« ご家庭でできる手軽なロミュラン・バード・オブ・プレイ | トップページ | 暑中お見舞い »

2015年8月 3日 (月)

横浜裏道散策

 横浜の裏道散策をしました。
 散策と言っても、もともと知っている道を辿るだけ。
 横浜を離れて随分経ちます。
 もう何年も行っていない道にもう一度。
 京浜急行の上大岡(「お」は3つ)駅で下車。
 駅の裏に出ます。
 「裏道」はここから始まります。
 10年くらい前にここでペンギンとすれ違ったことがありました。
 向こうから「ぺったぺった」足音が聞こえてきそうな感じで歩いてきました。
 一瞬何が起きたのか分からずに思考停止してしまいました。
 「なぜペンギンが?!」
 身近な街で不釣り合いなイメージのペンギンに出くわしたことの衝撃。
 それと、お互いに歩いてでのすれ違いへの衝撃。
 そして何より、人間以外の二足歩行生命体との出会いが衝撃でした。
 それで一瞬思考停止な状態となりました。
 すぐ後に飼い主らしい人がお皿を持ってついていました。
 「飼いペンギンなんだ・・・」と心の中で納得。
 「飼えるんだ・・・」と小さく驚いたのを覚えています。
 数日後に同じ場所を訪れることがありました。
 今度は落ち着いて、周りを見回しました。
 「ペンギンのいるお店喫茶店メル」という看板を発見しました。
 そこで飼っていたのか・・・。
 その店の前を通りました。
 無かった・・・。
 別なお店が入っていました。
Imgp1092
 ペンギンとマスター、どうしているのでしょうか。
 裏道散策を開始。
 かつての家から自転車で上大岡(「お」は3つ)へ出る時に使っていた道です。
 もともとは親の車で買い物に出る時に通って覚えた道。
 それを自己流にアレンジして行きました。
 中三の夏休み、夏期講習の帰り道のことでした。
 次に目を開けたら病院だったことがありました。
 自転車で走行中に転んで、頭を打って気を失ったようでした。
 救急車で運ばれて、病院に搬入されたのだそうです。
 心配して駆けつけた親が顔を覗き込んでいました。
 どうしてここにいるのか、聞いてもなかなか理解できませんでした。
 その後、大きな病院に5日間入院しました。
 脳しんとうでした。
 その転んだ所がこのへんだと思います。
Imgp1094
 後日、友人が自転車を警察に取りに行ってくれました。
 チェーンが外れていたそうです。
 そういえばなんとなく覚えています。
 チェーンが外れて「まずい、どうにかしなきゃ」と思った記憶が何となく。
 それでバランスを崩して転んだのでしょう。
 運よく発見されて救急車を呼んでもらえました。
 そんな自転車で走った道を辿りました。
 見覚えのあるお店がありました。
 今は閉店していましたが、看板は健在。
Imgp1095
 パン屋だったような、お菓子屋だったような・・・。
 あまり利用した覚えはありません。
 マンガ雑誌くらい買った覚えがあります。
 この辺りの風景はあまり変わっていませんでした。
 車道を避けて細い裏道へ。
 車を避ける道を辿るのが子供のころから好きだったようです。
 公園を発見、「大岡(「お」は3つ)公園」だそうです。
Imgp1096
 こんな公園はありませんでした。
 昔は「しょうこうのグランド」と呼んでいたところです。
 「しょうこう」とは何のことか分らず、友達がそう呼ぶのを真似ていました。
 私の行動範囲からちょっと外れていたところです。
 そのせいもあって「しょうこう」とは何のことだったか考えたこともありませんでした。
 「横浜商業高校」のことかな・・・。
 「みつヶ丘入口」からみつヶ丘へ上がります。
Imgp1098
 昔は「みつヶ丘入口」とありましたが、その看板はありませんでした。
 とにかくすごく急な階段です。
 私に家はみつヶ丘という山の上にあります。
 自転車で楽に帰るには、みつヶ丘を迂回して、ゆるい坂を登るのがいい。
 でも、この階段を上げると近道なのです。
 階段の隣に坂道もあって、急こう配なことに目を瞑れば、押して上がれます。
Imgp1099
 しかし、20%以上もあるので決して楽な近道ではありませんでした。
Imgp1100
 最後だけ、階段だけのところがあります。
 そこが子供だった私には大変でした。
Imgp1101
 大人になって、本格的な自転車趣味を持ってからこの坂に挑戦しました。
 体力は付いたし、自転車も軽くなっていました。
 それでも、ここは大変なところに変わりはありませんでした。
 行きはいいけど、帰りは使う所じゃない・・・。
 階段を上って一安心。
Imgp1102
 そう思いたいですが、最後の最後に20%級の坂があります。
Imgp1103
 この坂を越えてようやくみつヶ丘の頂上へ。
Imgp1104
 私の家は少し走って、さらに急坂を下ったところにありました。
 今日は行きません。
 三殿台方面へ。
 この辺りは前回の散策で通りました。
 今回、取り越して岡村小学校へ。
Imgp1107
 私の家の子供部屋の窓から岡村小学校の校舎は見えました。
 見えるような近いところにありましたが、学区外。
 私は大岡小学校(「お」は3つ)。
 近所の友達も皆そうでした。
 岡村に通うという選択肢は全くありませんでした。
 三殿台は懐かしい、岡村には何も思い出がありません。
 目指したのは岡村小ではなく、その入口にある橋です。
 「たかはし」という橋。
Imgp1108
 みつヶ丘と隣の丘をつなぐ橋です。
Imgp1109
 この橋を渡って隣の丘へ。
 20代のころ、本格的自転車趣味を始めてから見つけた道でした。
 どういう経緯で見つけたのかは忘れました。
 自転車で走るのが楽しくて仕方なかった頃。
 遠くに行くには時間がない、近くを散策。
 そんな時に走って見つけたのだと思います。
Imgp1110
 尾根伝いに歩いていきます。
 細い道で車はあまり来ない。
Imgp1111
 おそらく来るのは住んでいる人の車だけでしょう。
 子供のころからそういう道を探すのが好きだったみたいです。
 新しい家が増えていますが、大人になってから見つけた所。
 子供のころの思い出はありません。
 「変わったなぁ」というほど記憶に残っていません。
Imgp1112
 特に思い入れもなく通過しました
 磯子の方が望めます。
Imgp1113
 道はどんどん細くなっていきました。
 その辺りは、家も古い感じで、私が見つけたころとあまり変わっていないでしょう。
 大きな木もありました。
Imgp1114
 やがて、「下界」へ通じる坂道に。
Imgp1115
 中村橋商店街という辺りに出ます。
 初めてきた時は「この坂を上がったらどうなる?」という感じで見つけたのかな?
 それとも今回のように岡村の方から見つけたのか?
 記憶は遠くなっています。
 私の住んでいた付近には大きな丘がいくつもあります。
 伊勢佐木町の辺りから丘に上がって、尾根伝いにどこまでいける?
 そんなことを試して見つけた道だったかもしれません。
 「下界」に降りると急につまらなくなりました。
 裏道散策、尾根伝いの旅はこれでおしまい。
 
 本日の自転車走行距離 26キロ
 
 今日出会ったねこ 1
 
 今日の間違いやすい探し

 「ハンバーグフィッシュ」と「バングラディッシュ」は間違いやすい。
 

|

« ご家庭でできる手軽なロミュラン・バード・オブ・プレイ | トップページ | 暑中お見舞い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご家庭でできる手軽なロミュラン・バード・オブ・プレイ | トップページ | 暑中お見舞い »