます。
 スタートレックの宇宙船模型用に作っておいた塗料があります。
 それで塗り分けます。
 ライトブルーの部分は、薄い色を使うつもりでした。
 所が間違えて濃い色を塗ってしまいました。
 「あちゃっ・・・」
 マスキングテープをはがすとけっこういい。
 「リライアント」の時は薄いライトブルーの方を使いました。
 模型が小さいので今度も薄い色を使いたかった。
 しかし、濃い色を塗ってしまった模型を見ると悪くない。
 なんでだろう?
 艦の上に構造物のある「リライアント」と比べると「平べったい」印象。
 オリジナルのデザインというのは完成度が高い。
 映画用に時間をかけて練り上げられただけのことはあります。
 それを下手にいじるのは難しいと感じました。
 違う艦に見えるように工夫したのでしょう。
 それが面白いと感じたから模型で再現してみました。
 作ってみるとデザインが平らで、つまらなく見えることに気がつきました。

Imgp1389
 濃い色がその分を補ってくれているような感じがしました。
 メリハリがついた感じです。
 塗装はこれでよし。
Imgp1391
 あとはデカールを貼って、仕上げです。
 
 本日の自転車走行距離 42キロ
 
 今日出会ったねこ 2
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「オニオングラタンスープ」と「オニオングラタンスタンプ」は、間違いやすい。
 
 
 
 

|

« 先にやってしまおう | トップページ | やもりべぃびー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先にやってしまおう | トップページ | やもりべぃびー »