« 革製筆入れ | トップページ | 何がしたかったのか? »

2011年10月22日 (土)

ココアちゃん

  古い友人の職場に、私が以前勤めていた所に通う子どもが来たそうです。

 世間は狭い。

 その話を聞いて、その子のことを思い出しました。

 二人で公園に行って、「プリキュアごっこ」をしようと言われたことがあります。

http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2007/11/post_6458.html

 プリキュアは世界観が全く分からないので困りました。

 ココアちゃんという役を振られました。

 台詞の末尾に「~だココア」と付ければいいそうでした。

 そうすると何だかサマになります。

 どうにか「プリキュアごっこ」をすることが出来ました。

 その時のことが一番印象に残っています。

 これがきっかけになったのでしょう。

 新聞のテレビ欄で「プリキュア」の再放が送目に入りました。

 東京MXテレビです。

 録画して観ました。

http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure_SS/index.html

 ココアちゃんは出てこなかったので、別なシリーズのようです。

 結構面白い。

 物語の舞台は架空の町のようです。

 でもモデルは江の島・鎌倉辺りのよう。

 江ノ電みたいな電車が走っています。

 海岸線の地形もなんとなくそれっぽい。

 坂から見下ろす景色もたくさん出てきます。

 私は神奈川県は横浜に住んでいました。

 坂の多い町でした。

 今は、坂が全くない所に住んでいます。

 坂から見下ろす景色がとても懐かしい感じを受けました。

  エンディングの背景に、主人公たちが夕焼けの中、階段を飛ぶように駆け降りる場面があります。

 一瞬で終わってしまう場面なのですが、スピード感があってとても気に入りました。

 その場面を見ると心が動くのです。

 わくわくする。

 絵を見て心が動くというのはあまり経験が無かったので新鮮でした。

 そのことから、以前の職場で出会った別な子どものことを思い出しました。

 私はその人のことを「お嬢」と呼んでいます。

 毎月私は月間予定表の挿絵を描いていました。

 お嬢はありがたいことに私の絵をとても気に入ってくれています。

 ある時、ファイルいていた挿絵の原画をお嬢に見せました。

 気に入った絵があるとお嬢は体を動かして表現していました。

 「絵を見て心が動く」というのはそういうことか。

 「プリキュア」のエンディングの一場面を見て心が動いた。

 その体験からお嬢のことを思い出しました。

  古い友人からの頼りをきっかけに、面白い体験が出来ました。

Imgp6233

 本日の自転車走行距離

 今日出会ったねこ 1

 今日の間違いやすい探し

 「箪笥の川」と「三途の川」は、間違いやすい。

【送料無料】ふたりはプリキュア スプラッシュスター オープニング&エンディングテーマ 価格:1,260円(税込、送料別)

http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f11090459%2f%3fscid%3daf_ich_link_tbl&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f14415560%2f

|

« 革製筆入れ | トップページ | 何がしたかったのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 革製筆入れ | トップページ | 何がしたかったのか? »