« ハイブリッドライトが・・・ | トップページ | 豆乳ヨーグルト »

2014年6月14日 (土)

サンコーポータブル風力発電機

 自転車用ナビにパナソニックのゴリラというのを使っています。
 目的地の道を細かに案内してくれます。
 この機能は、知らない所に行く時にとても便利です。
 でも、欠点が二つ。
 画面が炎天下では見づらいこと。
 バッテリーの持ちが悪いこと。
 一つ目は、バックライトを明るくすれば、見にくいですがなんとかなります。
 二つ目は、どうしようもない・・・。
 バックライトを明るくすれば、それだけ稼働時間が短くなります。
 知らない道を走る時だけ、使うようにしています。
 サンコーポータブル風力発電機をというのがあるのを知りました。
 自転車に付けて、乗っている時の風で充電できる!
 作った電気を他の機械に充電できるんだそうです。
 そこが嬉しい。
 太陽光で単三型充電池を4本充電できるものを持っています。
 しかし、随分前に買った品で、他の機械に直接は充電できません。
 自転車走行時の風で充電できるのは面白そうです。
 恐らく、そんなに効率的に風力を電気には変えられないでしょう。
 夏に、群馬県の中里村というところに行きます。
 行きは、登りますが、帰りは殆どが下り坂。
 下りで起きる風が利用出来そうです。
 中里村から、JRの駅まで行く時にナビを使います。
 この時の予備電源として活躍させられそうです。
 本当は、バッテリーが無くなるほど長時間使いません。
 山から下りたところまでは道に迷いません。
 そこから起動させれば、1時間以内に着きます。
 でも、これを口実にして買うことにしました。
 届いたものを先ずはテストしました。
 ほぼフル充電の電池を入れて、電池が空になっているナビの接続。
Imgp0737
 充電中のパイロットランプが点きました。
 風力発電機のランプが消えるまで、20時間ほどかかりました。
 ナビを付けてみました。
 充電マークは3分の2。
 20時間かけましたが、フルチャージにはならないか。
 単3型充電池が2本分なのでこれは仕方ない。
 いざという時の予備ですね・・・。
 直接充電にかかる時間と、その量は分かりました。
 今度は、自転車につけて、風力で充電させるのはどうか。
 ハンドルに乗せると意外と大きな機械です。
 これをつけるスペースがありません。
 取り付けアダプターを押し入れから引っ張り出して来ました。
 これに付けられれば、ハンドルに余分なスペースを確保できます。
 うまい具合に付きました。
Imgp0741
(当日はこんな風に使いたい)
 あとは走行実験。
 自転車を走らせると風車がくるくる回って面白い。
 充電中のパイロットランプも点きました。
 しかし、大きい。
 走行中に風車に目が行ってしまいます。
 別な言い方をすると邪魔です。
Imgp0742
 下向けに付けたらどうでしょう?
 機械を上下さかさまにしました。
 走行の振動で落ちることも無く風車は回ってくれました。
Imgp0743
 充電池をフルチャージさせるにはどのくらいかかるのでしょう?
 たぶん、1日中走るようなツーリングに出かけ無いとダメでしょう。
 向かい風の強い日、川原を走る日など風を利用できる機会はあります。
 自転車に乗っているといやな向かい風です。
 でも、これからは向かい風が楽しめるかもしれません。

 本日の自転車走行距離 37キロ

 今日であったねこ 1

 今日の間違いやすい探し

 「共通の現象」と「共通の減少」は、間違いやすい。

自転車、バイクに乗ってるだけで、ちょっと得した気分になってみる?●◆サンコー ポータブル風...価格:4,357円(税込、送料別)
 
 
 
 
 
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/12c8eeac.55f7e38f.12c8eead.3200e466/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2ffami2%2f50043463%2f%3fscid%3daf_link_tbl&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2ffami2%2fi%2f10111201%2f

|

« ハイブリッドライトが・・・ | トップページ | 豆乳ヨーグルト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイブリッドライトが・・・ | トップページ | 豆乳ヨーグルト »