« 碓氷峠へ  | トップページ | 一つ成ってた »

2014年9月25日 (木)

妙義山へ

 サイクリング後半、昼食後は妙義山方面へ向かいました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2014/09/post-8658.html
 坂を下って、下仁田に。
Imgp1585
 横浜に住んでいた頃、中里村に行く時に下仁田から出発したことがありました。
 今回通ったところは、その時の道ではありません。
 けれど、何となく懐かしい。
 「群馬な感じ」がしました。
 途中、ドーナツ屋さんで小休止。
Imgp1586
 ここのドーナツは有名だそうです。
 でも、甘いもの、炭水化物をやめてしまった私は食べませんでした。
 しかし、今回持参の携行食はカロリーメイト。
 炭水化物の塊だ・・・。
 私たちの短い滞在中、この店に次から次へと車がやってきました。
 本当に有名なんだ。
 隣のお店の屋号が「ストロング商店」でした。
 何となくユーモラスな屋号。
 もう商いはしていないようですが、燃料店だったみたいでした。
 ドーナツを食べた後、お茶が欲しくなりまた休憩。
 けっこう大きな茶店に入りました。
 ここの名物はこんにゃく。
 そう、下仁田はねぎとこんにゃくが特産品。
 メニューの殆どがこんにゃくでした。
 私は「そばこんにゃく」なるものを頼みました。
 待っている間に、山盛りのこんにゃくの煮付けを持ってきてくれました。
Imgp1588
(皆が箸をつけた後の撮影、もっとたくさん入っていました)
 それもふた皿。
 すごい量!
 何も注文しなくても良かったほど。
 味付けは少し辛かったですが、美味しかった。
 明日はいいうんこが出来そうです。
 そばこんにゃくはこんな感じ。
Imgp1589
 そば粉がねり込んであるとか。
 休憩を終えて、いよいよ妙義山へ出発です。
 ここからは登りだとか・・・。
 登りは長くそしてきつかった。
 こんにゃくをたくさん食べたから、お腹一杯だと思っていました。
 しかし、あっという間に空腹に・・・。
 こんにゃくは腹もちが悪いのか?
 携行食のカロリーメイトに手を出したくなりましたが、頂上まで我慢。
 ゆっくり、じっくりペダルを踏んで進みました。
 苦闘の末、頂上に到着。
 その景色のみごとだったこと!
Imgp1590
Imgp1591
 碓氷峠の方から見たゴジラの背中みたいな景色が間近に迫っていました。
 ああ・・・来てよかった。
 夕方になってきたので、日差しも柔らかくなりました。
 その光線の加減が奇麗な景色を見せてくれました。
 山頂の売店で休憩と補給。
Imgp1592
 あとは、山を下るだけ。
 磯部駅へ向かって走りました。
 本体は駅の傍の温泉へ。
 私はここで別れて一足先に帰ることに。
 まだ赤羽から走らなければなりません。
 駅について、時刻表を見たらちょうど電車の来る時間。
 じぇじぇ。間にあわない。
 次の瞬間ホームに電車が入って来ました。
 自転車は車内で分解して袋詰めにするからこのまま乗せてくれないかな・・・。
 そうはいかないだろうから、一台見送ることにしました。
 次の電車は、私が調べてきた時刻のものでした。
 あ・・・計画通りなのね、まあ、いいか。
 輪行準備を整えてホームに入り電車を待ちました。
 路線図を見たら高崎まで8駅しかない。
 輪行準備をしないであのまま走ったらどうだっただろうか?
 ナビも持っていたので道の心配貼りません。
 次の電車を待つより早く高崎に着けたかも。
 でも、もう電車に乗り支度はしてしまったし、今回はこれでいいか。
 高崎で電車を乗り換えて、赤羽に行きました。
 ここから走って帰ります。
 中里村に行く時は、日のあるうちに帰る計画でした。
 時期も真夏なので明るい。
 今回は真っ暗になっていました。
Imgp1593
 行きは向かい風だったので、帰りは追い風だろうと思っていました。
 しかし、午前と午後で風向きが変わったようでした。
 帰りも向かい風。
 まあ、こればっかりは仕方ない。
 荒川を下って、1時間ほど走って帰宅しました。
 走行距離125キロ。
 いい休日、楽しい旅でした。

 本日の自転車走行距離 23キロ

 今日出会ったねこ 4

 今日の間違いやすい探し

 「あなたは知っていますか」と「あなた走っていますか」は、間違いやすい。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】50歳からは炭水化物をやめなさい [ 藤田紘一郎 ]価格:1,404円(税込、送料込)
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f11807721%2f%3fscid%3daf_link_tbl&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f15979212%2f
 
 

|

« 碓氷峠へ  | トップページ | 一つ成ってた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 碓氷峠へ  | トップページ | 一つ成ってた »