« 井土ヶ谷から磯子へ 1 | トップページ | 猿のいない「猿島」上陸記 »

2014年10月19日 (日)

井土ヶ谷から磯子へ 2

 井土ヶ谷から磯子への続き。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2014/10/post-9165.html
 行動範囲から少しずれていて、知ってはいるけれど詳しくはないところでした。
 岡村天神の前を通りました。
Imgp1718
 毎年家族で初詣に来ていました。
 急な坂を登らないと行けないので、今回は行きませんでした。
 確かこのあたりで、私はピアノを習っていた記憶があります。
 先生に宝箱のおもちゃをもらった記憶があります。
 気に入っていたのですが、帰りのバスの中で落として壊してしまいました。
 とても残念でした。
 その教室の記憶はそれしかありません。
 私の人生の中で何度かピアノを習っていた時期がありました。
 いずれも続かなかったようでした。
 音楽よりもものを作る方が好きだったようです。
 この辺りからの道は、20代にになってから見つけたところを通ります。
 本格的に自転車で走るようになって、三浦半島方面に出るときに使った道です。
 あるいて辿るのは初めてでした。
 サドルの上から見るのと、歩くのでは風景がちょっととだけ違って見えるのです。
 うろ覚えのまま、歩いて行きました。
 後で考えれば、「ここで曲がる」というところをまっすぐ行ってしまいました。
 見たこともないところに出ました。
 道に迷ったようでした。
 この道を行けばどこに出るかはわかりません。
 しかし、方角はわかるので心配はありません。
 同じ道を戻るのはつまらない。
 このまま進むことにしました。
 「この先行き止まり」という表示がありました。
 でも、それは車のためのものでしょう。
 人は何とかなるものです。
 構わずに進みました。
 なるほど、階段にぶつかりました。
 車は行かれないね。
 でも人はだいじょうぶ。
 階段を上ると、丘の頂上へ出ました。
 今まで来たことのないところに出ました。
 新しく出来た高級住宅地という感じのところ。
 坂の下は古くからある家並みで、こことは感じがまるで違いました。
Imgp1720
 その違いがおもしろい。
 丘の上から、岡村天神のある丘が見渡せました。
Imgp1719
 「公園がある」
 そうだ、岡村天神のすぐ隣は大きな公園だったっけ。
 岡村公園だったかな・・・・。
 ずいぶん行っていないので、忘れかけています。
 時間もあったし、見に行ってもよかったかな・・・。
 番地表示を見ると「磯子」とありました。
 この丘を下れば、目指す磯子ですね。
 坂を下って行きました。
 急な坂で傾斜は15パーセントくらいありました。
Imgp1721
 あの高級住宅地に住むには、この傾斜を行き来するんですね。
 車も来ない静かな道、後ろ向きで歩いてみました。
 ひざの裏が伸びる。
 後ろ向きで急な坂道を歩くと、ひざの裏が伸びで気持ちがいい。
 坂を下りて16号線に出ました。
 目指す駅まであと少し。
 途中で磯子中央病院を見かけました。
 ありゃ、どこかで聞いたことがある名前・・・。
 そうだ、私は中学生の夏休みにこの病院に入院したことがありました。
 塾の夏期講習の帰り、次に目を開けたら病院でした。
 どうも自転車で転んで頭を打ったようでした。
 どなたかが救急車を呼んでくれたようで、気が付いたら病院にいました。
 両親が心配そうに付き添ってくれていました。
 しばらく何が起きたのかわからなかった。
 そこは個人の病院だったため、検査のために大きな病院に運ばれました。
 一度目に救急車の乗った時は、意識がなかったのでわからなかった。
 でも、二度目は救急車体験を味わえました。
 その時運ばれたのが磯子中央病院でした。
 脳震盪ということで、5日間入院しました。
 その病院。
 でも、場所が違う。
 移転したのか?
 外から見た感じでは、入院病棟はなさそう。
 離れたところに建て増ししたようでした。
 駅に向かって、歩いていたら横浜駅行きのバスとすれ違いました。
 バスで行くのもいい。
 JRの磯子駅へ行くのは中止してバスに乗ることにしました。
 バスで横浜駅へ。
 バスから見る景色もかつてよく立ちまわったところばかり。
 それにまつわる思い出を思い出しながら帰りました。

 本日の自転車走行距離 0

 今日出会ったねこ 1

 今日の間違いやすい探し

 「井土ヶ谷」と「インドがいや」は、間違いやすい。

|

« 井土ヶ谷から磯子へ 1 | トップページ | 猿のいない「猿島」上陸記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 井土ヶ谷から磯子へ 1 | トップページ | 猿のいない「猿島」上陸記 »