« 小田原へ 2 | トップページ | 禁止事項 »

2014年11月27日 (木)

小田原へ 3

 大涌谷で黒卵を食べて小休止して、御殿場に向かいました。
 今度は下り坂。
 冷たい風に吹かれて冷えたのと、くだりに備えて上着を着込みました。
Imgp2140
 厚めの服を着てきたことを後悔しかけました。
 しかし、これでよかった。
 やはり箱根は寒い。
 きっと御殿場はもっと寒いでしょう。
 下るとすぐに芦ノ湖に出ました。
 そして仙石原に。
Imgp2141
 仙石原は来たという記憶が無いところでした。
 それでもなぜか見覚えがありました。
 ああ・・・、テレビの旅番組で観たんだっけか。
 ずっと「戦国原」と思っていました。
 その語感から「戦場ヶ原」と自分の中でつながっていました。
 さらにそこは「関ヶ原」とつながっていた。
 「せ」と「原」しか合ってない・・・。
 仙石原から再び登りになりました。
 長尾峠を越えると静岡県に入ります。
Imgp2142
Imgp2143
 くだりで一気に御殿場へ。
 小田原、箱根、御殿場は、ともに私にはなじみの深いところです。
 しかし、今回そこを通った時に「懐かしさ」を感じませんでした。
 そういえば、小田原は1月、箱根と御殿場は8月に行っています。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2014/01/post-a302.html
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2014/08/post-67e1.html
 それもあって「ひさしぶりぃ~、懐かしい~」という感じが少なかったのでしょう。
 御殿場でちょっと遅めの昼食に。
 「みくりや」という蕎麦屋さんで。
 この辺りは何となく見覚えがありました。
 番地表示を見ると「東田中」とありました。
 「ひがたな」だ・・・。
 この辺りによく遊びに来ていた時期がありました。
 みくりやの明日向かいにあるブックオフへよく行ったものでした。
 昼食後、駅前のコンビニによって補給。
 この先、補給地点は無いそうです。
 店の裏で御殿場ねこを発見。
Imgp2145
 おばあさんに食べ物をもらっていました。
 補給完了後、出航です。
 足柄峠を越えて、再び小田原へ。
 駅のそばのケーキ屋さんの前を通りました。
 ここのモンブランが変わっている。
 クリームがクッキー生地のような台に乗っています。
 その台が船のような形をしているので「船モンブラン」と呼んでいました。
 クリームも台もおいしい。
 でも、困ったことが一つだけ。
 お店に入っても誰もいない。
 奥の母家にいるようなのです。
 呼んでもなかなか出てこない。
 何度も呼んで、もうあきらめかけたころようやくおじいさんが出てきます。
 そこでやっと買うことが出来るのです。
 あれから随分行っていませんが、おじいさんは達者でしょうか。
 途中で仲間がはぐれてしまいました。
 我々が曲がったところをまっすぐに行ってしまったようでした。
 探しに行っても見つからない。
 待っても来ない。
 携帯で連絡もつかない。
 足柄駅で会えるだろうということで出発することにしました。
 無事に足柄駅で合流。
 やはりまっすぐに行ってしまったということでした。
 あとで知ったことですが、フェイスブックに状況を上げておいたそうです。
 私の携帯ではそんなことはできないので、新鮮な驚き。
 携帯を買う前に、でかけた仲間がはぐれたことがありました。
 その仲間を探すのに携帯を使って連絡を取って無事に合流することが出来ました。
 その時の連携の良さに感心しました。
 持つ予定はなかった携帯を買うことを決意しました。
 たまたまその翌日が休日でした。
 新聞と一緒に入っていた携帯の広告を見て買いに行きました。
 今回も同じようなことが起きました。
 でも、スマートフォンを買う気にはなっていません。
 「これはこれでいいか」という感じです。
 再び全員がそろいました。
 足柄峠を越えます。
 また登り道だ・・・。
 足柄峠は自転車で一度行ったことがありました。
 横浜の家から御殿場の方に行った時のこと。
 246号線を辿って行きました。
 途中から自転車の走れるような道ではなくなってきました。
 自動車専用道路という感じ。
 とても走りにくいので予定を変更。
 足柄峠が近かったので、小田原方面へ出て帰ることにしました。
 その時とは違う道で足柄峠に到着しました。
Imgp2146
 後は下って、小田原市街へ。
 この下りが長くて面白かった。
 山を降りた後も緩やかな下りがず~っと続きました。
 スピードが落ちない。
 漕がなくても進む。
 とても気持ちい。
 でも、反対にここを上がるのはいやだな・・・。
 やがて、平地に出でしばらく走り小田原駅へ。
 そこで温泉組と帰り組に別れて解散です。
 私は帰り組。
 藤沢辺りまで走るつもりでしたが、日は落ちていました。
 道はわかっていますが、暗いとテンションも下がります。
 電車で帰ることにしました。
 他の人たちは小田急線へ。
 私は二日前に伊勢原に行った時に小田急に乗ったばかり。
 行きと同じ東海道線を選びました。
 品川か東京駅から走るつもりでした。
 乗り替えれば、最寄りの駅まで行けることがわかりました。
 たっぷり一日楽しめました。
 翌日はけっこう疲れていました。
 小田原から箱根を越えて御殿場、再び小田原へ。
 距離は100キロありませんでした。
 しかし、上り下りの連続はかなりこたえたようでした。
 仕事のシフトの都合で割とゆっくり出来たのはラッキーでした。

 本日の自転車走行距離 20キロ

 今日出会ったねこ 1

 今日の間違いやすい探し

 「主人公の出身地」と「主人公の失神」は、間違いやすい。
 

|

« 小田原へ 2 | トップページ | 禁止事項 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小田原へ 2 | トップページ | 禁止事項 »