« 「写経」の効果 | トップページ | 佐倉絵麻 »

2012年1月21日 (土)

「ロードバイク秘伝の書」

   エンゾ早川氏の「ロードバイク秘伝の書」という本を読みました。

 

 平積みされていた時に見えた帯に、「下駄を履くと速くなる!」とありました。

 それが気になったのがきっかけでした。

 家に帰ってぱらぱらページをめくりました。

 説明用に出ている写真のモデルが、全てエンゾ氏ご本人。

 なんとなく色気にかけるので、「失敗したかな・・・」と思いました。

 読み進めて行くうちにその面白さが分かって来ました。

 直立して、二足歩行を始めた人間は、実はいびつな進化を遂げているのではないか。

 そんな仮説から始まって、自身の独自の理論から「和」の思想と結びつきます。

 それが、更にロードバイク(自転車)とのかかわり方へと発展して行きました。

  なんで、下駄を履くとロードバイクが速くなるのか?

 下駄を履いて、ペダリングの効率がよくなる筋肉が自然に鍛えられるのだそうです。

 その歩き方は、日本人が元々していた歩き方。

 それが、靴を履くことで、しなくなってきた。

 下駄履きの文化そのものが廃れてしまった。

  また、下駄を正しく履くと、つま先で着地するようになります。

 人間だけが踵からの着地をした歩き方をするそうです。

 和の文化は、生物本来の歩き方に近いんじゃないか。

 本には、説得力がありました。

 横浜に住んでいた頃、夏場に下駄を履いていました。

 下駄を履いてどこへでも出かけていました。

 電車にも乗りました。

 その時は、自転車趣味をしていませんでした。

 だから、「下駄と自転車のつながり」は、分かりません。

 その経験があったので、下駄の歩き方は、実感を伴ったものとして伝わりました。

  この本で、その他に気になったことは、ふたつありました。

 ひとつは、「忍法・膝抜きの術」。

 ロードバイクに乗っていると、心肺機能や筋肉が鍛えられます。

 でも、自転車の乗車は、体が固定されていて、揺れません。

 衝撃に対する関節、筋肉、腱、靭帯の耐性は落ちてくるのだそうです。

 これはショックです。

 耐性を高めるためのトレーニングのひとつ。

 階段を登る時に、足の後ろ半分を階段の外に出して、母趾球で踏ん張って足を上げる。

 この時、膝を「すかっ」と抜く感じでするそうです。

 これは、私が普段階段を登る時にしていたことでした。

 鍛えるとかの目的でなく、負担なく、早く階段が登れるのでやっていました。

 ハムストリングが鍛えられるそうです。

 

 あれま!知りませんでした。

 

  もうひとつは、食事に関すること。

 炭水化物の摂りすぎは、やはり良くないということ。

 以前に読んだ本「成功する人は缶コーヒーを飲まない」。

 それと同じことが書かれていました。

  自転車本というよりは、健康、文化、生きざま、哲学の本という感じで面白い本でした。

Imgp6285

 本日の自転車走行距離 17キロ

 今日出会ったねこ 3

 今日の間違いやすい探し

 「新聞紙」と「新分子」は、間違いやすい。

【送料無料】エンゾ・早川流ロードバイク秘伝の書 価格:1,260円(税込、送料別)

http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f11434566%2f%3fscid%3daf_ich_link_tbl&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f15636213%2f

【送料無料】成功する人は缶コーヒーを飲まない 価格:880円(税込、送料別)

http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f11163078%2f%3fscid%3daf_ich_link_tbl&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f14517654%2f

 

 

 

 

 

|

« 「写経」の効果 | トップページ | 佐倉絵麻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「写経」の効果 | トップページ | 佐倉絵麻 »