« ウィルス当番 | トップページ | 立ちくらみ・くら・くら »

2015年1月23日 (金)

ブロンプトン用チタンボルト

 折り畳み自転車ブロンプトンの改造をしました。
 ボルトをチタン製のものと交換。
 前輪フォークの基部から固定しているボルトの交換。
Imgp0075
 こんなところにボルトが付いている。
 しかもこの部分をチタン製に交換できる。
 そんなことに気が付きませんでした。
 インターネットの情報筋から仕入れて、早速試してみました。
 チタン製に換えるメリットは軽量化。
 それと錆び防止です。
 自転車にすると見えないところにあるので、錆びはつきそうもない。
 軽量化といっても大したことはないでしょう。
 でもチタンは好きです。
 届いたボルトを手に取ってみて驚きました。
 仕上げが丁寧で、きれい。
Imgp0074
 (到着したチタン製ボルト 大きさ対比用鏡ちゃん(ミニ))
 そして何よりチタン独特の手触りがいい。
 言葉では説明しにくいですが、なめらかな感じがして、ずっと触っていたいほど。
 鉄製の純正品とはあきらかに違う手触り。
 表面が滑らかなの仕上げもこの手触りに貢献していると思います。
 ボルトは取りつけてしまうとそれでおしまい。
 二度と目にすることはないでしょう。
 そんな「消耗品的」なものとしてとらえていたので、正直期待はしていませんでした。
 この手触りに買ってよかった。
 純正ボルトを外して交換です。
 元のボルトは就航以来着いていたせいもあって、汚れていました。
Imgp0076
( 上 大きさ対比用鏡ちゃん(ミニ) 中 ぴかぴかつるつるのチタンボルト 下 純正ボルト)
 新しいぴかぴかのボルトに交換して気持ちがいい。
Imgp0077
(きれいなボルトに交換)

 本日の自転車走行距離 34キロ

 今日出会ったねこ 2 
 
 今日の間違いやすい探し
  
 
 「真中の穴」と「漫画家の穴」は、間違いやすい。

|

« ウィルス当番 | トップページ | 立ちくらみ・くら・くら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウィルス当番 | トップページ | 立ちくらみ・くら・くら »