« クラシカルな自転車 全天候型自転車編 | トップページ | クラシカルな自転車 ブロンプトン編 »

2015年2月 7日 (土)

クラシカルな自転車 ロードレーサー編

 何となくクラッシックな自転車用品。
 ドロップハンドルには革製のバーテープを巻いています。
 それまで乗っていたMTBはハンドルグリップだったので着脱は簡単でした。
 ロードレーサーを手に入れた時、初めはふらったバーハンドルにするつもりでした。
 慣れていたハンドルということもあります。
 もう一つの理由がバーテープ。
 私はバーテープを巻くという作業が大嫌い。
 中学の時に使っていた自転車はドロップハンドル装備でした。
 バーテープの交換には毎回苦戦した記憶があります。
 交換しないでおけばいいのですが、汚れてきます。
 使っているうちにテープがずれて見苦しくなります。
 そんな経験からバーテープを使うハンドルは避けたいと思っていました。
 しかし、ドロップハンドルを使っている人の話、雑誌の評判。
 どれもこのハンドルを絶賛していました。
 それでドロップハンドルを付けることを決意しました。
 何とか交換回数を減らしたい。
 革製を選んだのはそんなところから始まりました。
 革製なら、長持ちするでしょう。
 汚れも「味」になります。
 そんな期待から革製バーテープを付けることにしました。
 手に入れてみると、テープの裏には両面テープが付いていました。
 ありゃ、これなら巻くのに便利、あとからずれてくる心配も少ない。
 確か中学時代に使っていたのは両面テープはついていなかったはず。
 はるかかなたの記憶です。
 両面テープのついた品を見て喜んだのでこの記憶は合っているでしょう。
 革製バーテープは、予想通り長持ちしました。
 汚れも「味」になり、ずれることもほとんどありませんでした。
 そして何より使い心地がいい。
 その後、ドロップハンドル装備の自転車も増えました。
 革製バーテープは、標準装備となりました。
Imgp0064
 最初のロードは、これに合わせた感じでBrooksの革サドルを付けました。
 しかしその後、タイオガのスパイダーサドルというのを手に入れました。
 樹脂製で網状になったサドルで、見た目に反して使い心地がいい。
 網目状なので屁をすればそのまま推進力として使えるところもいい。
 その後、長く自転車艦隊の標準装備となりました。
 一番新しいロードレーサーを手に入れた頃、Brooksのサドルの評判を聞きました。
 B17というのがすごくいいのだそうです。
 私が以前買ったものは廉価版の品でした。
 スパイダーサドル装着予定でしたが、それに換えました。
 スパイダーは、いいサドルです。
 しかし、網目状の構図上、どうしても使っているうちに折れてきます。
 これまでに何度も買い換えました。
 B17サドルの方がスパイダーよりも高価です。
 でも、長持ちするのだそうです。
 Imgp0063
 定期的に買い換えるスパイダーよりも初期投資はかかります。
 長く使うので、元は取れるでしょう。
 そして何より使い心地がとてもよかった。
 自転車艦隊標準装備と行きたい。
 しかし、初期費用がかかるので、まだ全艦には行きとどいていません。
 それと、雨の日用の全天候型自転車は装備しません。
 雨の日は樹脂製で網目状のスパイダーサドルがとても役に立ちます。
 革製品は雨に弱いのです。
 B17の影響で昔ながらの製法を守っている英国の製品を再評価しました。
 そこで見つけたのが、キャラダイスのバッグ。
 ひとつひとつが手作りだそうです。
 しかも防水加工!
 雨の日に使うつもりはありませんが、防水加工というのは嬉しい。
 特に幌製のバッグが好きなわけではありません。
 どちらかといえばナイロン製の方が軽くて好きです。
 昔からの製法、防水加工が気に入ったので買いました。
 B17とよく似合う。
 ちょっと重いですが気にいっています。
 自転車はチタンシルバーで自己主張しない色です。
 そのせいもあってか、革や幌の色が映えてクラシカルな感じになってきました。

 本日の自転車走行距離 28キロ

 今日出会ったねこ 19

 今日の間違いやすい探し
  

 「防水加工」と「防水カロエ」は、間違いやすい。


 

|

« クラシカルな自転車 全天候型自転車編 | トップページ | クラシカルな自転車 ブロンプトン編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラシカルな自転車 全天候型自転車編 | トップページ | クラシカルな自転車 ブロンプトン編 »