« ドロップとフラットバーハンドル | トップページ | 使わないとかさばるもの »

2012年8月17日 (金)

「遊星からの物体X」と「遊星からの物体×(バツ)」は、間違いやすい。

 「遊星からの物体X ファーストコンタクト」を観てきました。
ジョンカーペンター監督版の前日譚。
期待して観に行ったのですが・・・。
旧作の方がはるかに面白かったです。
誰が「物体X」にどんな形で襲われるか?
誰が人間で誰が「物体X」なのか?
物体X先生、あまりもったいぶることなく、あっさり正体を現します。
変身場面は最新のCGで表現されています。
でも、新鮮味が無い・・・。
旧作にあった「誰がどんなきっかけで考えついた?」
という、オリジナリティーが感じられませんでした。
旧作のは、どれもきんもち悪いけど、「こんなの見たことない」というものばかりでした。
今度のは、「どこかで見たようなもの」ばかりでした。
もっとも「どこかで見たようなもの」は、旧作の影響を受けたものでしょうけど。
 物語の最後で、旧作とつながるようになっていました。
「あ・・・、こういう風になってるのね」
単品の映画としてみると、もの足りませんでした。
でも、旧作につながる物語としてみるとけっこうおもしろかったです。Imgp6878
 本日の自転車走行距離 13キロ

 今日出会ったねこ 1

 今日の間違いやすい探し

 「遊星からの物体X」と「遊星からの物体×(バツ)」は、間違って観に行きやすい。

|

« ドロップとフラットバーハンドル | トップページ | 使わないとかさばるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドロップとフラットバーハンドル | トップページ | 使わないとかさばるもの »