« サドルバッグを変える | トップページ | 雨の後の自転車メンテナンス »

2014年3月 6日 (木)

ブレーキシューか・・・

 昨日の雨の中、雨中航行をしました。
 ふと気が付くと、ブレーキシューとリム(車輪)の間が随分空いていました。
 なんで?
 ワイヤーが緩んだ?
 前の日にブレーキシューを交換したばかりでした。
 新品ではないですが、別な自転車に付いていたもの。
 リムとの摩擦熱でシューの表面が炭化してしまいました。
 表面がつるつるになっていまったので、効きが悪くなりました。
 外して、全天候型の自転車に付け換えました。
 つるつるになっても、雨の日に使えばすり減ってつるつるじゃなくなります。
 無駄なく使えるので、炭化したシューは全天候型に移しています。
 その交換したシューをよく見たら、半分近くすり減っていました。
 シューが減ったから、リムとの間が空いたんだ。
 ワイヤーが緩んだのではありませんでした。
 雨の日はブレーキが利きにくくなります。
 ブレーキシューの消耗も早いです。
 
 リムとその間に入った雨水との摩擦でみるみるすり減ります。
 
 新品では無いといっても、そんなに減ったものではありませんでした。
 一日でこんなに減ったんだ。
 
 昨日は45キロほど走りました。
 なるほど、まとまった距離でした。
 シューも減るわけです。
 また交換です。
Imgp0232
(ハンドルの方から見たブレーキシュー)

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日出会ったねこ 1

 今日の間違いやすい探し

 「炭化する」と「単価ズルする」は、間違いやすい。

|

« サドルバッグを変える | トップページ | 雨の後の自転車メンテナンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サドルバッグを変える | トップページ | 雨の後の自転車メンテナンス »