« ねこの最終日 | トップページ | 俺は男だ! »

2014年8月15日 (金)

ねこの別れ

 姪のねこが帰りました。
 始めはお互いぎくしゃくしていました。 
 3日目くらいからようやく慣れてきた感じでした。
 鼻と鼻をくっつける挨拶もするようになっていました。
 それでも、うちのねこが時々追いかけてかけずり回ることも。
 しばらくすると、お互い疲れて中断、休憩。
 それはそれでいい運動になっていたようでした。
 仲良くなってきたんと思ったら、さよならの時間になりました。
 姪が迎えに来ました。
Imgp1271
Imgp1273
 輸送用バスケットを開けると、姪ねこはサッサと入ってしまいました。
Imgp1274
Imgp1275
 やはり自分のうちが一番なのでしょう。
 送る時に、うちのねこを抱き上げました。
 ちょっと震えてる。
 自分もどこかに連れて行かれると思ったのか?
 だいじょうぶ。見送るだけ。
 姪ねこのケージを片づけた居間はやたらと広く感じました。
 その後、うちのねこがよく寝ること。
 気疲れしたのか、気にかかることが無くなって寝るほかなくなったのか。
 夜に目覚めて、姪ねこがよく隠れた場所を覗いていました。
 小学生の頃、夏休みに同い年のいとこがよく泊まりに来ました。
 彼が帰った後はぽっかり穴があいたような気分になりました。
 うちのねこもそんな感じかな・・・。
 うちのねこにとって、楽しい夏休みとなりました。
 またおいで。
 夜はケージで寝かせています。
 ケージに入る前に抱き上げるとゴロゴロいっていました。
 そういえば、姪ねこ滞在中はあまり甘えに来なかった。
 姪ねこと遊ぶことに心を奪われていたということもあるでしょう。
 もしかしたら姪ねこの手前、甘えられなかったのかもしれません。

 本日の自転車走行距離 37キロ

 今日出会ったねこ 1

 今日の間違いやすい探し

 「どこかに連れていかれる」と「ドアに連れて行かれる」は、間違いやすい。
 

|

« ねこの最終日 | トップページ | 俺は男だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ねこの最終日 | トップページ | 俺は男だ! »