« 毛布実験 | トップページ | かいもの »

2014年3月20日 (木)

空気入れが・・・

 出勤前に自転車のタイヤに空気を入れようとしました。
 口金をバルブにさして、ポンピング開始。
 「ぷしゅぅ~」
 空気の抜ける音。
 その音はポンプの頭の方からしました。
 ありゃ・・・ついに壊れた。
 空気入れが壊れました。
 5,6年使い続けました。
 おまけにバルブを伝わって、タイヤに入っていた空気まで抜けていく・・・。
 じぇじぇじぇじぇ!
 ポンプが壊れるのはいい。
 でも、タイヤの空気を持っていくな!
 あっという間にタイヤはぺしゃんこ。
 使おうと思っていた自転車が走れなくなりました。
 携帯用のポンプで空気を入れることはできます。
 でも、9気圧は入れたい。
 片道20数キロと、まとまった距離を走る予定のある日でした。
 目分量で無く、しっかり測って入れたい。
 目盛りの付いていない、しかも小型の携帯ポンプでそれは難しいです。
 もう一台の自転車なら空気は数日前に入れたばかりでした。
 それで行くことにしました。
 
 
 その時から空気入れの調子はおかしかった。
 空気を入れようとすると何度も口金が外れました。
 
 それが最後の仕事になってしまいました。
 「そろそろ買い替えかな」と思っていた時でした。
 帰り道、お店を覗いて、使えそうな品と値段を見ておきました。
 その日は、そのお店の近くを通る日でした。
 前日も翌日も通らないけれど、その日だけ通る。
 帰りに新しい空気入れを買うことができます。
 買い換えるなら「今でしょ!じぇじぇじぇ」
 出がけに空気入れが壊れたのは、ショックでした。
 走れる空気圧になっている自転車は、4台中たった1台。
 空気入れが壊れただけで自転車艦隊壊滅の危機。
 運が良かったのは、空気を入れたばかりの自転車が1台あったこと。
 そして、買い換えの空気入れの下見を済ませていたこと。
 更に運がいいのはそのお店がその日の航路上にあったこと。
 3月中の買い換えなので増税の影響を受けないこと。
 数え上げるとけっこう幸運に囲まれていました。
 帰りにお店に寄って、新しい空気入れを買いました。
 迷った末に、今までと同じものを選びました。
 同じものを選べば、使い勝手は慣れているので便利です。
 ただ欠点は「新しいものを買った」という新鮮味に欠けること。
Imgp0320
(右 壊れた空気入れ 左 新品の空気入れ 真ん中 大きさ対比用 馬と鏡ちゃん)

 本日の自転車走行距離 0

 今日であったねこ 1

 今日の間違いやすい探し

 「途方に暮れる」と「東宝映画にくれる」は、間違いやすい。
 
 

|

« 毛布実験 | トップページ | かいもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毛布実験 | トップページ | かいもの »