« パドローネ没収 | トップページ | 暗いところで目を閉じる »

2014年12月28日 (日)

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」

 映画「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」を観てきました。
http://yamato2199.net/about/story_a.html
 公開後、すぐに行くつもりでしたが別な用事と重なり、すぐには行かれませんでした。
 ようやく、その機会が持てました。
 確か、行こうと思っていた時期には上映時間が午後からだったと思います。
 行かれない間に劇場のスケジュールも変わり、午前中の回が出来ていました。
 私は、朝一番で動くのが好みです。
 待っていたわけではありませんが、待った甲斐がありました。
 有楽町の映画館で観てきました。
 劇場から離れたところにある有料駐輪場に自転車を停めました。
 そこから歩いて劇場へ。
 中学生のころ、横浜ではやっていない映画を観に時々有楽町へ来ていました。
 映画の後、この辺りを散策して楽しんでいました。
 東京に越してから、有楽町へはよく来ています。
 しかし、自転車で来て用事だけ済ませて帰ってしまいます。
 ゆっくりと有楽町を歩いたのは久しぶりでした。
 日劇があった頃ですから、随分と前のことです。
 東京へ一人で行く、映画へ行く。
 そんなことが「大人」へ近づくように思えて嬉しかった時期です。
 店も様変わりしていましたが、面影は残っていました。
 映画は、面白かったです。
 テレビシリーズ「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編。
 毎週楽しみに観ていました。
 最終回とその前の間に起こった物語でした。
 最終回では、そんな大事件が起きたとは一言も言ってくれなかったのに・・・。
 オープニングテーマ曲が葉加瀬太郎氏のバイオリンの演奏。
 「あっ、かっこいい」
 テレビシリーズを観ていなかった人の為に画像にセリフが入りました。
 それはそれで必要な演出なのでしょうが、バイオリン演奏がよく聞こえない・・・。
 劇中にはテレビシリーズで「死んじゃったはずでは?」という方々が登場。
 実は、九死に一生を得て生き延びていたのだそうです。
 テレビでは完全にだめだったように観えたけれど・・・。
 思い出してみれば、「ヤマト」は昔からそういうことがよく起こった気がします。
 今度の敵のガトランティス帝国というのは、オリジナルにも出てきていました。
 結構好きは適役でした。
 今回はがらりと性格が変わって、戦うことが大好きな人々になっていました。
 「スタートレック」のクリンゴン人みたい。
 物語は今回の映画では完結しないようでした。
 続きがどうなるのか楽しみです。

  本日の自転車走行距離 25キロ

  今日出会ったねこ 4

  今日の間違いやすい探し

 「楽しみに」と「谷の染みに」は、間違いやすい。

  

|

« パドローネ没収 | トップページ | 暗いところで目を閉じる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パドローネ没収 | トップページ | 暗いところで目を閉じる »