« Brooksの革サドルを | トップページ | ねこのトレイ »

2015年1月 6日 (火)

ギザのバーテープを

 ロードレーサーのバーテープを換えました。
 今まではフジトシの革製バーテープを使っていました。
 作らなくなったのか、手に入りにくくなりました。 
 革製テープがいい。
 他を探すとギザの革テープが見つかりました。
 今度からこれを使いましょう。
Imgp0005
 革製テープは長持ちするので気にいっています。
 新しいバーテープ、古いけれど換えたサドルで走ってみました。
 サドルの方が気になって、バーテープは変わったことが殆ど分かりませんでした。
 冬用厚手のグローブで、握った感じが鈍っているせいでしょう。
 サドルは、高さを調節すると、どうにか使えるようになりました。
 鋲がお尻に当たって痛かったのですが、それも気にならなくなりました。
 高さが決め手か・・・。
 廉価版のBrooksサドル、悪くはないけれど、良くもない。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2015/01/post-cae8.html
 もう少しこのサドルを使ってみることにしました。
 帰宅して、自転車を何となく見ていたらハンドルの角度が変なことに気がつきました。
 角度がずれてきた。
 ドロップハンドルの下部分が地面と平行になるのが私の好みです。
 その下部分が平行でなくなっている。
 乗っているうちに力が入って少しずつずれてきたようでした。
 ステムのボルトを緩めて、ハンドルの角度を直しました。
 「これでよし」
 次に乗った時、走り出してすぐに気がつきました。
 「ペダルを踏み込んだ感じが違う」
 踏み込んだ力がそのまま走りになっていく感じがしました。
 つまりいい感じ。
 なぜ?
 「追い風か?」
 風はゆるいけれどどちらかというと向かい風。
 風のせいじゃない。
 ハンドルを握った感じも違うことに気がつきました。
 「太くなっている」
 バーテープを変えた感触が伝わってる!
 古いバーテープはやせて薄くなっていました。
 新しいのは厚みもあり、見た目にもハンドルは太いです。
 でも、その違いをさほど感じられませんでした。
 なんで?
 ハンドルの角度を直したから?
 他にはいじっていないので考えられません。
 乗り心地も柔らかくなっていました。
 実はサドルを換えてから、乗り心地が固くなった気がしていました。
 前はもっと柔らかい感じがしていました。
 これも「廉価版革サドル」のせいだと思っていました。
 しかし、その革サドルも乗り心地が良くなっていました。
 サドルの高さを調整して走った時は乗り心地は変わっていませんでした。
 ハンドルの角度を直したのがそんなによかったのか・・・。
 ハンドル下部分を地面と平行にするのは私の好みです。
 ドロップハンドルを付けた自転車に共通する「正解」ではありません。
Imgp0019
 私は地面と平行になる位置で使うようブレーキレバーを設置しています。
 角度を直したということは、「正しい乗車姿勢」が取れるようになったのでしょう。
 乗り心地の柔らかさも「この自転車、そうだった」という感じに戻りました。
 何より、ハンドルを持った感じが変わりました。
 新しいバーテープの感触が冬用の厚いグローブを通してでも伝わるのです。
 劇的!
 ハンドルの角度を直しただけで、こんなに何もかも変るとは思いませんでした。
 毎日の乗車で少しずつ角度がずれていたので、気がつかなかったんだ。
 偶然ですが、「正しい乗車姿勢」に戻れました。
 サドルの使い勝手も良くなって、一石二鳥でした。

 本日の自転車走行距離

 今日出会ったねこ 1

 今日の間違いやすい探し
 
 「一石二鳥」と「隕石二鳥」は、間違いやすい。


 

|

« Brooksの革サドルを | トップページ | ねこのトレイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Brooksの革サドルを | トップページ | ねこのトレイ »