« FAT BIKE 1 | トップページ | FAT BIKE 3 »

2015年3月14日 (土)

FAT BIKE 2

 雪の日対策に用意したFAT BIKE。
 この冬は雪が積もることなく終わりました。
 次の冬まで待機させるか?
 予想外に重量があるので、普段使う気になれないでいました。
 このままだと本当に冬まで待機になってしまいます。
 思い切って、乗ることにしました。
 休日を使ってテスト航行。
 荒川の土手をポタリング。
Imgp0222
 土手に出るまでは慣れないせいもあって走行感がいいとは思いませんでした。
 しかし、土手に出るとちょうど追い風になっていました。
 風に押されていい感じ。
 到着した時の試走ではなかったサイクルコンピュータも装備しました。
Imgp0224
 具体的な速度も分ります。
 23~25キロは出ました。
 「意外と出る」
 走行感も軽くいい調子です。
 でもいい走行感は追い風効果のおかげでもあります。
 どこまでも行けそうないい感じ。
 いい乗り心地。
 帰りはきついかも・・・。
 追い風の誘惑に乗って、どこまでも行くと危険です。
 適当なところで引き返しましょう。
 実際、向かい風には弱かった。
 自転車は総じて向かい風には弱いです。
 それにしてもFAT BIKEは弱かった。
 ぶっといタイヤで風を受けやすいデザイン。
 その重さ。
 向かい風には確かに弱そうだ・・・。
 20キロ以上出ていた速度は15キロまでに落ちました。
 遠くに行くのには向いてないのかな・・・。
 ショッピングモールによって買い物をしました。
 自転車から降りると、足がふらついている。
 本格的に自転車に乗り始めたころよくありました。
 でも最近は毎日のって体も出来てきたし、そういう感覚はありませんでした。
 ちょっと懐かしい感覚。
 重さのせいかな・・・。
 全行程18キロのテスト航行を終えて帰宅しました。
 階段を上げる時が一番苦労しました。
 やはり重い!
 なんといっても重い!
 しかし、追い風に助けられた時はいい感じでした。
 ずっと乗っていたいような乗り心地。
 向かい風に邪魔されなければ、いい自転車だということが分かりました。
 土手で未舗装路の走りも試してみました。
 「悪路なんか関係なく走れる」という触れ込みでした。
 でも、ぶっといタイやは反重力装置ではありません。
 やはり土の上、砂利の上を走ると遅くなります。
 でも、細いタイヤで行く時の気の使い方は全く必要なし。
 確かに「関係なく」行ける感じでした。
 この自転車を選んだもう一つの理由はディスクブレーキ装備ということ。
 このブレーキを使うのは初めてでした。
 雨の日もその制動力が変わらないそうです。
 一度使ってみたかった部品です。
 とてもいい感じでスピードコントロールが出来ました。
 雨の日走ったらどういう感じだろう?
 帰宅後、どひゃっと疲れてました。
 向かい風のせいでしょう・・・。
 それを差し引けば走行テストは上々でした。
  
 つづく。

 本日の自転車走行距離 20キロ
 
 今日出会ったねこ 5
  
 今日の間違いやすい探し
  
 「テストラン」と「ラストトラン」は、間違いやすい。

|

« FAT BIKE 1 | トップページ | FAT BIKE 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FAT BIKE 1 | トップページ | FAT BIKE 3 »