« 長谷大仏へ | トップページ | センタースタンドにしたものの »

2013年8月 5日 (月)

大妖怪展 鬼、妖怪そしてゲゲゲ

 三井記念美術館に「大妖怪展」を見に行きました。
http://www.mitsui-museum.jp/
 江戸時代ごろに描かれた妖怪の絵が面白い。
 昔は、今とは比べ物にならないほど夜の闇が深かったともいます。
 どんな感じだったのだろうかと絵を見ているだけでいろいろと想像いてしまいました。
 
 妖怪も幽霊も本物にはあったことも見たこともありません。
 幽霊の絵と違って、妖怪はどことなくユーモラスです。
 水木しげるの原画も展示されていました。
 前回、手塚治虫と石ノ森章太郎展にも行きました。
 あれも見ごたえがありましたが、私は水木氏の絵の方が好きです。
 写真のような緻密な背景に、飄々としたキャラクターを描いて破たんさせない。
 そんな絵が描けるのは水木氏だけだと思います。
 そんな氏の原画をじっくりと見てきました。
Imgp8385
 本日の自転車走行距離 35キロ

 今日出会ったねこ 5

 今日の間違いやすい探し

 「大妖怪展」と「大用回転」は、間違って見学しやすい。
 

|

« 長谷大仏へ | トップページ | センタースタンドにしたものの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長谷大仏へ | トップページ | センタースタンドにしたものの »