« ドイター・クロスバイク・18L | トップページ | ブロンプトン軽量化計画 »

2013年3月 8日 (金)

ライトホルダー

  ブレーキスタビライザーというのをMTBを使っていた頃、付けていました。
MTBが流行っていた頃の、カンチブレーキ台座につける馬蹄形の部品です。
ブレーキの性能が上がるにつれて、フレームの剛性を高めるのが目的。
付けたからどう変わったのか、良く分かりませんでした。
でも、かっこいいから付けていました。
 その後、すっかり見なりました。
MTBの姿を見なくなったということもあります。
技術の進歩で、フレームの剛性も上がったのでしょう。
 「そんなのを付けていたなぁ」と、ふと思い出しました。
今はロードレーサーなので、その部品は使えないなぁと考えていました。
ふと、スタビライザーそっくりのライトホルダーもあったことを思い出しました。
思い出しても、使えない。
カンチブレーキでは無いので、台座が無いので付けられないのです。
・・・と思ったら。
カンチブレーキ台座を持ったロードタイプが二台も持っていました。
 そのうちのシクロクロス車に付けてみることにしました。
シクロクロス車は、古いタイプのようなフロントフォークがついていました。
ブレーキシューがブレーキ本体よりも前に来るブレーキで無いと付きません。
それで、カンチブレーキ設置をやめて、ロードレーサー用のブレーキにしました。
使わない、カンチブレーキ台座がむき出しになったままになっています。
そこに古のライトホルダーを付けましょう。
 思いついて帰宅。
ライトホルダーを探しました。
記憶通りに保管されていました。
使うのは何年ぶりでしょう。
 早速シクロクロス車に取り付けました。
ライトも設置。
 しかし、日が伸びて来たせいで、その日はあまり暗くならない内に帰宅。
まだ、その真価は試せてはいません。
 これを使っていた頃とは高性能LEDが出て、ライトも変わりました。
真っ暗な荒川を走るという夜道の走り方も変わりました。
どんな風に夜道を照らしてくるのか楽しみです。
Imgp7787
 本日の自転車走行距離 18キロ

 今日出会ったねこ 2

 今日の間違いやすい探し

 「ライトホルダー」と「ライトホタル」は、間違いやすい。
 

|

« ドイター・クロスバイク・18L | トップページ | ブロンプトン軽量化計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイター・クロスバイク・18L | トップページ | ブロンプトン軽量化計画 »