« クラシカルな自転車 ロードレーサー編 | トップページ | ルアーか毛針か »

2015年2月 8日 (日)

クラシカルな自転車 ブロンプトン編

 折り畳み自転車ブロンプトン。
Imgp0082
 完成度が高く、昔からあまりそのデザインを変えていません。
 ブロンプトンそのものが、クラッシックなデザインともいえるでしょう。
 去年の秋にサドルをBrooksのB17に換えました。
Imgp0079
 最初は、私の自転車艦隊の標準装備タイオガスパイダーサドルを付けていました。
 お気に入りのサドルということもありました。
 ブロンプトンの「クラッシック」な雰囲気を変えたいという思いもありました。
 しかし、どうも合わない。
 デザインでなく、使い心地がよくない。
 折り畳み小径車は、路面からの振動吸収力がどうしてもよくありません。
 サドルが合わないのはそのせいでしょう。
 手持ちのサドルをいくつか試しましたが、しっくりこない。
 Brooksの革サドル(廉価版)を最後に試しました。
 これもだめ。
 乗り心地が良くないので、いつしか使わなくなりました。
 その後、B17の評判を知って、それを買いました。
 といっても、それは別な自転車の為でした。
 そのサドルがいい。
 とても使い心地がよかった。
 ブロンプトンにどうだろう?
 試してみることにしました。
 もし合わなくても、別な自転車に使えます。
 届いたサドルを付けてみました。
 初めのうちは、別な自転車に付けた時のような感激はありませんでした。
 気が付くと、取り付け位置が微妙に前後にずれていました。
 サドルの位置は水平がいいのです。
 微調整を繰り返して、ようやく「いいところ」を見つけました。
 乗り心地ががぜん良くなりました。
 さすがB17!
 もしかしたら、歴代のサドルは、微調整の煮詰めが足りなかったのかもしれません。
 でもB17に巡り合えたからいいです。
 ブロンプトンとB17サドルの組み合わせはとてもよく似合います。
 サドル効果で、クラシカルな雰囲気の部品を選ぶようになりました。
 ハンドルグリップを革製のもにしました。
Imgp0078
 そんなに握り心地はいいとは思いません。
 でも、雰囲気がいい。
 砲弾型のライトを見つけました。
 電球はLEDです。
Imgp0076
 点けてみるとそんなに明るくない。
 よく考えてみると、キャットアイのVOLT300という高性能のライトを持っていました。
Imgp0077
 ライトを買い足す必要はありませんでした。
 でも、ブロンプトンによく似合うということで良しとします。
 他の自転車もサドルをB17にしたおかげで、クラシカルな雰囲気になりました。
 サドルの効果が意外な所に出ている気がします。

  本日の自転車走行距離 38キロ

  今日出会ったねこ 4

  今日の間違いやすい探し

  「お盆休み」と「おでん休み」は、間違いやすい。


|

« クラシカルな自転車 ロードレーサー編 | トップページ | ルアーか毛針か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラシカルな自転車 ロードレーサー編 | トップページ | ルアーか毛針か »