« 横浜銀行 | トップページ | あきらめた瞬間に「あきらめた」という現実を受け入れてしまうので・・・ »

2014年3月31日 (月)

誰かとどこかで

 小学生の頃、風邪をひいて学校を休んだ時はラジオを聞いていました。
 主に聞いていたのがNHK第二放送とTBSでした。
 NHKは教育番組、中学生日記みたいなのが好きでした。
 TBSを聞いていたのは、受信状態が良かったから。
 そしてなんとなく、内容の波長も自分と合っていた気がしました。
 そんな経験が基盤になっていたのかもしれません。
 「ラジオを聞くならTBS」その後もTBSラジオをよく聞くようになりました。
 その中で永六輔の番組が好きでよく聞いていました。
 「誰かとどこかで」は、昼間の番組なのでなかなか聞けませんでした。
 学生時代になってから聞くようになりました。
 夏休みなどの長期休暇だったか、自主的に学校に行かない時だったか・・・。
 永氏の話は面白かった。
 氏独特の視点から物事を見て話題にする感じがとても面白かったです。
 学生時代には氏の本も読んで、結構影響を受けていました。
 その番組がCDになったということを知りました。
 さっそく注文。
 届いたのを聞きました。
 今聞いても面白い。
 本放送では、永六輔と遠藤泰子が即興でやるスポンサー桃屋のCMがありました。
 それはCDには未収録。
 残念ですが、CDを聞いた人が「今の商品」と勘違いするかもしれません。
 未収録なのは仕方がないのか。
Imgp0383
 本日の自転車走行距離 19キロ

 今日出会ったねこ 2

 今日の間違いやすい探し

 「小麦の販売」と「小麦の三倍」は、間違いやすい。

【送料無料】永六輔の誰かとどこかで1 1986年 [ 永六輔、遠藤泰子 ] 価格:3,675円(税5%込、送料込)

http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f12646612%2f%3fscid%3daf_link_tbl&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f16793419%2f

|

« 横浜銀行 | トップページ | あきらめた瞬間に「あきらめた」という現実を受け入れてしまうので・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜銀行 | トップページ | あきらめた瞬間に「あきらめた」という現実を受け入れてしまうので・・・ »