« この夏のドアストッパー | トップページ | チューブレスタイヤの交換 »

2015年7月31日 (金)

転んでパンク?

 久しぶりに自転車で転びました。
 信号待ちを歩道でしようと、歩道に上がろうとしました。
 斜めになったところを上がろうとした時に「ずるっ」
 タイヤが滑って転びました。
 停まるために速度を落としていました。
 それもあって、ゆっくりとした転び方でした。
 タイヤが滑ったので、衝撃はそちらの方が吸収してくれました。
 受身もうまくとれました。
 お尻の柔らかいところで着地したので被害は少なく済みました。
 転ぶたびに、うまい受け身が取れているような気がします。
 でも、その再現はできないと思います。
 「たまたま」できた。
 運が良かった。
 そう思って、慢心しないようにしましょう。
 外傷は膝に小さなすり傷が出来た程度。
 気を取り直して再出発しました。
 15分ほど走ったあたりで信号待ちをしていました。
 「きゅきゅっ」とかいう音が聞こえました。
 何の音?
 かすかな音でした。
 ちょっと下りの道での停車でした。
 ブレーキレバーを握ったままでの信号待ち。
 シューがリムとこすれる音かな?
 前輪の辺りから聞こえるような・・・。
 シューのこすれる音か。
 それから10分くらい走ったところで、後輪が重く感じるようになりました。
 「パンク?」
 停車して後輪を調べました。
 空気圧はパンパンです。
 パンクじゃない。
 ホッとしました。
 念のため前輪も。
 「ぷにゃっ」
 パンクしてる・・・・・。
 タイヤを見ると、ちぃ~さなガラス片のような物が刺さっていました。
 さっきの「きゅきゅ」っとかいう音は空気漏れの音だったのか・・・。
 ブレーキの辺りから聞こえていたのではなく、前輪からの音だったか。
 いつ刺さったのか?
 転んだ原因かもしれない。
 異物を踏んだため、空気圧が下がって転んでしまったのかも。
 チューブレスタイヤなので、すぐに空気が無くなるということはなかった。
 あんなところで転ぶなんてと思っていました。
 そう仮説を立てると、つまらないところで転んだ理由に納得できます。
 でも、結局のところ本当の原因はそうなのか分からずじまいです。
 目的地までまだ30分くらい走る位置でした。
 パンク修理をしている時間はありません。
 そのまま走りました。
 チューブレスタイヤは厚みがあると思います。
 そのためか空気が抜けても何とか走ることが出来ました。
 時速24キロで走れたので、遅刻せずに済みました。
 修理は帰りにしました。
 チューブレスタイヤのパンク修理はなかなかやっかいです。
 修理キットも買いました。
 説明書を読むと取っても面倒。
 とても野外でする気にはなれない内容でした。
 だから持ち歩いていません。
 試したこともありません。
 チューブレスタイヤがパンクしたら、チューブを入れることにしています。
 タイヤを外して、予備のチューブを組み込みました。
 手動と、CO2を充填できるハイブリッドポンプがあります。
 ガスを実戦で使うのは初めてです。
 チューブの組み込み方が悪かったのかガスが出ません。
 ボンベの付け方がよくないか・・・。
 外そうとしたら「パン!」と強烈な破裂音がしました。
 その一瞬の音とともにボンベの中のガスが消え去りました。
 あじゃじゃ・・・・。
 手動でせっせと入れるしかないのか・・・。
 ところが何回ポンピングしてもタイヤが膨らみません。
 このポンプ、買ってから1年経ちます。
 手動でも使うのは初めてでした。
 「使えないものを買ってしまったのか???」
 ショック!
 来たときのように、空気の抜けたタイヤでゆ~っくり帰るか・・・?
 走ってみましたら、チューブを組み込んだせいかうまく走れない。
 チューブの入れ方が悪かったか?
 もう一度タイヤを外して、組み直しました。
 しかし、空気が入らない。
 どうしよう・・・。
 もしかしてチューブに原因が?
 このタイヤのパンク修理用に用意しているチューブは、新品ではありません。
 あくまで「応急処置」なので、使い古しのチューブをそれにあてていました。
 そのチューブに穴が開いていたら???
 もしくは、組み込んだ時に穴をあけてしまっていたら???
 確かに、チューブレスタイヤにチューブを組み込む作業を軽く見ていました。
 雑にしていました。
 その作業中に穴をあけてしまった可能性はある・・・。
 もう一本の予備チューブを出しました。
 空気を入れてみるとしっかり膨らみます。
 いま入れているチューブはこんなにふくらまなかった気がします。
 今回の組む混み作業は慎重に行いました。
 そして半ば祈るような気持ちで空気を入れました。
 膨らむ膨らむ!!!
 やはり最初のチューブは穴が開いていたんだ・・・。
 いくらポンピングしても変化しなかったわけだ・・・。
 ガスでも手動でもできるハイブリッドポンプ。
 便利だと思って買ったけど役に立たない!
 買い換えるか!
 チューブレスタイヤもパンクすると厄介!
 これからは以前のようにチューブタイヤにするか!
 なんて思ったこともありました。
 でも、予備チューブに原因があったんだ。
 これでようやく帰れます。
 あまり膨らませすぎて破裂させても大変です。
 3気圧くらい入れて、ゆっくり家路に着くことにしました。
 途中、在庫ゼロとなった予備チューブを買い足しました。
 帰宅後、適正空気圧にしました。
 この自転車のタイヤは前後ともチューブレスタイヤにしています。
 しかし後輪に付けたタイヤは、空気の抜け具合が激しかった。
 新品の状態でそうでしたからおそらく不良品。
 そこでチューブを入れて使うことにしました。
 今回のパンクで前輪もチューブ入りになりました。
 これで前後共々チューブ入りチューブレスタイヤ。
 次の交換時期まで、チューブ入りチューブレスタイヤです。
 Imgp1065
 (まだ一度も成功していないハイブリッドポンポのガスカートリッジ)

 本日の自転車走行距離 34キロ
 
 今日出会ったねこ 4
 
 今日の間違いやすい探し
 
 「巻き込まれた」と「マキコ生まれた」は、間違いやすい。
 


 
 
 
 
 

|

« この夏のドアストッパー | トップページ | チューブレスタイヤの交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この夏のドアストッパー | トップページ | チューブレスタイヤの交換 »